いか大根など。

13-1-23a.jpg
夜)ご飯・いか大根・麻婆豆腐

いつかの夜ご飯。日本に帰ってきて食べたくなったものは、梅干しとか納豆とか焼き魚とか^^ゞやっぱり日本人、パリジェンヌにはなれませんね。梅干しも納豆も焼き魚も食べた数日後、北辰で柔らかそうなヤリイカと目が合ったからか、それともNHKがダイオウイカの動画撮影に成功!の記事を読んだからか、むしょうにイカ大根が食べたくなりまして…の夜ご飯。小ぶりイカに合わせて大根も小ぶりなものを選んで。沢山煮たはずなんだけれど、食事後も鍋を覗いてつまみ食い。あっという間に食べ終わっちゃったイカ大根。



13-1-23.jpg

麻婆豆腐は、いつも通り椎茸をたっぷり刻んで入れてあります。そうすると、ひき肉が少量でも食べごたえがある気がするのです。生姜や人参も入れて、豆板醤は大目に。辛みが白ご飯を進ませます^^


さて、今日。
今日は朝からなんだか忙しくて、お昼を食べる時間もないまま、気がついたら3時近くでした。夜も退勤が最後で、夜ご飯どうしようかな~と思いながらバスに乗りました。車がないこの1ヶ月、運転のない生活なら帰りにさらりと飲んで帰ることもできるなーと思いつつ、毎日ちゃんと真面目に帰宅。そんな生活もあと数日、そう思ったらもったいない気がして、今日はご飯とビールを外でいただいて帰宅しました。ビール、1杯しか飲んでなくっても、〆の何かが欲しくなるーー。帰りはコンビニに吸い込まれて、熱湯5分のご馳走です。

新年会。

13-1-22.jpg
新年会

ちょっと前に、友達と持ち寄りの新年会をしました。





13-1-22a.jpg
卵たっぷりのスフレ・バーニャカウダ

Yさんが作ってきてくれたのは、卵たっぷりのスフレ。サーモンの塩分がお酒のおつまみにはちょうどいい美味しさ。Sさんは、見慣れない西洋野菜もいろいろ持ってきてくれて、生と温野菜半分ずつ。久しぶりにバーニャカウダを食べたけれど、お野菜いっぱい食べれますね。





13-1-22b.jpg

そうそう、食事室で習ったピーカンナッツも作ってきてくれました^^





13-1-22c.jpg

私は、なんだか味の決まらないドレッシングをかけたホタテのカルパッチョと、





13-1-22d.jpg

明らかに食べきれない量のラザニア(笑)
ホワイトソースはコンロを使わずに電子レンジだけれ作るやり方を去年お友達に教えていただいたので、楽ちんでした。玉葱やマッシュルームもホワイトソースのレンジ調理の延長で。
いろいろ持ち寄って、3人で食べきれないほど!お酒ももっとガンガン飲むかな?と思ったんだけれど、適量で終わりました。今年は不惑の年だから、私も落ち着いてきたのかな?お酒の量は適量でも、おしゃべりはとまらず。楽しい夜でした。


P.S いつも使っているカメラに不具合が起こりまして、修理に出しています。戻ってくるまで2週間?3週間?しばらく新しい写真が撮れないので、その間は今までに撮っていたものを少しupしようと思っています。
 撮影しないとなると、とたんに食事に手抜きが^^ゞ

フレンチトースト

13-1-19a.jpg
おやつ/フレンチトースト

今日は世の中センター入試。57万人が受験とのこと。昨日の激励会で、「パワーください!」って言っていっぱい触られました。私には仏様のようなご利益はないけれど、藁をもすがるその気持ち…よくわかります。2日間、とにかく体調にだけは気を付けて、頑張ってほしいな。
私は昼前には泉中央にいて、前任校での教え子の書道の展覧会を観てきました。ご家族4人が書家で、その家族展。それぞれが大きな展覧会で大きな賞を何度も受賞している方々。久しぶりに会ったらすごく大人びていて、でもしゃべるとあの頃のままで。明るくて素直で無邪気で正直で潔くて。ご両親も子供たちもまっすぐないい人たち。今日もいい気持ちを分けていただきました。ご案内、ありがとう^^

