お祝いの日。

15-2-14.jpg

2月14日の土曜日はバレンタインデーだったけれども、
Mさんのお宅にお呼ばれされて、心のこもったおもてなしをいただきました。

バレンタインデーの日だったのに、なんと私の少し早いバースデーのお祝い。
一家の主のTさんが準備してくれたビール。いつもすみません。ありがとう^^
到着したら、息子1号くんが本日のメニューを手書きで書いていてくれてて、
お品書きは以下のようになっておりました。

おたんじょうび会メニュー(伊・印・日・ベトナム)

・南禅寺むし(茶わんむし)

・インサラータ・ヴェルデ(緑のサラダ)

・ビーフカレー

・○○先生のスペシャル!!
 ベトナムの揚げ春巻き

~食後のデザート~
・デザート(ラムレーズン アイスクリーム)

・バースデーケーキ!!

というわけで、お誕生日のお祝い会の嬉しい食卓です。



15-2-14b.jpg
南禅寺蒸し(お豆腐入りの茶碗蒸し)

いつも滑らかな舌触りの絶品茶碗蒸し。今日は贅沢にも蟹のトッピング。




15-2-14a.jpg
インサラータ・ヴェルデ(緑のサラダ)

大皿いっぱいのサラダもMさんちの定番。ドレッシングももちろん手作り。ドレッシングがいつも絶妙にいい感じなんです。




15-2-14c.jpg
ビーフカレー

メインは、私がリクエストしていたビーフカレー♪赤ワインで牛肉をしっかりと漬け置きしてから作るというひと手間もふた手間もかけてあるカレー。美味しいからお土産に持たせてもらうという図々しさ(笑)Mさんのおかげで、私もスパイスを使ったカレーを作るようになりました。いつもMさんは私にたくさんの刺激をくれる、素晴らしき水先案内人。



15-2-14d.jpg
揚げ春巻

さて、こちらは私作。Mさんが食べてみたいと言ってくれたベトナムの精進揚げ春巻。到着してから揚げたので、熱いまま食べてもらうことができました。



15-2-14e.jpg
バースデーケーキ

そしてバースデーケーキ。蝋燭は2本。←42歳の1の位の本数を…というお気遣い。




15-2-14f.jpg

ケーキの蝋燭を吹き消して、アイスと自家製ラムレーズンを添えてもらって。至れり尽くせりな楽しい時間。このご恩はお返しできるのだろうか?といつも思うのだけれど、ついつい甘えてしまうのです。
今日も本当にありがとう。そしてこれからも、きっとずっとありがとう。


*************

誕生日当日の覚書。
朝からお誕生日のお祝いの言葉なんかをあれこれいただきまして、「誕生日」ということを実感し続けた1日でした。そして、教室に行ったらクラッカーが鳴って、黒板いっぱいのメッセージをもらって、お祝いの言葉とプレゼント。プレゼントを開けたらクッション型のマッサージ器。もうそういう年齢なんだな~っておかしくなったけれど、とっても嬉しかったです。そして部活に行ったならば、そこでも誕生会をしてくれて、ケーキを食べて蝋燭吹き消して色紙もらって、みんなで記念写真。もう明日にでも離任してゆく先生を見送るがごとくの勢い(笑)でもやっぱり何よりも、クラス全員で…とか、部活の皆からですとか、きっと音頭をとってくれた人がいて、ばれないように秘密裏に皆がいろいろ調整してやってくれたんだろうな…と思うと、そういう気持ちがとても嬉しい。「イマドキの若者は…」といつの世でも若者の未熟さに眉をひそめがちになるけれど、人に気を配ることができて、人を喜ばせようと協力し合う16歳の姿を目の当たりにできて、それが1番に嬉しいプレゼント。
みなさんどうもありがとう。
周りの皆さんのいろんな思いに支えられて生きているんだなっていうことを、改めて思った1日でした。

スパイスカレー。

15-1-5a.jpg

友達のMさんのところへご年始のあいさつへ。そして夜ご飯を頂いてきました。玉葱を丁寧に丁寧に炒めて甘さとコクを引き出して、数種類のスパイスを合わせたスパイシーなカレー。ご飯をおかわりするくらい、ご飯が進みます。大き目なお肉と人参がゴロリと入っていて、食べごたえも十分。




