スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年会。

15-1-10b.jpg
遊牧メンバーで新年会

1月10日。この日は遊牧カフェの新年会をYさんちで行いました。1人1品持ち寄りということで、、

ひじきのサラダ
特製キムチ
猪肉の甘辛焼きをレタスに包んで
金平牛蒡
ラザニア
北海道スープカレー
タンドリーチキン
〆に特製フォー

といった美味しいお料理と、そしてたくさんの(種類の)お酒&ドリンクも♪お料理はこのほかにも、ちょっとおっかなびっくりなドリアンのお菓子や、ジャガイモ、ゼリーの家のゼリーなども続々登場し、早くから集まって8時間も話して食べて飲んで…の繰り返し。



15-1-10.jpg

会場になったYさんちはとにかく素敵なモノがたくさんあってセンス抜群!宴前にみんなで立ち寄った広ーい雑貨や食器のお店の記憶が薄れるほど。(あんなにお店でははしゃいでいたのにね~。)マッシュルームも、マッシュルーム専用ブラシで優しく汚れを取り去ります。これがYさんちの日常!



15-1-10c.jpg

ちなみに私が持参したのはラザニア。チーズは四つ葉のシュレッドチーズとモッツァレラをてんこもりにして。



15-1-10e.jpg

持参したお料理を器に盛り直したらすぐにテーブルへ。そして、乾杯→食事と競うようにして食べて飲みの繰り返し。乾杯の後はお酒に集中してしまうので、みんなの料理を1品ずつ撮るのを忘れてしまった!悔やまれます…。



15-1-10d.jpg

ドリンクはこんな形でカッコイイバケツにてスタンバイ!

        ↓
        ↓
        ↓

そして、あっという間にすっかり夜は更けていく。


15-1-10i.jpg

大き目な野菜には丁寧に火入れがされてあって、タンドリーチキンはカレーにもライスにもパンにもサラダにしても…なんにしても美味しいだろうなって思う万能選手な仕上がり。



15-1-10j.jpg
ゼリーの家のゼリー

なかなか入手が難しいと言われている「ゼリーの家」のゼリー!貴重なゼリーをわざわざ足をのばして買ってきてくれて、本当にありがたいです!綺麗なだけじゃなく、どれもこれもアタリな美味しいゼリーなんですよ。それぞれ中身や味が違うから、ついつい迷っちゃうね。



15-1-10k.jpg

そして〆はやっぱりナナエ先生のフォーで!
お料理上手なメンバーの手料理で新年会を持てて本当に嬉しい。皆さんご馳走様でした。誰かが言っていたように、レシピ付1品持ち寄りにしてほしいくらいだね。
今年1年も、みんなで遊牧カフェ盛り上げていきましょう~^^

スポンサーサイト

勤労感謝の日。

14-11-23.jpg

Mさんちで「勤労感謝の宴」。夕方にお邪魔したら、もうすでにテーブルセッティングが素晴らしいことになっていたんだけれど、キラキラ光るあれやこれ…うっかり撮影し忘れてしまったのが悔やまれます。。




14011-23a.jpg
パエリヤ

家事は万能で、特にお料理お菓子作りは飽くなき探求心で何でも上手に極めてしまうMさんだから、ご馳走になることは数知れずだけれど、ご馳走することはもう畏れ多くって恐縮してしまうのだけれど、Mさんが「パエリアは作ったことない」っていうので、「パエリアを我が家で作って」というので、日頃の感謝をこめて作ってみました。具材は鶏肉・あさり・イカ・海老・マッシュルーム・赤ピーマン・いんげん。自分のキッチンではないので勝手が違うこともあり、サフランを2度も(一瞬で)黒焦げにしてしまうという失態もありましたが…3度目で成功し、事無きを得ました。ほっ。



14-11-23b.jpg
オリーブのマリネとパプリカのマリネ。

Mさんはマリネを2種類、それとサラダ、そして宴の最後の方では酒粕漬けのお肉を焼いてくれたり。マリネも、味がびしっときまってるんです。そしてサラダのドレッシングが最高に美味しかった!サラダには林檎とローストした胡桃とが合わせてあって、それにあのドレッシング…またぜひ食べさせてください。


