秋の始まり。

     12-9-30d.jpg
花霧居/ほととぎす・せんぶり

この夏はあまりにも暑くて、一度も花を飾る気持ちになれなかったのだけれど、ようやく涼しくなって気持ちに余裕もでてきたので花霧居さんへ。目にとまったのはほととぎす。秋を誘い込むような紫色。せんぶりは、なんだか素敵な横文字名前がついていたんだけど…帰宅したころには忘れ果ててしまいました。
花のある生活、やっぱり落ち着きます。

アンソレイユ

     12-9-30b.jpg
アンソレイユ

お友達と3人でアンソレイユへ。台風接近がしんぱいだったけれど、今日のお天気は暑いくらい。



12-9-30.jpg
kamaさんの和食ランチ

kamataroさんの和食ランチ、今日もお野菜たっぷりで美味しかった。特におからが絶品。しっとりかつぱらりとしていて、味付けも濃すぎず…さすがなんです。たくさんのお野菜を使っているから、彩もよくって。


    12-9-30a.jpg
モンブラン

私は食後にモンブラン。他お2人は巣篭りパフェと苺ショート。
たくさん食べて、たくさんおしゃべりして。食べ物の話しや器やさんの話。好みのはなしや若い時の話。時間を忘れておしゃべりしてました。今日はどうもありがとう。また、行きましょうね。

夜のおしゃべり。

     12-9-29m.jpg

早い夕ご飯の後、あずきをトリミングに出して、Mさんちにお茶飲みにでかけました。お子2人と遊んではしゃいで、Mさんのお茶請けでお茶の時間。至れり尽くせりで、いつもありがとう。


     12-9-29n.jpg

お茶請けはキャラメルソテーした林檎とアイスクリーム。熱々の林檎にアイスって美味しいね。ロールケーキは昼間S-PALで買い物をしたレシートで交換したキハチのロールケーキを手土産に。最近にわかに健康が気になり始めたので、半分にカットしてがちょうどいいんです。



     12-9-29p.jpg

紅茶を飲み終えると、「梅ジュースと紫蘇ジュースどっちがいい?」って聞かれたから梅を注文。Mさんお手製の年代物の梅シロップ。紫蘇は今度また飲ませてね。


12-9-29o.jpg

最後は…小1のM君が私のためにわざわざ焼いててくれた目玉焼き。外側かりっ、黄身は半熟とろっ。オクラも添えてあります。これがまた美味しくって。嬉しくって。幾つまで私のことを大事にしてくれるかなー。大事に大事に目玉焼きを食べていると、Mさんがささっとおにぎり作ってくれて。このおにぎりもまた、優しく結んであって美味しく嬉しゅうございました。

そしてあっという間にあずきをお願いしているお店の閉店時間がやってきたので、おいとま。どれだけしゃべってもしゃべりたりない。いつも同じようなことしゃべっているんだけれど(笑)

鰆の西京漬け。

     12-9-29.jpg
夕)ご飯・みそ汁・鰆の西京焼き・きんぴら・ほうれん草のもみのり和え

4時という中途半端な時間のご飯。
午前中の部活に行って、散歩しをして、洗濯をして…気がついたらもう3時。朝と昼を兼ねた食事はブランチだけれど、朝と昼と夜を兼ねた食事はなんていうんだろう?…ブランディ?ま、それはともかく、この後に夜ご飯を食べたらとんでもないことになるし、このあとにはあずきのトリミングの予約を入れているので今日の食事はこれで終了。でも、食欲の秋だから、食事以外の食べ物はしっかり口にしますけれどもね。ひとまず、ごちそうさま。

オオタナナエ台所教室(H24.9.26)

     12-9-26i.jpg

今月の台所教室。最近は平日の夜に夜ご飯を食べに行く感覚で向かってます。今月のメイン食材は空芯菜。今年は出回るのが例年に比べて随分と早かったらしく、食材確保が確実にできるかどうかナナエ先生はちょっと心配していたみたい。空芯菜が手に入らなければつるむらさき等でも美味しくできるとのことだけれど、今日は無事に空芯菜がございましたよ。