15-1-5b.jpg

Mさんの食事はいつもお野菜がたっぷり。今日は白菜と林檎のサラダ。ローストした胡桃とブルーチーズがいいアクセントに、ドレッシングもばっちり美味しい。いつも食事に手間暇を惜しまないMさん。いつまでも私の手本でいてくださいっ。ごちそうさまでした。

朝のおむすび。

14-12-6.jpg
遊牧カフェの朝

寒いけれど明るい朝日を浴びながら、月1で行っている活動のため遊牧カフェメンバーは山元町へ。どんな朝でも朝は忙しいものなのに、メンバーのYさんは私たちのために「朝のおむすび」を作ってきてくれました。いつも本当にありがとう^^




14-12-6a.jpg
鶏おこわのおむすび

紅芯大根と青菜でおめかし。目にも嬉しいYさんのお料理。彼女のその心遣いがいつもとても嬉しくありがたい。朝は忙しいものだとわかっているけれど、心のこもるお料理が嬉しくて「無理しないでね」なんて言葉は口から出ず、メンバー一同、目も口も「また作ってね。また食べさせてね。」と訴えてしまう。
これが私たちの朝の原動力。

2014 芋煮会

imo1.jpg
仙台芋煮

10月のお天気のよい日曜日。わいわいがやがやと大勢で芋煮をいたしました。近くのスーパーで材料を買いだすところから始めて、Kさんちの広い台所で女性陣は料理の準備。屋外の広い庭にはKさんの旦那さんがそれは見事にコンロやテーブルやその他もろもろを準備してくれていて、どこかのキャンピング用品売り場顔負けのセッティング。旦那衆は一足先に交流会。



imo3.jpg

この日は10人での芋煮会。飲み物やお料理を1人1品持ち寄り~ということもあって、飲んでも食べてもなくならない。その記録を、以下に綴ります。



imo2.jpg

秋晴れの太陽の陽を受けて、きらきら輝く魅惑のサラダ。



imo6.jpg

ドンピシャの味付けで、あっという間に売り切れてしまった本場顔負けのプルコギ。



imo5.jpg

プルコギに合わせたかのような取り合わせ!キムチ&カクテキ。



imo7.jpg

私はパエリアを準備しました。赤い取っ手が気に入って買ったパエリアパン。今日初お目見えです。今までなんちゃってパエリアは作ったことあったけれど、トマトソースやスープまでこだわって作ってみようと思ったのは実は初めて。もし失敗したらどうしよ~と思ったけれど、一緒に(というか大事な火入れの作業のほとんど)Rちゃんがやってくれたので、美味しく仕上がりました!ということで、正確には…私が準備して、Rちゃんが作ったパエリアです^^



imo8.jpg

目の前で香ばしく焼かれる焼き鳥。焼き立ては格別。



imo11.jpg

で、コンロの受け皿の水が少なくなってきたら、緑の可愛いジョウロで補給作業。



imo4.jpg

足りないものは何もない…完璧な芋煮会場!お酒も食事もどんどん進むのですが、そんな中でこの日一番盛り上がったのは、お誕生日が近いお2人をサプライズでお祝いした瞬間でした。そのお祝いのケーキはYさんが。もうね、ケーキ登場の歓声がすごかったんです。そんなケーキが、こちら↓↓☆




imo9.jpg

華麗すぎるポテサラ・ケーキ!



imo10.jpg

カットするのがもったいないくらいだったけれど、お味も大変おいしゅうございました。生クリームも入っているのでリッチな味わい。見た目も味も、いつも斬新かつ洗練されているYさん。お誕生月の2人がとっても喜んでくれてよかったね^^



imo12.jpg

サラダといえば、このカレー風味のサラダも絶品でした。今まで食べたことのない味。でも、いつまでも後引く美味しさ。また食べたい。



imo15.jpg

玉こんのほっとする味。飲んで食べてしゃべり疲れた時に、じわじわときいてきます。



imo13.jpg

でも、そうこうしているうちに今度は鯛が焼きあがっておりました。BBQテーブルにグリルが仕込まれていて(しかも2か所も!)がやがや楽しく過ごしながら目の前での調理も楽しめるという、本当に素晴らしすぎるセッティング。この鯛もまた絶妙な味加減で、なおかつ、ふわっふわ。



imo16.jpg

魚もいいけれど、ステーキも!と、どんどんお料理が出てきます。
他にもお料理やおつまみがあったのだけれど撮影が追いつかず、その上、昼間から私はハイペースで飲んでしまったので、かなりの上機嫌だったのでカメラそっちのけ。(みなさま、お付き合いいただいてほんとうにありがとう。)

