2013 夏 チェコ/7

c-7-1.jpg

いよいよチェコ最終日の朝を迎えてしまいました。プラハ市内はある程度見尽くしたのだけれど、最後の日は早起きし、早朝の人のいないカレル橋を散策しに出発。旧市街広場の旧市庁舎天文時計前を通るのもこれが最後。本当に何度も何度もここは通って、そしていつもタイミングよく正時に行われる「からくり時計ショー」を目にすることができました。今日もすこぶるいいお天気!




c-7-3.jpg
カレル橋からプラハ城を望む

朝日で徐々に照らされていくプラハ市内。初日に行ったプラハ城、もう6日も前だなんて嘘みたい。

続きを読む»

2013 夏 チェコ/6

c-6-1.jpg
ティーン教会の尖塔

今日もいいお天気!
いつものようにホテルを出て、市民会館前を通って、火薬塔を抜けて、チョコレート屋さんを左手に確認しながら、旧市街広場方面へ。ティーン教会の尖塔が青い空にくっきり!でも今日は、広場までは行かず、ティーン教会の裏路地を北上し、ユダヤ人地区へ。今日の午前中は、このユダヤ人地区にあるシナゴーグ(ユダヤ教の会堂)を見て回る予定。



c-6-2.jpg
旧新シナゴーグ

ユダヤ人地区は、それほど事前学習をせずに行ったのだけれど、いろんな意味で非常に印象深い場所となりました。撮影禁止の場所がおおかったことと、カメラを向けることが憚られるような神聖な祈りの場の雰囲気を感じたので写真はほとんどないのですが、旅日記なので書き留めておきます。

続きを読む»

2013 夏 チェコ/5

<カルロヴィ・ヴァリ編>

c-5-2.jpg
フローレンスからバスに乗って

今朝はホテルから徒歩10分位のところにある、プラハ最大のバスターミナル「フローレンス」へ。チェスキー・クルムロフに行くときにも利用したスチューデント・エージェンシーのバスで、今回はチェコの温泉保養地「カルロヴィ・ヴァリ」を目指します。




c-5-1.jpg

前回同様、すでに私たちは往復のバスチケットを手配済みでしたから、バスの発車時刻少し前の到着で十分!もし、チケットを現地で買うとなると、こういったバスの窓口で購入することになります。バカンスシーズンはどこもにぎわうので、やっぱり余裕をもって自宅でネットで手配しておく方が簡単だと思う^^



c-5-3.jpg

バスに揺られること2時間。プラハから西の方角に位置するカルロヴィ・ヴァリに到着!今日は朝からすこぶるお天気もよく、バス停から少し歩くと、オーストリア=ハンガリー時代の皇妃シシィのために建てられたという入浴施設「アルジュビェティニー・ラーズニェ」の脇にでて、



c-5-4.jpg

もう少し進むとカルロヴィ・ヴァリの街の建物が見えてきました。

続きを読む»

2013 夏 チェコ/4

c-4-1.jpg
旧市庁舎内

毎日数回はその前を通っている旧市庁舎(天文台時計)。その上部は展望台になっていて、プラハ市内を見渡すことができます(1人100Kc)。外側の古き良き時代のたたずまいとは裏腹に、内部にはエレベーターが。でも、展望台にたどり着くまで、せっかくなら自らの足で登りたいと思うのも旅先ならではの感覚。エレベーターのその外側を、私たちはらせん状に一歩一歩登っていきます。




c-4-2.jpg

今日のプラハは生憎の空模様。いつ雨が降り出してもおかしくないお天気…と思っていると、ぽつりぽつりと雨が降ってきます。




c-4-3.jpg

眼下には一つ、また一つと傘の花。

続きを読む»

2013 夏 チェコ/3

<チェスキー・クルムロフ編>

c-3-1のコピー
地下鉄B線でAndel駅へ向かう

今日はプラハからバスで3時間ほどかけて、世界遺産の街「チェスキー・クルムロフ」へ。朝の5:30に起床し、前日に買っておいたヨーグルトやクラッカーで簡単な朝食を済ませ、7:00発のバスに乗るためにホテルをでました。最寄駅から地下鉄B線でAndel駅へ向かいます。それにしても、プラハの地下鉄のエスカレーターの高速さといったら!大人でも躊躇してしまうくらいの早さでびっくり!




c-3-2.jpg
STUDENT AGENCY の黄色いバス♪

チェスキー・クルムロフへ向かうバスは、地下鉄Andel駅のところにある「Na knizeci ターミナル」から1時間に1本程出ています。クルムロフへは鉄道を使うルートもあるのだけれど乗り換えが必要だし、やっぱりバスが使い勝手がいいと思う。そして運賃も往復370Kc(2500円程度)ととってもリーズナブル!バスはスチューデント・エージェンシーというバス会社を利用し、事前に日本からネットでチケットを購入しておいたのでとてもスムーズに乗ることができました。全席指定なので、観光シーズンはチケットを確保しておいたほうがベスト!クルムロフ行きは1番のバス停です^^

チケットも郵送ではなく、予約確定のメールをプリントアウトするだけなのでお手軽です^^




c-3-3.jpg

運行時間もものすごく正確で、添乗員の方にチケットを見せて座席を確認してからバスに乗ります。




c-3-4.jpg

バスのシートは皮張り。簡易トイレもついているので、長距離のバス移動でも安心^^




c-3-5.jpg

これまでの2日間とはうってかわって空はどんより。天気予報も芳しくはなかったので、雨の心配もしながら乗ること3時間。いよいよチェスキー・クルムロフが近づいてきました。バスを降り、少し歩くと向こう側にはチェスキー・クルムロフ城が!