     
     12-9-26j.jpg

1時間足らずで調理は終了し、食べる時間。まずはジャスミンライスに海老のつみれと瓜のスープをかけて。ジャスミンライスのぱらぱら感が汁かけご飯にこんなにもマッチするなんて。あっさり度が増して何杯でもおかわりできそうな予感。



     12-9-26k.jpg
     Goi rau muong thit bo(空芯菜と牛肉の和え物)

空芯菜の下処理の仕方をきちんとしただけで、均一の歯ごたえ。大葉やミントも入っているけれど、ハーブの爽快感は前面にでてはいなくて、非常になじみ深い味に仕上がっています。海老せんべいとの相性もばっちりでした。



12-9-26l.jpg

食べる時間は7時半を過ぎているので、みんな腹ペコ。空腹に任せて箸をのばし、食べるのとしゃべるのに夢中なひととき。


     12-9-26m.jpg
     Canh bau nau tom vien(海老のつみれと瓜のスープ)

予想どおり、この瓜のスープの汁かけご飯は4杯ほどおかわりしてしまいました。ほかのクラスだと、スープが若干余ったりした…らしいのだけれど、お米もスープも完食です。本当に美味しかったーー!


     12-9-26n.jpg
     Banh Dua Ca Men(ココナッツミルクプリン)

もちろんデザートは別腹。
ナナエ先生曰く、ベトナムにこういうとろりなココナッツプリンがあってほしい~という願望も加わってのレシピだとか。計量してちょっと火にかけて、氷水で冷やしながらかき混ぜて、そして冷蔵庫。ぎりぎりのゼラチンの量が絶妙なとろり感を演出しています。これはぜひとも家でも作ってみたいな。


12-9-26o.jpg

とろり感、伝わるでしょうか?

今日もおなか一杯食べて笑って笑顔で帰ってきた台所教室。少しずつ寒い時期に向かっているけれど、台所教室はいつも賑やかで心温まる場所。帰るときにはもう来月が楽しみでなりません。
今日もお世話になりました。

P.S 「オオタナナエ台所教室vol.3」ようやく編集を完了し発注しました。来月にはお見せできそうです。

ハマグリでパスタ。

12-9-27.jpg
夜)ハマグリでパスタ・ほうれん草のお浸し・茹でオクラ

今日は久しぶりにボンゴレが食べたくなって、職場近くの美味しいお魚屋さんへ。でも、本日の貝類はシジミだけ。手ぶらで帰るのもなんだから、自家製イカの塩辛と、鰆の西京味噌漬けを購入。鰆は明日の夜ご飯用。このお店の漬け魚は味がいいのでお気に入り。でも、やっぱりあさりがほしくて、もう1軒の美味しいお魚屋さんへ。結局そこにもあさりはなかったのだけれど、その代り見事なハマグリが。ものすごく大きくて鮮度も抜群。お魚屋さんの貝類は1日中水で塩抜きされているから買ってすぐに使えるのが嬉しいところ。「5粒ください」と注文して足取り軽く帰ってきました。ハマグリで作るパスタ、間違いない美味しさです。ごちそうさま。

イタリア土産。

     12-9-26y_20120926171401.jpg
イタリア土産のチョコレート

思いがけなく美味しいものをいただきました。イタリアのチョコレート。甘さは控えめで、ねっとりとした滑らかさがお茶とよく合います。美の国イタリアのチョコレートはパッケージも素敵でした。Yさん、どうもありがとう。これで1時間お茶を飲んで楽しめました。


     12-9-26x.jpg

チョコレートと一緒に盛り合わせたのは、パイナップルとオレンジ。まずは生のフルーツで酵素を摂ってから。一時のにわか知識ですけれど(笑)でも、こそ泥がいるのでフルーツはそそくさと食べてしまいました。フルーツの甘い香りには、寝ていてもすっ飛んできます。恐るべし!

