スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の食卓。

13-2-9d.jpg
本日の食卓

今日は仕事帰りに友達がご飯を食べに来てくれることになったので、簡単に食事の準備。メニューは「豚しゃぶ鍋」。友達が来る前に、ちゃかちゃかと器を並べて組み合わせを考えるのひと時はとっても楽しい時間です。お鍋の際、取り分け小鉢とごはん茶碗が似たような感じになるのは避けたいので、こういう場面ではいつもの汁ものの漆器をご飯の器として使ったりします。今日は特に黒のテーブルクロスに全体を合わせたかったので、器も黒っぽいものを。ガラスは何色とも合うので、重宝します^^



13-2-9e.jpg

20代の時と、30代の時と、それぞれ器の好みは違っていて、だいぶ授業料だと思って手放した器もあるけれど、色味の落ち着いているものやガラスの器はいまでもずいぶん使っています。このすりガラスの大皿は20年も前の大学時代に買ったサラダ皿。今はサラダ用ではなく、お鍋の野菜の盛皿として使うことが多いです。スマートなグラスは、ケーキ屋さんで買ったゼリーか何かの器。サイズが使いやすくって、ドレッシングやタレを入れて重宝しています。小さなピッチャーも、大学時代にかったものかな。いろんな思い出を抱え込んだ器。基本的な好みは変わってないのかも…そんなことを思う時間も、楽しい食事の時間の一部。

スポンサーサイト

柿と菊小鉢。

     12-10-20.jpg

今日は模擬試験の監督で一日出勤しておりました。
3年生ともなると、2日間で5教科7科目。数学なんか120分もの試験時間。体力も集中力も実力のうちといったところ。10分間の休憩に入ると、各自トイレに行ったり水分や栄養補給。氷砂糖を持ってきている男子とか(渋い!)、フルーツや小さなパンを頬張る女子とか。ある生徒はタッパーいっぱいに柿をもってきていました。好物で気持ちを上げていくんですって。ちょっとしたおやつにも、戦略がみてとれます。
その柿の印象が強く残ったからか、珍しく果物を買いました。いただきものの木屋の急須で入れたお茶はいつもよりもまろやかに感じて、柿もゆっくり美味しくい味わえました。


12-10-20a.jpg
川口江里/灰志野菊小鉢

器は川口江里さんの菊小鉢。茶渋の貫入に、銀彩の縁取りがなされていてお気に入り。


counter*
calendar*
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category*
archive*
comment*
search*
rink*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。