春のおもてなし

16-1-12.jpg
春のおもてなし

先日、Mさんのところに遅めの昼食とお茶をしに行きました。その日は休日だったけれど午前は仕事が入っていたから、お腹はぺこぺこ。いつものように出かけて行ったら、いつも以上になんだかすごいことになってました。



16-1-12c.jpg

お正月でも、お雛祭りでも、クリスマスでもないのに、このとおり。「お重を使ってちょっとやってみたかった」って。「ちょっと」の域ではないですよーー!
暮らしぶりがとても丁寧で、味付けが繊細で、あしらいが美しくて。いつもお宅にお邪魔するとうっとりして、自宅に帰るとがっかりする。彼女が見せてくれる世界はとてもわくわくするので、鍋とか皿とか醤油だとかの話でもいつまでも盛り上がれる。とてもとても貴重な存在。




16-1-11e.jpg

こちらは、桜えびご飯を型で抜いて、京鴨のローストはタレの味まで絶品。



16-1-11d.jpg

卵焼きに、海老のお寿司に、蒲鉾、菜の花、黒豆&クリームチーズ。
大根の玉味噌がけ。



16-1-11g.jpg

お口直しの一口デザート。

この日は、MさんとYちゃんとの3人で。昼間だからフランスのスペシャルジュースで乾杯して。なんだかほわほわほわ~んな時間を過ごすことができました。私はきちんと盛り付けられた以外にも、ご飯をてんこ盛りにしておかわりしたし、お大根をおかわり&お土産までに持たせてもらって、ありがたい限り。今年もどうぞどうぞよろしく。私もいろいろ見習いたいー。



パウンドケーキ。

15-12-27a.jpg
パウンドケーキ

この前のお休みの日に、Mさんのところでパウンドケーキを一緒に作りました。(ご馳走になりました、ではなくって、一緒に作りました。というところがポイント・笑)すべて計量済みの材料で、丁寧なご指導のもと、最後の型入れの仕上げはやってもらって、焼き立てよりは数日寝かせたほうが味が馴染んで美味しいのよって言われたから、数日寝かせました。ナイフを入れて切った時の香り!Mさんの漬けたレーズンやドライフルーツからのいい香りで、すごく贅沢な気持ちに。



15-12-27b.jpg

切り分けてお昼代わりにまず2切れ。しっとりと生地が落ち着いていて、寝かせるってやっぱり大事。独り占めして食べたいけれど、美味しい気持ちは分け合いたいから、夕方遊びに来る友達とも一緒に食べよう。
ご馳走様でした。

いつものサラダ。

15-12-23.jpg
Mさんのいつものサラダ

お休みの日のお昼。お呼ばれしてMさんちへ。
いつものサラダ、いつものたっぷりなサラダ。ここから始まる食事の時間がとても好き。

夜のお茶飲み。

15-9-6.jpg

夜の8時半。Mさんが、新作のチョコレートケーキと新調した器を持ってお茶飲みに来てくれました。チョコレートケーキはいろんな素材が入っていて、しっとりとコクのある味。年代物のラムレーズンもふわりと香って、いままでにちょっとない感じで美味しい。スライス林檎をキャラメルコーティングしたものをアイスにさしてくれたり。我が家の砂糖と、我が家のフライパンでそんことができるのね~と、眺めているのも楽しい時間。




15-9-6a.jpg

今日はお昼にお2人、夜にはMさんとお客さん続き。4月から仕事三昧の毎日だったので、久しぶりの訪問客をどうもてなしてよいか思考も停止してしまい、お湯を沸かしてお茶を出すので精一杯でした。おしゃべりっていいな、そんな1日でした。

Mさんちでボルシチ。

14-7-28j.jpg
Mさんのボルシチ

「忙しい」っていう字は心をなくすと書くけれども、忙しいからこそ感じる人のありがたみ。ひしひしと感じているのであります。今日も存分にそれを感じて帰ってきました。
「ロシア料理にちょっと気持ちが向いているの」と聞いてはいたけれど、ボルシチの相棒サワークリームまでも手作りしてご馳走してくれたMさん。いつもながら思うんだけれど、料理が本当に上手な人って(ただレシピ通りだとしても)ビシッと味が絶妙なまでに決まる!何を食べても美味しいのです。かれこれ15年くらい前にロシア旅行に行って以来のボルシチでしたけれども、オカワリせずにはいられぬほど美味しかったです。



14-7-28a.jpg

食べさせてもらってばかりではいられないからと、人様の台所で揚げ物をしました。Mさんところの2人の息子君たちが助手をつとめてくれて^^



14-7-28.jpg

いちいち素敵なMさんちで、美味しいボルシチやロシアのさっぱり副菜を頂いて素敵なひと時。また明日から馬車馬のように働こう!そういう気持ちになりました。

我が家の台所は閑古鳥。次は8月中旬の更新になりそうですけれど、またご覧いただけたら幸いです。

お茶の時間。

14-4-12a.jpg
M's/バターケーキに苺と生クリームを添えて

入学式からの4日間は目まぐるしすぎて、あっという間に過ぎてしまいました。3年生を送り出して、1年生をお迎え。少し前まで中学生だった彼らのあどけなさに癒されながら、なんとか金曜日までひた走った感じです。そして土曜日。夜にMさんちで過ごすお茶の時間。小3になった息子くんが焼いたバターケーキをMさんが仕上げ、たっぷりのミルクティーで頂きました。これでまた、来週1週間頑張れそうです。いつもいつも、ご馳走様~♪