さて、それとは全く関係ないフレンチトースト。




13-1-19c.jpg

午後からは刺繍をしようと決めていて、それなら編み物をしたいといっていた友達を呼ぼう!と、昨夜突然お誘いしました。午後の集合だから、夕方の小腹がすいたころにフレンチトーストを。お皿とカップは今日おろしたて。パリ旅行で私が自分用に唯一買ってきたお土産「Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)」の器。パリの器でフレンチトースト。ご飯にみそ汁の生活が再開しているけれど、まだちょっとフランス寄りを楽しみたいな^^





13-1-19.jpg

フレンチトーストの、このくたっと力なく寄りかかるところが好き。でもね、なんたる奇遇、友達も実は甥っ子のために午前中にフレンチトースト仕込んできたんですって。重なっちゃってごめんね。でも、方向転換できるほどおやつメニューが多くないのでフレンチトーストを続行させていただきました。





13-1-19b.jpg

真面目な友達は編み物さくさく進んでポットマットが完成。私は…材料はとりあえず出したので、この後夜にかけて頑張ります。今年も刺繍を頑張ります。目に見える上達が期待できなくても、諦めずに上達したい。他にも「家計簿を完璧につける」とか、「お弁当を無理せずできる範囲で作る」とか、いろいろ(抱負と呼べないものも多々ですが)あるので、毎日を大事に過ごしていきたいと思います。

皆様、この1年もどうぞよろしくお願いいたします。

2012 冬 パリ/7 終

13-1-33.jpg

パリ7日目。楽しかったパリも今日で最後。
最終日の今日は、スーツケースのパッキングをしてから(いったん)チェックアウトし、スーツケースは預けてオペラ駅へ。今日もYさんが同行してくれて、そしてすっかりなついてくれた2人の娘ちゃんも一緒にお買い物。

向かったのはマドレーヌ広場。まずはマスタードで有名なマイユ(Maille)へ。日本で手に入るものもあるけれど、ここに来たからには是非とも「生マスタード」をと思って。陶器製の壺にコルクの蓋。手荷物では液状やクリーム状のものなどすっかり持ち込み禁止になってしまったから、スーツケースで大丈夫かな??と思ったのですが、たまたまお店でお買いものしていた日本人の方が、「何度もスーツケースで持ち帰ったけれど、漏れたりしたことがないので大丈夫よ」と教えてくれたので安心して買うことができました。生マスタード、€10位するんだけれど、壺を持ってくると€2/100g位で買えるらしい。次いつ来るかわからないけれど、今度来るときは壺持参で着たいと思います~。

その後に、フォション(FAUCHON)へ。紅茶やジャム位しか味わったことはないけれど、チョコレートなんかのスイーツだけでなく、ありとあらゆる食材を扱っていると知ってびっくり。でも、お土産はやっぱりジャム^^娘ちゃんたちに籠持ってもらったりしながら楽しくお買い物。



13-1-33b.jpg
最後のお昼ご飯は、ホテル向かいの麺屋さん

マドレーヌ広場からまた歩いてホテルへ。かったお土産をスーツケースに入れ直してから、向かいにある麺屋さんへ。元旦の夜にも食べたお店なんだけれど、あの時食べた坦々麺が美味しかったからまたそれを。最後まで和気藹々とおしゃべりして…どうして時間はこんなにもあっという間に過ぎてしまうんだろう。。



13-1-33d.jpg

空港まではまたオペラ座脇からのロワッシーバスで。
最後の最後まで見送ってくれたYさんご一家。最後は、仕事中のご主人もきてくださいました(泣)




13-1-33f.jpg

楽しかったパリは今思うとシャボン玉のように魅惑的で…でもなんだか実感のない夢のような場所。本当に楽しいことしかなかった旅でした。
それもこれも、一緒に行ってくれたY子様とSちゃんのおかげ。
そして時間をたくさん割いてくださったYさんご一家のおかげ。
観光客としてのパリも、日常生活のパリも、どちらも満喫するという素晴らしい機会を本当にありがとう^^

パリ、私たちを忘れないでね。au revoir!

2012 冬 パリ/6 part.2

13-1-3z2のコピー

午後もルーブル鑑賞なので、一番近いカフェへ。テラス席が1つだけ空いていたのでそこに座り、私はまずワインを。昼間から飲めるのって、素敵ーー!