秋空散歩。

     12-9-26.jpg

昨日までの定期考査も終わり、今日は何かの行事の代休日。平日のお休みはそれでなくとも嬉しいのに、今日は昨日までの雨の陰鬱さが消えて、素晴らしい秋晴れ。朝から行動しないのはもったいなくって、朝から散歩。


     12-9-26a.jpg

あずきはどこまでもどこまでもずんずん歩いていくタイプなので、私のほうが連れまわされている感じ。



12-9-26b.jpg

5mのロングリードを最大に伸ばして芝生の上をたったかたったったーー。


     12-9-26c.jpg

名前呼んでも、こっちを向くような従順さはありません。



     12-9-26e.jpg

それでも何とか苦心して振り向かせましたよ。
ちなみに、「ご飯食べよっか?」って言ってみました。



     12-9-26d.jpg

朝ごはん前の散歩だったので、後半は気もそぞろ。
朝から飼い主の任務を果たして、私も気が軽い。さ、朝ごはん食べに帰ろう~。

海老雲呑。

12-9-24.jpg
夜)ご飯・海老雲呑

めっきり寒くなりました。寒くなりすぎ…のような気もするくらいに。
今朝は慌てて長袖のブラウスを引っ張り出して、出勤。数か月飲んでいなかったホットコーヒーを淹れ、くしゃみしながらの仕事。暑い暑いと悪態ついていたバチがあたったのかな?
夜はお酢とラー油もたっぷり目にいれたワンタンスープ。あー寒い。

9月の食事室。

12-9-23.jpg
9月の食事室 水澄む頃、木の実料理     干し無花果の北海道産ルバーブからめ

久しぶりに大友さんの食事室に伺いました。静かなたたずまいの中、一つ一つゆっくりと丁寧にいただくお料理はいつもながら格別。美味しさも、あしらいも、他ではけっしていただけないような一皿に、今日も出会えました。




     12-9-23a.jpg
トマト玉葱玄米タルト




12-9-23b.jpg
じゃが芋豆乳ケーキ、ヘーゼルナッツと干し洋梨の粒マスタード添え




     12-9-23c.jpg
南瓜




12-9-23d.jpg
ひよこ豆と押し麦の塩麹スープ




12-9-23e.jpg
黒胡麻麻柘榴酢プリン




     12-9-23f.jpg
麦豆乳コーヒー

大友さんの食事室では、お料理とともに今日のお料理の作り方などをうかがうことができます。私はトマトの玄米リゾットを入れたタルトをたっぷり作ってみたいです^^
大友さんの出してくれるお茶も、いつも本当に美味しい。季節にあった、すっと身体にしみこむようなお茶。以前の冷たい煎茶も、自家焙煎のお茶も、今日の麦豆乳コーヒーも、身体を潤してくれるような味わいです。
今日は本当にありがとうございました。席をご一緒してくださった皆さんも、どうもありがとう。




秋刀魚定食 再び。

12-9-22b.jpg
夜)ご飯・根菜汁・秋刀魚の塩焼き・豆腐のおくらがけ

今日は友達との夜ご飯。旬の秋刀魚は何度食べても美味しいですよね。一昨日も秋刀魚定食だったけれど、今日もほぼ同じような秋刀魚定食。


     12-9-22a.jpg

昨日の夜中のラーメンを反省し、今日は少しでも体にいいものを!と思ってお豆腐を追加。おくらと茗荷と刻み昆布を和えたものを豆腐にたっぷりかけて。この組み合わせは、去年ナナエ先生が作ってくれたのがとっても美味しかったから、それ以来、手軽でよく作ってます。ざるうどんにこれと卵黄を乗っけて食べるのも美味しいの^^



12-9-22.jpg

どこにピンと合わせているかわからない写真だけど、とりあえず今日はこんな食卓。お花も蝋燭もなくってちょっと殺風景。気温も下がってきたから、そろそろお花を飾りたいな。
今日は窓の外から秋の虫の声もたくさん聞こえてきています。

