スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇と小手毬。

15-2-24.jpg
薔薇と小手毬

久しぶりに薔薇を部屋に飾りました。
花霧居さんで名前をうかがったら、まだうっとりするような名前はついていなくって、数字のついた品種番号。花の名前は聞いて書き留めてもなかなか覚えられないのだけれど、名前がわからないとなんだか落ち着きません。認識=名前。名前=認識。他のモノとは違うという認識…微妙な差異は名前によってより頭の中で明確化されるのだから、名無しな薔薇に早く素敵な名前がついて、多くの人の認識を得てほしいな。すぐ忘れてしまう自分のことは棚に上げておいて、今は素敵な名前がつくことを願うばかり。



15-2-24a.jpg

小手毬は夢見るようなそのしなやかさが好きです。葉や花の、その5センチ先に漂う余韻。そんなところが好きでたまりません。
スポンサーサイト

年末を彩る花。

14-12-31.jpg
葉牡丹 

年末の「おせちの会」の時に持参した花。おせちの写真では、後ろにかすかに見えているだけなので改めてここで。12月29日に花霧居さんで求めた葉牡丹、薔薇、エビデンドロビウム。それに、友達からいただいた花材をプラスして。このまま翌日会う友人に差し上げたかったから、オアシスを使ったアレンジにしました。100均で買ったプラスチックケースに、これまた100均で買ったオアシスを入れて。最近の100均は本当に何でもそろってる!





14-12-31c.jpg

こちらの赤いお花がエビデンドロビウム。「海老」ですもの、お正月に向けて縁起がよろしい感じ。





14-12-31a.jpg

白、紫、赤、緑。賑やかな配色のようだけれども、落ち着いた色合い。昨年1年間もいろんなお花を楽しむことができました。今年はどんなお花と会えるかな?
花霧居さん。今年もよろしくお願いします。

白のカラー。

14-11-22c.jpg

白とグリーンは好きな組み合わせ。
明日持っていくお宅をイメージして。
うちにはほんの1日だけのお花。いつも花霧居さんではいいお花と出会えます。

秋。

14-9-31a.jpg

先月のこと。
給料日を前に、お財布には1000円も入っていない…というとき。閉店間際の花霧居さんへ立ち寄ってお花選び。食いしん坊な私だけれど、肉よりも魚よりも花!という時があるのです。





14-9-31.jpg

お腹も満たされていたいけれど、
綺麗なものをみて心満たされるひとときも大事。
ささやかに花を飾って、ちょっと幸せな気分で朝を迎える。そんな秋の日。

花の名。

14-5-11a.jpg

先週飾った花。
花を飾ることはとても好きだけれど、なぜかなかなか花の名を覚えられません。花霧居さんでうかがう花の名はとても印相的で、忘れないように…とメモをとるのだけれど、、そのメモが見つからない(泣)人はものに名前を付けることによって、他のそれと明確な区別を認識するというのに。大きなくくりでなく、細やかな呼び名で花を愛でることができたらどんなに素敵だろう。



14-5-11.jpg

寒かったり暑かったり。風が強かったり時折雨が降ったり。
天候が落ち着かない時期には、涼やかな花と温かみのある花のどちらも飾りたい。

美咲。

14-3-1.jpg

3月1日。
卒業の日、私にとって5度目となる卒業生を送り出しました。

花霧居さんでその日出合った薔薇の名前は「美咲」。可憐な立ち姿、清楚な香り。生徒1人1人百花繚乱、人生を自らの力で咲かせていけますように。

卒業おめでとう。

紫色の花。

14-2-7.jpg
ヒヤシンス

お花を求めに花霧居さんへ。
お店の中には柔らかな色の春を思わせる花がたくさんありました。そして香りのいいヒヤシンスも。ふわっと香る春の香り。その香りを部屋でも楽しみたくて、まずはヒヤシンスを。




14-2-7a.jpg
ルピナス

存在感のあるルピナスは、その葉の形もとっても素敵。花瓶に生けるときに少しカットした葉は、小さな花瓶に活けてみても。

クリスマスの装い。

13-12-2a.jpg
グリーンと赤。それだけでどことなくクリスマス。

先日の羊毛カフェで頂いてきた緑と松ぼっくり、そして卵キャンドル。器にこんもりかざってみました。細身の蝋燭でもあしらえば、もっと雰囲気ですかな?でも、これで十分クリスマスっぽさがでて、なんだか満足してしまう。




13-12-2.jpg

卵のキャンドルは、もったいなくって火を灯せそうにありません。まずは、眺めて眺めて、穴が開くほど眺めてから^^

秋の花。

13-9-14.jpg

ようやく暑さも和らいで、飾った花が可哀そうになることもなさそうにな季節になったので、久しぶりに花霧居さんに立ち寄り、花を買い求めることに。スカビオサと呼ばれることが多い松虫草。西洋松虫草が一般的によく出回っているようだけれど、こちらは日本の固有種「日本松虫草」。素敵な色合いです。



13-9-14d.jpg
日本松虫草・薔薇

ほんのりグリーンがかった薔薇と一緒に。




13-9-14a.jpg

部屋に花があるってやっぱりいいな。




13-9-14b.jpg
イブニングスター

苦い野草茶でおなじみの「せんぶり」を観賞用に品種改良したイブンニングスター。たくさんの花がついているので、枝から外して束ねて活けて。




13-9-14c.jpg
日本松虫草・イブニングスター

午後からお友達とお茶を飲むので、テーブルの上にも少しだけ。
今日は台風が近づいているせいか蒸し暑く、けだるい空気感だったけれど、花を活けたことですっきり気持ちのいい1日をスタートさせることができました。花ってやっぱり、いいな。

その花はちょっと大人びていて。

13-6-9.jpg
花霧居/パスタピュア(ガーベラ)、アストランチア

あずきのお誕生日の花を買いに。
花を買いに行くときはやっぱり花霧居さん。四季折々、今年もこの花に出会えた!というお花もあれば、はじめましてのお花もあって、いつも心躍らせて選ぶことができます。今日も、見たことのない花と出合いました。まずはガーベラ。よく見かける普通のガーベラよりも大ぶりで、花びらがくるんとしていてとっても可憐。可愛すぎるガーベラも、パスタピュアならちょっと大人びた感じの雰囲気で甘すぎず素敵。



13-6-9a.jpg

アルストロメリアはすっと伸びた茎の感じを生かして。



13-6-9c.jpg
ガーネットリング(アルストロメリア)

アルストロメリア自体はよく見かける花だけれど、こちらはちょっと見かけない素敵ないでたち。千葉の三宅さんという方が品種改良なさったというお花で、凛として高貴な感じ。手間暇かけてカタチや色にこだわって作られたんだろうな。そう思いながら眺めると、もっとお花がよく見えます^^

今回も素敵な花と出合えました。花霧居さん、ありがとう。
counter*
calendar*
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category*
archive*
comment*
search*
rink*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。