こんな楽しくて美味しくて賑やかな芋煮会、来年もぜひ集まってやれたらいいね。
2014年の芋煮会、満喫です。

モツ鍋の会。

14-10-5a.jpg

今日はお友達の家でモツ鍋の会。モツ鍋の話がでたとき、モツはどうしようか??ってなったのだけれど、新鮮なモツを仕入れるルートも、3回茹でこぼして云々という下処理にかける情熱もなく、ただ、食べるなら美味しく!という志だけはあったので、美味しいモツ煮をお取り寄せして鍋をすることに。あとはお鍋の材料と旬の秋刀魚を買って、作業スタート。秋刀魚はお友達のご主人が外で気合を入れて焼いてくれました。本日のMVPです^^




14-10-5d.jpg

この秋刀魚がとても新鮮で脂ものりにのっていて、焔立つほど!




14-10-5c.jpg

でも、おかげですこぶる美味しい秋刀魚にありつけました。やっぱり外で焼く秋刀魚は格別に美味しいね。




14-10-5b.jpg

モツ鍋に具材がたっぷり。大根、人参、白菜、小松菜、ニラ、しめじ、えのき、厚揚げ、豆腐、白滝。モツ煮の煮汁で足りないし、野菜からの水分でスープも薄まるので、塩・醤油・味噌・豆板醤などでスープを補強。




14-10-5i.jpg

鍋もそろそろいいころだから、テーブルのセッティングを。ここのお宅の箸置には、心掴まれます。



14-10-5h.jpg

秋刀魚の薬味類もスタンバイOK!




13-10-5.jpg

私は茸のグリルを持参したのでそれも出して。



14-10-5f.jpg

熱々のモツ鍋を各自取り分けたら…、




14-10-5e.jpg

あとは思う存分食べるだけ。モツも大ぶりで、とっても柔らかくて美味しい!美味しいと評判のモツだけに、いい仕事をしてくれました。何杯もおかわりした後は、ナナエ先生がフォーを準備してくれたので、モツ鍋のスープでフォーを食べます。フこれがまた美味しくって、少々(かなり?)食べ過ぎてしまいました。お腹はちきれんばかりです。




14-10-5k.jpg
マンゴープリンと栗の渋皮煮

春の梅仕事と並んで、憧れるけれど物ぐさ太郎な私には手が出ないものがあります。それは秋の栗仕事。ナナエ先生ってば、今年はいろんな保存食作りを楽しんでいて、この秋は渋皮煮にまで手をお出しになってました。丁寧な仕事の成果は数に限りが出るけれど、その美味しさをこうしていただける幸せ。本当に美味しかった!ありがとう。



14-10-5l.jpg

そして食後のデザートも終えたその後には…、やっぱりKさん!さりげなく私たちにプチレッスンを用意してくれていて、今回初めて「ヒンメリ」に挑戦してきました。初めて触る麦藁。この麦のストローを多面体に仕上げていくのだけれど、これがとても面白い!糸の結び加減や麦の太さを合わせたり…と作業が進むにつれて気がつかずにはいられない難しさ。でも、とっても楽しくって、秋の夜長にぜひ一人静かに向き合ってみたい手仕事です。



14-10-5m.jpg

そしてこの作業と並行して爆走したおしゃべりのあれやこれや。Rさんの話題提供に、あんなに盛り上がってしまって…ヒンメリに向ける集中力が幾度も断絶(笑)楽しゅうございました。

こうして長々お邪魔した「モツ鍋の会」。今日も楽しすぎて帰りたくなくなるほど。いろんなものを吸収して、明日への活力にいたします。ぜひ、また、近々に。
お世話になりました。