楽天観戦。

     12-9-21a.jpg
東北楽天×福岡ソフトバンク Kスタ

今日は久しぶりに楽天観戦。職場の同僚とグループシート2つとっての観戦です。今頑張らなきゃ、いつ頑張る!っていうシーズンも終盤の大事な時期。試合前のファンサービスのボール、同僚が運よく自分のものに。


12-9-21c.jpg

1回裏の攻撃。聖沢の先制ホームラン!
あーでも、私はビールを買いに席を離れていたので見れず。。そしてこ1点が本日唯一の1点だったのにもかかわらず…見れず。何しに行ったの?って感じです。トホホ。


12-9-21b.jpg

応援は精一杯しましたとも。合間合間でメガホン振って踊りましたとも。でも、応援は届かず…。



12-9-21d.jpg

1対1の同点で本日は終了…。


     12-9-21f.jpg

最後は、EDENの中に入っている「亞呉屋」でラーメンと餃子を。昨日の職員健康講話の後にもかかわらず、やっぱり〆のラーメンは外せないねって、むさぼるように食べました。
楽天、やっぱり次こそは「勝ち」の余韻にひたりたいね。

待ちくたびれました。

12-9-21.jpg

ようやく来たみたいですね。秋が。

秋刀魚定食。

12-9-20.jpg
夜)ごはん・根菜汁・秋刀魚の塩焼き

今日は職場で職員向けの健康講話がありました。内容は糖尿病。ちょうど職員検診や人間ドックの結果が出ている時期とあって、自分の実際の数値を見ながらお話を聞きました。「hdA1c」…この数値を何より注視しなければならない。揚げ物が好き。あんまり歩かない。早食い。…どれもこれも当てはまって、身の縮まる思いです。仲良しのMさんと、「今日の夜ご飯は野菜のせいろ蒸しにでもしようね」って言って自戒したのだけれど、鮮魚コーナーでピカピカに光る秋刀魚に負けてしまった。その代りお味噌汁の中には野菜をたっぷりと。でも、定期考査の採点疲れであずきの散歩はパスしてしまった。。明日こそ、歩こうっと。

グリンピースのポタージュ。

     12-9-16.jpg

夜、お友達が来ての夜ご飯。
グリンピース嫌いだったっけ??と、途中で気が付きメールしてみましたところ、「苦手だけど(よけて)食べなきゃ大丈夫!」とのお返事。「あのもさっとした食感が苦手」とも。ポタージュだから避けようもないんだけれど、撹拌して濾してるから食感はクリア?…と、とにかく出しちゃいました(笑)


12-9-16a.jpg
夜)ご飯・酢豚・グリンピースのポタージュ

メインは酢豚。ポタージュは前回のナディハウスの時に冷製でとっても美味しかったから、今日も冷製で。豆乳仕立てだからコクはあるけれどあっさりしていて体も喜びそう。グリンピース苦手な友達にも「体にいいから」と言って飲んでもらいました(笑)そして黒豆麦茶。


     12-9-16b.jpg

酢豚は久しぶりに作ったかも。そして久しぶりに作るときの落とし穴…筍を見事に入れ忘れ…。


     12-9-16c.jpg

〆は知人からいただいたロンドン土産の紅茶と、最近見飽きた感のあるプリン。今日はあずきがいつも以上に食事時に大興奮してかなりうるさかった^^ゞなかなか落ち着いて静かに食事というわけにもいかずばたつく中、11月に行く予定の奈良美智の展覧会のルートを確認したり。2か月先はどれだけ秋は深まってるんだろう。八甲田山のあたりは冬の足音が聞こえてくる時期?まだまだ半袖真夏のような今からはピンと来ないんだけれど、秋は少しでも長くあってほしいです。