14-11-23d.jpg

みんなで乾杯して、「いつもお仕事ありがとう」ってお子たちに言ってもらって、パエリアも大きなスプーンですくって「美味しい」って言ってもらえて、とってもとってもいい夜。勤労感謝される日。人生で初めてでした。
Mさん、いつもありがとう。そして。おめでとうね~。

花火大会の宴。

14-8-23.jpg

花火大会があるということで、我が家に集まることになりました。

我が家の和室の座卓の上には色とりどりのたくさんのご馳走が並び…、とにかくとっても豪勢。私は場所を提供しただけ。ほとんどすべてのお料理は、Yさん作♪何から何まで…本当にありがとう。何から何までどうだったかは、順にご紹介。




14-8-23a.jpg

さてそのまえに、栓を抜いて高らかに乾杯!バル・ナディハウスではアルコールを我慢したけれど、今日はいいよね?ってことで、私も美味しいお酒のお相伴にあずかりました。




14-8-23b.jpg
茹でトウモロコシ

村田町の甘くておいしいトウモロコシ。縦半分に切ってあって、物凄く食べやすい!器は我が家だけれど、トウモロコシはYさん~。




14-8-23c.jpg
長い茄子とコリンキーや南瓜で彩サラダ

たかが焼き茄子。されど焼き茄子。特に今日はYさんの焼き茄子。こんな洒落た焼き長茄子見たことない!我が家で数年に1度しか使っていない(使いこなせていない)大皿に、Yさんのお料理がよく映えます。




14-8-23d.jpg
枝豆

宴にはつきものの枝豆ですけれど、脇役の枝豆が準主役ぐらいの存在感。もちろんYさん作。そして器もYさんのもの。馬に乗せる荷籠のようなこの籠。あずきに乗っけてみようか?なんて話も出たり(笑)



14-8-23g.jpg
南瓜のムースにトマトジュースで二層仕立て

手軽なんだよーとYさんは言うけれど、素敵なカップとワイヤーラックもご準備頂いて、ちっとも手軽じゃありませんよ。手が込んでいて、芸が細かすぎて、いちいち私たちを喜ばせてくれます。




14-8-23e.jpg
オクラとトマトのマリネ

もちろんY作です。器はかろうじて我が家。しなやかに伸びる香菜のあしらいまでも、Yさんですの。




14-8-23f.jpg
何から何まで手作りのしば漬け

こちらはわれらが仙人・Sさんのお手製。「しば漬けってつくれるものなんだねーーー!」と、みんなでびっくり。「誰でも作れるよ」と、仙人は言います、「きゅうりに茄子に茗荷に(中略)…そして梅酢をね…」。聞くと簡単そうだけれど、「仙人!梅酢はどこのものですか~?」と突っ込んで聞くと、「梅干しをね作るとね(中略)…つまり副産物で梅酢ができて…」。しば漬けは誰にでも作れるかもしれないけれど、まず梅干しを自家製するという大きなハードル、私は一生越えられないな。こういう特産品で返ってくるなら、仙人Sさんにふるさと納税したいっ。ちなみに、乾杯前にお料理セッティングしながら飲んだ彼女の梅シロップも、最高に美味しかった!




14-8-23h.jpg
ヒレカツ

私のヒレカツ。塩胡椒して衣をつけるだけーの、ヒレカツ。せめていつもより美味しくしたいと背伸びして、有名そうなお店で出しているパン粉を使ったら、思ったほどではなく…なんだか衣がカリカリしすぎてジューシーさが損なわれる出来に。私の腕のせいではなく、パン粉のせいにしといてください。ちなみに、緑の香菜やミニバラのあしらいはYさんが。この素敵な+αに救われました^^



14-8-23i.jpg
ビビンバ

私のビビンバ。塩とごま油で作った数種類のナムルと、牛そぼろ。石鍋をコンロにかけて、ご飯と具材をのせて、卵黄乗せたらできあがり。あとはコチュジャンが何とかしてくれるという、万人受けするビビンバです。石鍋ってだけで、美味しく感じられるから助かります^^