夏休みの最後に。

14-8-18.jpg
トマトのフォー 鶏団子のせ

夏休みもおしまい。また授業の日々が始まる前に…ヨガを体験させていただきました。スポーツジムなどでは大勢に混ざって何度かやってみたことがあるけれど(Wiiに入っているヨガプログラムもあるけれど)、体の温め方や呼吸法なども丁寧にレクチャーしていただきながらゆったりとした時間の中で行うヨガは初めて!先生の声はとてもまろやかで、かすかに流れているBGMの音も遠くへ遠くへいっていくような…なんだかとても気持ちの良い時間でした。ちょっと風邪気味でだるかった体も温まり、自分の体をほぐしていく心地よさ。贅沢ですね、こういう時間は。

そしてヨガを終えた後は、お昼ご飯!夏の日差しを浴びた真っ赤なトマトがごろりと入ったトマトのフォー。そこに、鶏団子までプラスされて。美味しいっ。



14-8-18a.jpg

いつもながら鮮やかな一品が登場。
コリンキーと、南瓜なんだけれど南瓜味じゃない南瓜(笑)とマイクロトマトの浅漬け(?)。彼女が持って来てくれるものは、保存容器一つとってもなんだか素敵。昆布の入ったお塩をしただけ~と言っていたけれど、私の頭ではそれを「浅漬け」としか表現しようがないのが悲しい。



14-8-18c.jpg

冷凍マンゴージュースのしゃりしゃり感+水切りヨーグルトの爽やかさ+プラムソースの艶やかさ。そしてお庭の畑のミントで飾り付け。今年の夏は足早に過ぎていきそうだけれど、いい夏だったなー。ヨガに誘ってくれてありがとう。だいぶ、癒されました^^

生誕の日のごはん。

12-10-7.jpg

今月の遊牧カフェ、実はとっても素敵な日と重なっておりました。
それは、ナナエ先生の生誕の日。そんなおめでたい日だから、メンバーのdeli-cuさんがそれはそれは素敵な「生誕の日ごはん」を作って来てくれました。創意と工夫と可憐と斬新さをぎゅっと詰め合わせたような美味しいご飯をいつも作ってくれる彼女。ナナエ先生の生誕日だから、いつもに増して素敵でした。包みを開けたら…こんな感じ!もうこの時点で行きの車内は黄色い悲鳴にも似た歓声が上がる上がる(笑)

ふたを開けたらどんな感じか気になるでしょ?
この日の私は運転手ではなかったので、揺れる車内の膝の上で撮影。
…そんなことはさておき……中身気になるでしょ?

いきますよ。

ジャジャーーーーン!!



12-10-7a.jpg
ナナエ先生に捧げる生誕の日ご飯

サフラン?ターメリック?ちょっとこの写真だと分かりづらいんだけれど、ご飯がお洒落な黄色いご飯になっていて、しかも2層になってるの。その上に、色とりどり鮮やかなお野菜とローストビーフ、そして海老。そしてお花!そしてキラキラのジュレ。この色遣い、deli-cuさんの十八番です。

ナナエ先生、おめでとう。
deli-cuさん、ありがとう。

とっても気持ちのいい朝でした。

ベトナムご飯。

12-7-10.jpg
ナナエ先生のベトナムご飯。

仕事帰りに用事があって、ナナエ先生のところに立ち寄りました。
時間は7時を過ぎていて、そんな時間に行ったら夜ご飯を催促しているといわれてもおかしくないけど、嬉しいことにちょうど試作中で、夜ご飯をごちそうになってしまいました。

緑の野菜やハーブ。黄色の檸檬。それだけで、ベトナムを感じちゃいます。


12-7-10a.jpg

カラフルな炒め物が出てきて。



12-7-10b.jpg

スープが別添えの汁なしの麺が登場。
お野菜もたっぷり。味ももちろんとびきりで。
おしゃべりももちろんワールドワイドでずば抜けていて。
すっかり長居してしまいました。疲れもいっぺんでふっとんで、また明日から元気に働きに出かけられます。ごちそうさまでしたーー。
counter*
calendar*
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*