スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しい遊び。

HM1-1.jpg

Mさんと丸1日お休みの日が重なったので、2人でたわいもない遊びをいたしました。たわいもないのだけれど、私たちにとっては十分な自己満足時間を満喫。ずいぶん前からやってみたいねっていう「ごっこ遊び」に興じた1日(笑)




HM1-2.jpg

楽しみにしていた「ごっこ遊び」は、雑誌で素敵に取り上げられているお料理の再現をしよう~というもの。とはいえ、すべてをそっくりに作り上げるほど、器もお金もないので、自分たちの家にある食器を持ち寄ったりして…あくまで楽しく自己満足な「ごっこ遊び」。まず最初に作ったのはスイーツ。Mさんのお皿に、私のグラスで…、ひんやりデザートなんてほとんどつくらない私ですので、グラスデザートの難しさをこの日は身をもって知りました。いかにしてグラスに無駄なクリームをつけずに落とすかということを!(私たちは細身のスプーンで落としいれたけれど、本格的なところでは絞り袋で入れてるのかな?)。そして、コンポートの液体が下のクリームと交わらないように…って、緊張しっぱなし。でも、そこはデザート師匠のMさんだから、最終的にはうまくいくわけでして^^




HM1-3.jpg
『ELLL a table』 を模して「紫色のヴェリーヌ」

『ELLE a table』を愛読なさっている方なら見たことあるかな?『ELLE…』では、いちご・ラズベリー・グロゼイユなんかを使って華やかな赤色を演出した「ベリーのヴェリーヌ」だったのだけれども、私たちはこの時期手に入りやすい巨峰・プラム・無花果…そしてブルーベリーで紫色に。秋の季節にぴったりなひんやりデザートができました。




HM1-8.jpg

この日は作ったもので撮影会しよう~と盛り上がっていたので、テーブルクロスも変えながら撮影会。一つ上は生成りのリネン。こちらは紺色のしわ加工されているリネン。どちらが皆さんはお好みですか?




MH1-4.jpg
卵サンドイッチ

お次はサンドイッチ。半年前くらいから、綺麗めなサンドイッチが作れるようになりたいな~と思っていました。でも、思っているだけで私はほとんど作ったことはなく、いつまでたっても「サンドイッチトレー」だけが自宅待機中の状態。せっかくだからと、Mさんにお願いして卵サンドイッチを作ってもらうことに。パンは6等分にカットして、小ぶりなサイズに。




MH1-5.jpg

撮影会だから…と、印象的な赤い花柄のティーカップをMさんが出してきてくれました。紺のリネンによく映えます。





MH1-6.jpg

デザートもサンドイッチもほぼMさんが作ってくれたので、私はイタリア料理のお教室で教えていただいて以来よく作っている「タラとじゃが芋の煮物」を作りました。Mさんちのジノリに入れて。





HM1-14.jpg

こうして作ったものをテーブルに並べて、撮影会から食事会の時間へ。





MH1-8.jpg

卵サンドもトレーに並べると、なんだかよそ行きの雰囲気。これを自宅でもやれるようにしなくっちゃ。





MH1-9.jpg

9時半に集合して、10時まで珈琲を淹れてもらって飲んで、それから買い物にちょっと出て、Mさんちに戻ってきてからデザート作りを一緒にして、その後Mさんは卵サンド作りやもう1種類のパンの分割・成形、私はクロスにアイロンかけをしながら撮影会と煮物を作り。なかなかいいコンビネーションだったね~、でもあれ難しかったよね~、あれはよかったよね~なんて話をしていたんだけれど、そんな2人のごっこ遊びを見に、途中Yちゃんが遊びに来てくれました。しかもね、花霧居さんのお花を持って…!




MH1-10.jpg
『Kinfolk』を模して、ブルーベリー入りのパンをこしらえて

Yちゃんが来てくれたところで、『Kinfolk』に掲載してあったページを再現。本では小麦粉500g(!)だったのだけれど、Mさんはスーパーキングに薄力粉を入れて250gの配合で作り、中にはブルーベリーを3粒。カスタードのような甘いソースも彼女が手早く作ってくれて、私は食器選びとテーブル再現と撮影を。クロスも食器もすべてMさんのお手持ちのもの。もちろん本とまるっきり一緒ではないのだけれど、なんだか同じようにできるととても嬉しく楽しいのです。




MH1-11.jpg

Yちゃんにも食べてもらいたかったので、グラスデザートはこの時まで冷蔵庫に待機させておきまして、




MH1-12.jpg

時間のない中来てくれたYちゃんとブローチのお話などしたりしまして、




MH1-13.jpg

このパンは普段使いで何回も作りたいねっていいながらおしゃべりに花が咲いて。




MH1-7.jpg

私たちの「ごっこ遊び」も楽しい気持ちいっぱいの中で無事終えることができました。これまでも、レシピ本を見ながら料理をすることはたくさんあったけれど、気の利いたスタイリングがされている本のお料理を、できるだけ再現してみようっていうのは初めてでした。ちょっとしたあしらいの仕方とか陰影のつけ方とか、やってみてわかる難しさと面白さ。半年に1度くらい、こうやってやっていけるといいね。
Mさん、今日は本当にお世話になりました。Yちゃんもありがとうね。また、やりましょう!
スポンサーサイト
counter*
calendar*
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category*
archive*
comment*
search*
rink*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。