14-8-23o.jpg
小さな小さなタジンにはドライフルーツ

説明しなくてもお分かりかと思いますが、カラフルなタジンにドライフルーツという演出(タジンの蓋は1つ上の写真に)、食器持ち込みで女子のハートをぐっとつかみっぱなしのYさん。たくさん飲んで、声がかれるほどおしゃべりして、ちょっと小休止。花火の音が聞こえてくるから、ちょっと眺めに出てみましょうよ~。

……と、花火を見に。そして10分くらいですぐに和室へ。花(火)より宴で興じたい大人たち。



14-8-23j.jpg
骨付き肉をグリル

そんな骨付き肉どこで売ってるの?見たことないーー!と、またしても目が釘付けなお料理。下味つけてきたお肉を、我が家のグリルパンで美味しく焼き上げてくれるYさん。そして使い込んだオリーブのまな板も持ち込み道具!




14-8-23k.jpg
タラゴン風味のポークグリル

かろうじて器は私。丁寧に骨から外されたお肉は食べやすいようにカット。そしてセージの葉をあしらって。



14-8-23m.jpg
舞台裏1

とにかく何でも不足なく持ち込んでくれたYさん。ケータリングなんかで慣れているとはいえ、手慣れすぎていて…かつ隙がない!あしらいの葉っぱも数種類。もちろん洗ってあって、添えるだけの状態。感心よりも感嘆!




14-8-23n.jpg
舞台裏2

葉っぱだけでなく、お花も。こちらはバジルの花なんだそう。今日はミニバラもあったし、もう感嘆通り越して絶句です。




14-8-23l.jpg
ペリカンのパンでトースト2種

パンの有名店ペリカンの食パン。それをゴルゴンゾーラとバター、それぞれにメープルシロップをかけて。食事部門はこうして最後まで魅せられっぱなしで楽しませていただきました。デザートは(撮り忘れてしまいましたが)、Sさんのお手製胡麻プリンとRさんの5種類のカットフルーツをワンプレートで。

毎年、開かれる花火大会。来年もどうぞお集まりくださいね。ゲホゲホ。

オオタナナエ復活祭。

14-2-26.jpg
オオタナナエ復活祭/わのしょく二階

3月から教室を再開するナナエ先生。おかえりなさーーーい!!
この日は羽生選手が仙台入りしたとかで市役所&県庁の熱気はものすごかったようですが、ここ「わのしょく二階」もナナエ先生の復活を祝って大いに盛り上がりました。



14-2-26a.jpg

幹事のいつもながらの粋な演出で、みんなで花を手にアーチでお出迎え。写真はその予行練習風景(笑)ナナエ先生が入口からこのアーチをくぐって奥へ進む…すると↑の似顔絵のついたトルソーがお出迎え~という段取り。



14-2-26b.jpg

そしてナナエ先生に新しいエプロンをプレゼント!
これまた幹事殿の光る演出なのですが、今日のドレスコードは「エプロン」というご指定だったので、参加者全員エプロン姿(笑)



14-2-26c.jpg
湯葉と蟹の温泉卵

ナナエ先生とはちょっと前の遊牧カフェのランチの時にすでにお会いしてはいたけれど、ますます元気になっていてもうほぼ全快!全開!といった感じじゃないかな。ご飯もモリモリ食べていたし、お酒もたしなんでいましたよ^^



14-2-26d.jpg
蓮根のはさみ揚げ アスパラガスのアボガドディップ

F値最小にしすぎて写真ボケボケですが、お料理はどれもこれも美味しい~。この日は私、翌日のことを考えてお酒は飲まずにコーラ飲んでいたのですが、やっぱり地下鉄で来てビール飲みたかったなーと幾度も後悔。。



14-2-26e.jpg
セリ鍋

仙台名物となっているセリ鍋、とってもとっても美味しかったです。これをこの後、「おじや」と「蕎麦」と2種類に仕立ててもらって…これまた美味しかった。

みんなでエプロンつけて、わいわいと陽気に食べて飲んでの復活祭!ナナエ先生のお口も絶好調で、軽快なおしゃべりのテンポをじかに聞くと、「あー本当に戻ってきてくれたんだなぁ~、ありがとう!」と感激してしまう私たちでした。
本当におかえりなさいーーーい!