続きを読む»

2013 夏 チェコ/2

c-2-0.jpg

プラハで目覚める2日目の朝。昨日は5時半に起きたけれど、今日はゆっくりめ。7:20頃に朝食会場へ。昨日は早すぎてほとんど人がいない状態だったけれども、今日は賑わっています。ビュッフエ式の朝食の内容はほとんど変わらず。でも、パンケーキと卵ときゅうりで満足できるタイプなので、大丈夫。もちろん、何度もおかわりしますけれども^^


朝食が終わったら旧市街広場へ。
ティーン教会を見ようと思ったのだけれど、10時からだったのでまだ空いておらず残念!でも、時刻はちょうど9時。昨日も見た天文時計の「からくり」ショーの時間です。




c-2-1.jpg
旧市庁舎 天文時計

正時になると、こちらの骸骨が紐をひっぱり鐘が鳴ります。
幾つも重なった時計の文字盤、わかります?針が動くのではなくて、この文字盤が動く仕掛けになっています。




c-2-2.jpg

暦のほうの円盤。細かい文字は聖人の祝日などの日付。近くで見ると、精密で素晴らしい造りです!




c-2-3.jpg
ハヴェル市場

旧市街広場から歩いて5分ほどのところにある市場は、果物やお菓子やお土産がずらりと並んでいる市場。9時~ということで、まだ品出し途中のお店もありましたが、観光客もいてにぎわっていました。



c-2-4.jpg

ヨーロッパで見かける「平たい桃」もありました。いつも美味しそうだな~どんな味かな~?と思うのだけれど、いつも食べ損ねてしまう。今度渡欧した時には、必ず食べたいな。



c-2-6.jpg

この後はヴァーツラフ広場へでて、中央郵便局へ行きました。撮影NGなので写真はありませんが、天井のものすごく高い素敵な内装の郵便局。私はそこで記念切手を買い、友達は日本にいる友人に葉書を出しました。

とまぁ、滞在2日目だというのに、10時近くまでなんだか時間を潰すように近場を散策していた私たち。それには理由がありました。

続きを読む»

2013 夏 チェコ/1

c-1-1.jpg

今回の旅は5月には友達と話をし始めて、6月初旬に航空券とホテルを予約し、出発直前までお互いに一生懸命働いて、そして旅立ちの日を迎えました。
5日12:15の成田発の飛行機に乗り、ミュンヘンで乗り継いでプラハに到着したのは現地時間の20:10。暮れるのが遅い夏のヨーロッパのお蔭で、外はまだ夕方のよう。空港から市内へのアクセスはいくつかあって、最初は空港ミニバスを利用しようかと思って空港ロビーのカウンターに行ったのだけれど、結果的にはタクシーを呼んでもらってホテルへ向かうことになりました。タクシーは評判のいい「AAA Radiotaxi」を利用。運転手さんの軽妙なハンドルさばきのお蔭で、カウンターのお姉さんが見積もってくれた金額(650Kc)よりもお安く到着することができました。ちなみにチェコはEU圏だけれどもチェココルナ(Kc)という独自通貨が用いられています^^そうしてホテルに到着し、スーツケースの荷をほどいて、就寝。24時頃に寝たのに、翌日は5時には目が覚めてしまい、朝食前の散歩へとでかけました。プラハの朝はひんやりと涼しく、歩道も車道も石畳の道が続きます。



c-1-2.jpg

街を走るのは路面電車のトラム。市内はこのトラムの線路が網の目のように張り巡らされていて、ちょくちょくでくわします。でも、中世の街並みそのままのプラハの道幅はさして広いわけではなく、車とトラムは道路を共有。もちろんトラムが優先なので、そのせいか、信号機の数がものすごく少ない!トラムや車が通っていないことを確認して、人々は上手に道を渡ります。


c-1-12.jpg

散歩の後の朝食。今回私たちが利用したのアールデコ・インペリアル・ホテル。1つのホテルを拠点にしてあちこち見て回ろうという計画だったので、立地とともに過ごしやすさをよくよく調べて決めました。ホテルはとても快適で、朝食バイキングも充実していました。6:40に朝食会場に行ってテーブルにつき、珈琲をポットで提供されてたっぷりと飲みながらの朝食。パンの種類もたくさんあったけれど、私たちはパンケーキが気に入って、毎朝メープルシロップをたっぷりかけて食べていました、写真だと黒焦げみたいに見えるけれど、1つずつ厨房で焼かれていて形や色は不揃いなんだけれど、中はふんわりとしていてとっても美味しかったんです。


続きを読む»

counter*
calendar*
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*