旅の打ち合わせ。

     12-9-15d.jpg

炎天下を歩いて我が家へ。最近のお気に入りは黒豆麦茶。


     12-9-15e.jpg

お茶請けは泉マルシェで買ったアンソレイユのマカロンと、手作りプリン。菫のマカロンとピスタチオのマカロン。美味しいのはもちろんだけれど、乙女心が形になったような可愛らしさは、miyukiさんのなせる業。私はプリンとチーズケーキしかレパートリーがないので、最近はもっぱらプリン一辺倒。明日の夜にご飯を食べにくるお友達にも、このプリン…。もう1種類くらい、おやつ作れるようになりたいな…とは思いつつ、プリンばっかり(笑)


     12-9-15f.jpg

お茶を飲んで、おやつを食べながらの打ち合わせ。冬の旅の打ち合わせ。地図を見ながら行きたいところをピックアップ。本を片手に、あれやこれや。PCの前に座って、あれやこれや。


     12-9-15g.jpg
夜)マルゲリータ

途中でピザ生地捏ねて、トマトソース作って、夜ご飯はピザ。片手でピザもちながら、本を眺めてPCで検索して。気づけばあっという間に9時過ぎ。決めたことはまだ少しだけど、骨格は見えてきたね。Sちゃん、また今度続きをやりましょうね。今日はありがとう~。

泉マルシェ。

     12-9-15.jpg
アンソレイユ@泉マルシェ

今日は泉中央駅のペデストリアンデッキで「泉マルシェ」が開催されました。私は友達と打ち合わせることがあったので、我が家の前に泉マルシェを眺めようっていうお誘いを。12時頃に行ったときにはもう大勢の人。アンソレイユの前にもたくさんの人、人、人。アンソレイユと同じテント内には、お友達がリースの販売のお手伝いをしていたので、ちょこまか行っては立ち話。


     12-9-15a.jpg

miyukiさんのお菓子もジャムもどんどん数が少なくなっていって。


     12-9-15b.jpg
森のドライトマトのちーずとーすと+もち豚ソーセージ・森のベリーティー

朝ごはんをまだ食べていなかったので、友達と合流する前にkamataroさんのチーズトーストとソーセージを。その場で焼いて提供してくれるから、炎天下の中、花壇のふちに腰を下ろして食べたけれど、焼きたて熱々で美味しい。  

この後、友達と合流して、ワインやビールを飲みながらマルシェをのぞいて、そして我が家へ。暑かったけれど、気持ちのいい時間でした。

鰹のタタキ。

     12-9-12.jpg
夜)ごはん・鰹のタタキ・厚揚げの野菜あんかけ

昨日の夜、うたうたうたた寝して目を覚ますと、アキレス(犬のおやつ)を食べていたあずきの周りがなんだかおかしい。よく見ると、座布団が真っ赤。手のひら大の真っ赤な模様。えーどうしたの!?あずき、どうしたの!?と、私は大慌て。でも、本人はいたって平気な顔でアキレスを噛んでいる。どこか怪我しているわけでもない。咳き込んでいるわけでもない。一晩気になってよくねむれなかったけれど、朝も普通。気になってかかりつけの病院の先生に電話して、様子を詳しく話したら、多分アキレスで歯肉を切ったんじゃないかとのこと。吐血や喀血の場合はもっと違った状態になるらしく、様子を見て…と言われて一安心。定時に仕事を切り上げて帰宅してみても、いたって普通で一安心。かかりつけ医。物言わぬ犬の場合は特に頼りになります。先生、ありがとう。

卵焼きと蓮根のきんぴら。

     12-9-10a.jpg
夜)ごはん・みそ汁・卵焼き・蓮根のきんぴら

最高気温が28度まで下がるようになったら、ちゃんと夜ご飯を作ろう。
誰と約束したわけじゃないけれど、この夏の猛暑ですっかり手抜きな食事が続いておりました。菊の節句の過ぎたというのに、ちっとも気温は下がらず。なんだかずーっと31度をキープしているような。28度になる日がいっこうにこないので、今日は31度だったけれどご飯を作りました。
卵焼きはキャベツ・ネギ・人参・椎茸・カニカマ。かに玉にする時の卵液を、卵焼き器で四角に焼いて。丸く焼いて甘酢あんをかければかに玉だけれど、あんがなくても下味がついているので十分美味しい。