***********************

ナナエ先生のお教室、すでに3、4月は満席のようで…「満席」の赤い文字がずらりと並ぶ光景を見れて、これまた涙が出そうになりました。ナナエ先生の提供するベトナム料理教室、興味のある方はぜひブログなどをご覧になってくださいね^^8月ごろまでは、台所教室スタート時の初期メニューが並ぶみたいですよ。 ⇒コチラ



新年会。

14-1-12.jpg

友人夫妻との新年会。
もう17年のお付き合いになるんだね~。そんなに長いっていう実感もないのだけれど、お互いちゃんと年を取ってはいるね。そして少しずつでも、人間的に成長できているかな?そんなことをとりとめもなく確かめる新年会です。




14-1-12a.jpg
鶏ささみとズッキーニのフリッター

揚げ物は欠かせないけれど、夜9時からの開宴だったし、メインがこってり料理だったので揚げ物はあっさりめに。ふわふわの厚めの衣で揚げたささみはしっとり、ズッキーニはほくほくなのが美味しい。




14-1-12b.jpg
オニオングラタンスープ

メインはオニオングラタンスープ。去年、Mさんところでいただいて感激したオニオングラタンスープ。自宅であんなに美味しいものができるなんて!ということで早速まねっこさせていただきました。飴色の炒め玉葱の力って本当にすごい!このスープのためなら、1時間ひたすら炒め続けることもなんのその。




14-1-12d.jpg

食べてしゃべって、なぜか梅沢富美男の夢芝居のワンフレーズを口ずさんでは笑い、また口ずさみして、新年会を楽しく過ごすことができました。




14-1-12h.jpg

そうそう、このお二方も元気です。幼馴染の2ワンも11年目の付き合いに突入。相変わらずお互いが空気のような関係の2ワンなので、気が向けば追いかけっこして、気が向かなければ個別に室内探索。



14-1-12f.jpg

のんちがもう帰宅するよっていう準備をし始めた頃に、あずきのエンジンがかかったらしく執拗な執着を見せていました。2ワンとも今年11歳になります。健康第一、元気が一番。長生きするんだよ~って言葉をかけて、新年会はお開きとなりました。

40は不惑の年とはいうけれど、まだまだな部分も、若葉マークの部分もたくさんある。でも、未熟さを気にし過ぎて何もできないでいるのっていうのはもったいない!稽古不足を 幕はまたない~♪ですから、頑張っていきましょうね^^
今日もありがとう。

語る宴。

13-9-7a.jpg
宴)手羽先の揚げ・あさりの酒蒸し・椎茸ピザ
   いんげんとマッシュルームのサラダ・石焼ビビンバ

久しぶりの家飲み。
卒業後もずっと声をかけてくれる教え子たちがやってきました。

もう私も25才ですよー。年取りましたよー。

としみじみ言うのを聞きながら、じゃぁ、私なんかどうするのーとも切り返すこともできず、大人になって一生懸命いろんなものを我慢しながら働いている彼女たちが頼もしく思え、1人にんまり笑っておりました。




13-9-7b.jpg

1週間前に「先生の家で飲んでもいいですか?」って電話があって、「先生が食べ物準備してくれるなら、うちらが飲み物持っていきますからー」ということ。飲み物、いったいどれくらい飲むの??ってくらい持ってきてくれました。私しかビール飲まないのに、ビールは12本。ワイン飲めるの私しかいないのに赤ワイン。そしてアイスクリームやハロウィンのお菓子や、ウェッジウッドの瓶入りダージリンティーとか。こんなにお心遣いいただいちゃって、手ぶらでいいんだよーというけれど、いつも何かしら手土産も忘れない。本当に、いい子たちです^^




13-9-7.jpg

ちょっと量作りすぎたかな?と思った手羽先もぺろりと平らげてくれて。〆の石焼ビビンバまでずっと食べてしゃべって。教え子の仕事の愚痴を聞くのも、なんだか楽しい。制服を着ていた10年前と、誠実さや愉快さの面ではちっとも変っていないのに、将来のことや仕事のことを真剣に考え悩んで。こういう姿を見せてくれるのって、教師冥利につきるかな。