粉の世界。

14-3-21.jpg

ナディハウスに江別製粉さんをお招きして「粉の世界」のお話をうかがう…という企画があり、参加してきました。小麦の種類や育成法、製粉の仕方、特徴を生かしたパン作りのことなど、普段は聞くことがないお話をいろいろと説明してくださって興味深い会でした。麦の穂も、よくよく見ると品種によって表情がずいぶん違います。




14-3-21a.jpg

質疑応答などを挟んでの小休憩。お茶の時間にはMさんのロールケーキが振る舞われました^^




14-3-21b.jpg

朝から5本のロールケーキを作っては巻き、作っては巻きして準備したMさん。ご本人はとっても恐縮していたけれど、いつも通りとっても美味しかったです。

小麦を今まで以上に身近に感じることのできた1日でした。

ロールケーキ。

14-2-1m.jpg
Mさんの美しいロールケーキ

夜のお茶飲みはMさんのところで。次男坊とひとしきりおもちゃのテニスをした後は(といっても、次男坊はすっかりテニスプレーヤー気分で本気なのが可愛い^^)、珈琲をたっぷり淹れてもらってお茶の時間。いつ食べても美味しい。いつ見ても美しい。生地の上品なしっとり加減が抜群で、遠慮なく3切れもいただいてしまいました。そしてお土産も~。賑やかな子供たちと遊びながらだと、センテンス区切りまくりの会話なんだけれど、それもまた楽しい。
いつも寛がせてもらって、本当にありがとう~。

Sablé lesson*

14-1-19o.jpg
Mさんに教わるサブレ

随分前に、もう1年くらい前に本を見ながら焼いたサブレ。1人で作った達成感はあったけれど、なんだか粉っぽくてその後また焼いてみようという気が起きずそのままでした。日頃お菓子はほとんど焼かないので、お菓子作りのちょっとした手際のイロハもわからないままやっているので、混ぜるは「ただ混ぜる」、泡立てるは「ただ泡立てる」だけだから今一つなのです。サブレ、ちょっとちゃんと焼けるようになっておきたいと思い、Mさんに教えてほしいとお願いしました。



14-1-19p.jpg

いつもながら至れり尽くせりのMさんのレッスン。黄身のgまできっちり計ってくれて、私は手を動かすだけ。向かい側でMさんも同じ工程をしてくれるのでとてもわかりやすい。「混ぜる」にもいろいろあって、あぁそうなるほどね!といちいち納得。私の手がちょっと違うと、すぐに何がどうだと解説してくれるのでありがたい。以前、お友達のアンジェリコさんに教わった時もそうだけれど、お菓子をとことん作っている人は、幾度となくお菓子と向き合って研鑽を積んでいるので、今の作業が出来上がりのどういう感じにつながるかイメージできてるんだなぁと感心させられます。



14-1-19q.jpg

導かれるままに、無事焼き上がり!



14-1-19r.jpg

Mさんとこの未就学児童くんが作ったサブレも一緒に焼いて、お茶の時間です。



14-1-19s.jpg

1人で作った時のあの粉っぽさはなくって、さくほろっの美味しいサブレの焼き上がり!材料が同じでも、やっぱり手際で随分と違うものになるんですね。持ち帰り生地もあるので、家で復習しなくっちゃ。
楽しいレッスン、美味しい珈琲。今日も大変お世話になりました。

休日のお楽しみ。

13-12-23a.jpg
M's/オニオングラタンスープ・グリーンサラダ・バケット・チーズ・生ハム巻き

今日はしっかりめな休日。
1人だとなんだか途中で道に迷うんじゃないかって思う羊毛フエルトの手仕事を、Mさんと一緒に楽しみました。それぞれ別のものを作って、それぞれ今日の目標をひとまず達成できてよかったー。そして手仕事のあとは、Mさんの手作りランチを頂きます。今日は、なんとオニオングラタンスープ!数時間じっくり炒めた玉葱で作る本格派。かりっとトーストしたバケットもたっぷり入れて、グリュイエールチーズも惜しみなくたっぷり。オーブンで焼き目を付けたら、もうそれはそれは美味しくて、家でこれができちゃうの??と驚きつつ堪能してまいりました。そしてこれにはライオンヘッドのスープボウルがやっぱりお似合いです^^




13-12-23.jpg

グリーンサラダも、ひと手間もふた手間もかかってます。お手製のドレッシングも、キッチンライブ状態で見せてもらっていたんだけれど、手際よくさっさか作っていてナルホドがいくつも。




13-12-23b.jpg

そして食後は、当然のように出てくるデザートプレート。日が短い季節ですから、自然光で撮るも少々暗めが残念!実際はこれの百倍くらい美しい存在感漂わせているんですよ。





13-12-23c.jpg

粉を使わない濃厚なチョコレートケーキ。珈琲を飲むために作られたかのような深い味わい。




13-12-23d.jpg

スパイス風味のパンナコッタ。上にお手製のジンジャーシロップがかかっていたんだけれど、お酒かと思うくらい風味がよくって。

今年もMさんには、素敵な思いや美味しい思いをたくさんさせていただきました。そして無事に羽仁とも子さんの家計簿をつけ続けられたのも心強い同志がいればこそ(笑)来年も、美味しく楽しく、素敵な家事生活にお導きくださいね。今日も、ご馳走様でした。

counter*
calendar*
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*