12-9-10.jpg

れんこんとこんにゃくのきんぴらは、いつも仕上げに黒胡椒を挽いて和えてます。塩分控えめでも、黒胡椒入りだと白ご飯に合う味の濃さになるような気がして。仕上げには胡麻と一味をぱらり。
明日は何度かな。

ナディハウス ルヴァン課 part 1-3

12-9-9i.jpg

月に1度のパン教室。ルヴァン課になって、捏ねて生地を持ち帰るということはなくなったので、あとは自主的にどれだけ練習するかだよね…って言いながら、お仲間とレッスンに向かいました。老麺を使って作るパン・ペイザン。張らせないように注意して成形し、クープを入れる。クープの役割をきちんとおさえて、刃は寝せてわりと深く。


12-9-9j.jpg

焼成発酵させる前に粉をふってクープを入れたので、生地が2倍になることを考えていつもより多めの粉。


12-9-9h.jpg
パン・ペイザン

ものすごくカッコいいパンが焼きあがりました。



     12-9-9k.jpg

今日はりんごさんが車を出してくれて送迎してくれるというので、私とSさんはアルコールOK!先生と3人で白ワイン。りんごさんは美味しいジュースを炭酸で割って。ワインが楽しめるのもルヴァン課ならでは。


12-9-9l.jpg
チーズ2種/サンタンドレ(仏)、アトリエ・ド・フロマージュのカマンブルー(長野)

ほわっほわの白カビに覆われたものと、カマンブルーというネーミングが絶妙のブルーチーズ。このブルーチーズ、美味しい!


12-9-9m.jpg

手作りのパンに、ワインとチーズ。至福とはまさにこういう時間。


12-9-9n.jpg
グリンピースのポタージュ

先生の今日の1品はポタージュ。美味しい豆乳で作るポタージュは滑らかなんだけれど食べごたえもあって。今日は氷を入れて冷やしていただきました。いつもどうしてこんなに美味しいんだろう。


12-9-9o.jpg
レーズンブレッド

粉400gに対してレーズンが200gも入ったレーズンブレッド。中種法を使ってのお勉強です。老麺もそうだけれど、中種法もその利点をきちっと知っておくとパン作りがもっと楽しく、美味しく、そして時間のやりくりも生活スタイルに合わせて楽しめそう。


12-9-9q.jpg

焼き上がりの生地はこれまでにないくらいつやっつやで滑らか。そしてこの伸び!これが自宅で再現できるようになれば…。
今日もパンのことをあれこれ先生にレクチャーしていただいて、パン作りの楽しさを十二分に膨らませてもらいました。以前はちょっと難しそうって思っていた本格的なパンの本も、あれこれ見方を知って、何をねらっているパンなのか…を考えるのも楽しそう。胃も心も頭もいっぱいになったレッスンでした。
先生、今日もあれやこれやとありがとうございました。りんごさん、Sさん、今日も楽しかったね。終わるといつも次が待ち遠しくてなりません。

アンソレイユ 和食ランチ。

12-9-9.jpg
アンソレイユ 和食ランチ

今日はナディハウスでのレッスンの前に、お仲間とアンソレイユでランチをとることに。夏休み明けから始まったkamataroさんの新作「和食ランチ」。どんな盛り合わせになっているのかとっても楽しみだったのだけれど、期待以上にやっぱり格別美味しかった!どのおかずも丁寧に調理がなされていて、野菜だけでこんなにも満足できるのかってうっとりするくらい。このプレートに、お味噌汁もついてきます。