13-9-7d.jpg

あずきもいっぱい遊んでもらってご満悦。
アイスも食べて、尽きない愚痴も切り上げて、明日も仕事だからって飲まなかった子が運転する車で帰って行きました。
ぜひまた、どうぞ。今日はありがとう。

あずき10歳のお誕生会

13-6-8.jpg
あずきの10歳のお誕生会

6月8日(土)。あずきが10歳になりました。
6か月の時に家に迎えたので、あずきとの生活は9年半。義務教育期間よりも長いって考えるとなんだかとっても長く感じます。お誕生会はあずきの幼友達「のんち」一家を呼んで賑やかに^^



13-6-8a.jpg

手前のサラダは友達の手作り。お豆とトマトと柑橘果実のサラダ。これが実に爽やかで美味しいかったーー!




13-6-8b.jpg

あずきと暮らし始めたころは、ご飯をあんまり食べてくれなくて、お気に入りのおやつをおろし金でおろして餌にまぜたり、新築マンションの部屋の壁をかじられて壁紙がはがされたり、犬を飼うのは初めてだったから試行錯誤の連続で大変だった時期もあったけれど、それでもチワワという犬種の特性からか、自主自立でわが道行くタイプだったので私にはとっても飼いやすい犬でした。今は「犬を飼ってる」っていう気はほとんどなくて、一緒に生活しているかけがえのない相棒^^この1年間は2回も大きな手術をしたけれど、この先は食べるのが大好きで、どこまでも散歩し続けたくて、あんまり飼い主に媚びない…自由な気質を存分に発揮できるよう、いつまでも元気でいてほしいと思ってます。



13-6-8g.jpg

バウアイズで買ったわんこ用のケーキを半分にカットして、のんちと仲良く限界ぎりぎりまで“マテ”。




13-6-8d.jpg

かなりフライング気味でお皿に向かって行ったんだけれど…。あずきよりもゆっくり食べるのんちなのに、お皿の上は不自然なまでにカラ。いつものんちには申し訳ないけれど、食い意地のはっているあずきはいつもまずのんちのお皿に向かって行って、のんちのを奪うように食べてから自分のお皿へ。。そして「あれ?私のは?まだ十分食べてないのにどうしてもうないの?」と、のんちさん。今日はそれでも珍しくのんちがこのあとあずきのお皿のケーキを少し取り返そうと首を突っ込んだんだけれど、あずきは自分のを死守。のんちごめんねーー^^ゞ

こうしてあずきは無事に10歳になりました。
今後ともどうぞ可愛がってやってくださいまし~。あずき、おめでとうね~!!

新年会。

13-1-22.jpg
新年会

ちょっと前に、友達と持ち寄りの新年会をしました。





13-1-22a.jpg
卵たっぷりのスフレ・バーニャカウダ

Yさんが作ってきてくれたのは、卵たっぷりのスフレ。サーモンの塩分がお酒のおつまみにはちょうどいい美味しさ。Sさんは、見慣れない西洋野菜もいろいろ持ってきてくれて、生と温野菜半分ずつ。久しぶりにバーニャカウダを食べたけれど、お野菜いっぱい食べれますね。





13-1-22b.jpg

そうそう、食事室で習ったピーカンナッツも作ってきてくれました^^





13-1-22c.jpg

私は、なんだか味の決まらないドレッシングをかけたホタテのカルパッチョと、





13-1-22d.jpg

明らかに食べきれない量のラザニア(笑)
ホワイトソースはコンロを使わずに電子レンジだけれ作るやり方を去年お友達に教えていただいたので、楽ちんでした。玉葱やマッシュルームもホワイトソースのレンジ調理の延長で。
いろいろ持ち寄って、3人で食べきれないほど!お酒ももっとガンガン飲むかな?と思ったんだけれど、適量で終わりました。今年は不惑の年だから、私も落ち着いてきたのかな?お酒の量は適量でも、おしゃべりはとまらず。楽しい夜でした。


P.S いつも使っているカメラに不具合が起こりまして、修理に出しています。戻ってくるまで2週間?3週間?しばらく新しい写真が撮れないので、その間は今までに撮っていたものを少しupしようと思っています。
 撮影しないとなると、とたんに食事に手抜きが^^ゞ
counter*
calendar*
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category*
archive*
comment*
search*
rink*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。