     12-9-9b.jpg

真ん中のきんぴらの味付け、奥の野菜の下に添えられた白みそのソース。食べながらずいぶん話題になりました。美味しすぎるねって。



     12-9-9d_20120910002531.jpg
 
今日は大人3人と子供2人でのランチ。男の子は、カード類やウルトラマン人形とか、いつの時代も変わらず携えて来るね。ウルトラマンも一緒のランチタイム。



     12-9-9c.jpg

6歳のkoちゃんは、ケーキのショーケースの前でチョコのケーキにしようか苺のケーキにしようか迷いに迷って苺のケーキに決めたみたい。「これ、いくらでも食べれるね。」だって(笑)


    12-9-9e.jpg

大人は巣ごもりパフェを。いつも変わらず美味しいパフェ。

今日のアンソレイユは開店と同時にお客さんがたくさんいらっしゃって、あっという間に満席状態でした。みんな美味しいランチやデザートに惹かれずにはいられないのよね。どんなに忙しくてもmiyukiさんもkamataroさんもbouちゃんも笑顔で、お皿の上はきらきらしていて。和食ランチ、ずっと続けてほしいな。美味しかった、ご馳走さま☆

遊牧カフェ 試作会。

     12-9-8.jpg
遊牧カフェ 来月の試作会~手作り石鹸の会~

震災後、ナナエ先生と数人のお仲間が震災後の石巻で炊き出し等の活動を始め、その後、山元町の仮設で手仕事のワークショップを中心とした活動となり、私は山元町での活動から参加。現在の主要メンバーは6人。来月でいよいよ訪問回数は10回目を数え、その節目の回に、ナナエ先生のお友達の圭子さんが「手作り石鹸」の講座を開いてくれることになりました。圭子さんは以前「お茶と手仕事 ハーブの会」で講師を務めてくださった方で、とっても素敵で楽しい方。今日はその試作会を開いてくれて、みんなで実際に作ってみることに。



     12-9-8a.jpg

それにしても、手作り石鹸って作るのがものすごく大変!手袋、マスク、長そで。完全防備の中、「苛性ソーダ」という代物を使って、温度を測りながら慎重に、慎重に。計量したり温度を測ったりして、材料を合わせた後は…ひたすら…ひたすらかき混ぜるのみ!今日は大人数で交代しながらかき混ぜ続けたけれど、1時間くらいはかき混ぜていたかな。石鹸作りには材料の欄に、ぜひとも「忍耐」って書いてほしいな(笑)



     12-9-8c.jpg

かき混ぜ続けると、溶かしバターのような色だった液体が、とろみのついた乳白色に。そこに香りのオイルなんかを入れたりしたら、あとは型に入れます。今日は試作だから小さなカップに。黄色い花弁みたいなのを混ぜたから、見た目は「フルーチェ」。思わずすくってなめてみたくなりそうだけれど、苛性ソーダでぴりぴりしちゃうから取扱い注意なのです。



     12-9-8d.jpg

最後に、梱包材でくるんで明日まで待ちます。明日になったら型から出して、好きな大きさに切り分けて、そして1か月間待たなくてはなりません。手作り石鹸、作ってみて初めてそのありがたみがわかりました。圭子さん、ありがとー。



12-9-8p.jpg
 
片づけの後は、ちょっと休憩。部活から帰ってから珍しくプリンを作って、差し入れ。ソースは相変わらずメープルシロップで。8個あれば間に合うかな~と思っていたら9人だった。。集まる人数を聞くって大事!
明日も充実した一日を過ごせますように。



あさりん

     12-9-3.jpg
あさりん/コーヒーミルクのかき氷

文化祭の代休日だった月曜日。
友達とお蕎麦を食べに中新田方面へ。その帰りに、「あさりん」というお店に立ち寄りました。メインはお団子屋さん?でも、昔からワッフルも有名で、中高生や地元の人たちからとっても愛されてきたんだろうなっていうほっと懐かしいお店です。普通のイチゴやメロン味のかき氷は160円!お団子は50円!お値段も昔と変わらずって感じ。高校生だったら、部活帰りにカップ麺にお湯入れてもらいたくなるような…そんなお店。ちなみにコーヒーミルクは210円だったかな。安すぎますでしょ。


12-9-3a.jpg
生あんワッフル

ワッフルはベルギーワッフルのようなカリッとしたタイプじゃなくて、しっとりふかふかなタイプ。生アンと生クリームが挟んであるタイプを友達と分けて食べました。これ、とっても美味しかった!
こういう昭和っぽいお店、ずっと残りますように。

遊牧カフェ in 山元/9

     12-9-2a.jpg
お月見団子と絵手紙の会  ~男性参加者の作品~

月に1度訪れる山元町の仮設住宅。初めてうかがったのは去年の9/4ですから、ちょうど1年になります。8月は私たちも夏休みをいただいて、1か月ぶり、9回目の訪問。今回は南瓜を加えて作る串団子と絵手紙のワークショップを開催しました。3か月間続いたPPテープで作るプラ籠のせわしなさとは違って、肩の力を抜いてゆったりとできる内容。それに手芸関連ではないからか、今回は男性の参加者も増えてとっても新鮮でした。絵手紙の今回のモチーフは、手作り団子とデラウェアと唐辛子。最初に筆持ち方や線の描き方なんかをレクチャーしましたが、実際に書き始めると皆さん真剣!躊躇せずにどんどん書いていらっしゃる。こちらの作品なんて、とっても雰囲気がある。震災に遭うまでは葡萄作りもなさっていたんだとか。長いこと、畑にかかわり農作物を育ててて来た人の温かみが伝わってくるような絵手紙です。


     12-9-2e.jpg

みなさんとっても真剣。2月に開催した絵手紙の時の参加者の方は、前回使った筆やパレットをちゃんと持ってきてくださって、「楽しみにしてたのよ」とのお言葉。中には本格的なお道具一式持ってこられた方もいて、「震災の前はね、好きでよく書いてたの。でも、津波で全部持ってかれちゃってね。最近また始めてみようかと思って買ったんだけど…なかなか書く気にはならなくて。だから、今月絵手紙やるって聞いて、参加を楽しみにしてたの」と。震災から1年半近くたつけれど、元気そうにみえるけれど、やっぱりまだまだ震災は終わっていない。遊牧メンバーの6人で、時折、「私たちの活動はいつまで続けるか」といった話がでるのだけれど、まだもう少しはやっていきたい、やらなくちゃ、と思いました。


12-9-2.jpg

串団子、デラウェア…今回は丸を描くのに皆さん苦心していたかな。真ん丸に書こうとせず、ラフに書いたほうがそれなりの味わいが出てくるのだけれど、お団子とデラウェアを、目にするとやっぱり真ん丸に書きたくなっちゃってましたね。そして絵手紙が終わった後は、お団子とデラウェアを食べて本日のワークショップは終了!


ちなみに…。今回私は大きなミスをやらかしまして…。仮設に着いて絵手紙の準備しているときに「顔彩」と「はがき」を忘れたことに気が付き(泣)幸いにも絵手紙の前に「南瓜入り串団子」講習会だったので、その間にSさんの車でホームセンターに行き、絵具と画用紙を買い、画用紙をはがき大にカットして。絵手紙の準備がちゃんとなされるまで、ナナエ先生がいつもの絶妙なトークをいつも以上にさく裂させて、時間をかせいでくれていました。というわけで、美味しそうなお団子講習会の写真は1枚もなくーー。ああ、すみません。そして、みなさん助けてくれて、ありがとう。


では最後に、われらが看板娘の今月の看板のご紹介です。

12-9-2b.jpg

毎回、遊牧カフェのワークショップの内容に合わせて作ってくれるYさんの看板。今月はお団子と絵手紙だからどんなかな??って楽しみにしていたら、やっぱり予想以上!!お団子はフエルトで作ってあって、下の台にはなんと水引の梅結びが。傍らにはフエルトで作ったうさぎさん。


12-9-2c.jpg
この看板を集会所の前に置いて、遊牧カフェは開催しています。


また来月も、私たちは山元町にうかがいます。
counter*
calendar*
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*