13-1-3z3.jpg

本当に、目の前がルーブル。道路を挟んで向こう側がルーブル。



13-1-3z4.jpg

注文したのは、私とY子様が卵3つに2分割のマッシュルームと4分割のじゃが芋がごろごろ入った巨大なオムレツ。Sちゃんは日本の3倍はありそうな巨大キッシュ。そしてわっさわさなレタスが沢山ついてきました^^パンを注文しなくても、おなかいっぱい。



13-1-3z5.jpg

カフェの屋外席は本当に歩道の上にテーブルがあって、フランス人はこの外の席が大好き。道行く人を眺めながらの解放感、日本のテラス席とは比べ物にならないくらい。すっかりテラス席にはまりました。



13-1-3z6.jpg

いっぱいになったお腹を抱えてルーブルへ。チケットを持っているから入場の待ち時間はやっぱりゼロ。音声ガイドもいちいち返却しなくていいので、首にかけていたヘッドホンを装着し、すぐに鑑賞モード。そしてまた、別行動~。

続きを読む»

2012 冬 パリ/6 part.1

13-1-2.jpg

パリ6日目。8時半頃、今日はホテルから徒歩でルーブル美術館へと向かいました。中央に見えるのはオペラ座。正月2日のパリ、みんなまだ寝てるんだろうな。




13-1-2a.jpg

早朝のような空模様ですけれど、時刻は9時頃。北海道よりも緯度が高いということは、気温ではなくこの朝の暗さから実感する毎日。




13-1-2b.jpg

信号待ちをしながらカメラの設定をいじって明るくとってみたり。そういえば、こちらパリでも都心部では市民ランナーの姿を多く見かけました。日本でも皇居周辺をたくさんの人が走っているし、世界各国、都心部には走るのが大好きな人がずいぶんいるものです。




13-1-2c.jpg

さて、ルーブルにも長蛇の列。オルセーやヴェルサイユではチケットをもっていても30分位並んだので、チケットのないルーブルはいったいどれくらい待つんだろう。朝ごはんも食べていない私たちだったので、列にはSちゃんに並んでもらって。私とY子様は朝食の買い出しにルーブルを離れました。




13-1-2d.jpg

ルーブルにはたくさん人の姿があったけれど、目の前の大通りには人影はなく、




13-1-2e.jpg

開店直後のカフェには、スズメの姿だけが。(それにしても、よく肥えていること!・笑)





13-1-2f.jpg

ぐるぐると歩き回って、キッシュやワッフルを売るお店を発見!どれもこれも美味しそうだってけれど、私とY子様はトマトのキッシュを、Sちゃんにはチーズとハムのパニーニを。どちらも温めなおしたり焼いたりしてもらって、熱々。ぷぅ~んと香る美味しい匂いに、胃袋が刺激されて。




13-1-2g.jpg

ルーブルの広場に戻ってきたころには青空が。エッフェル塔も美しく見えています。



13-1-2h.jpg

きらっきらに輝くピラミッドのわきに並んでいるはずのSちゃん。熱々のキッシュとパニーニ片手に何往復も探したんだけれど見当たらず。もしかして、想定より早く列が進んじゃって、Sちゃん中に入っちゃったかしら?不安になりながらも、出入り口の近くできょろきょろしながら待っていると、案の定Sちゃんはすでにチケット購入を済ませていたご様子。でも、ルーブルは一度チケットを購入したら、終日出入り自由なので、Sちゃんはちゃんと外に出てきてくれました。(あの時ちょっと感動した~)



13-1-2i.jpg

ちょっと冷めちゃったけれど、買ってきたキッシュ類をピラミッドの前でぱくつき、そしてルーブル内へ。チケット保持者の入口は、待ち時間ゼロ!するするっと中に入ることができました。いよいよ、ルーブル美術館です。

続きを読む»

2012 冬 パリ/5

パリ5日目。
2013年の初めの日は友人宅の2人で両手を広げて寝ても快適なほどのベットで目覚め(10:30)、子供たちと幾度となく家の中でかくれんぼをして、珈琲を入れてもらって、正午頃にお暇しました。元旦のパリは、すべてのお店はcloseかと思いきや、カフェはわりとあいていて、これなら年末年始の旅行は食べるには事欠かないなって思いました。

オペラ駅に戻ってきて、ホテルまでの道すがらマックに立ち寄りました。マック、日本って本当にいろんな意味でちゃんとしてるなって思う。私が注文を言っている途中から、店員さんは私の後ろの人としゃべりだすし、注文したポテトをフライヤーわきで袋に詰めている時は、詰めている途中から別のことを始めるし、おまけにホテルでいざ食べようって時には、「レッドオニオンベーグルサンド」にもかかわらず、メイン食材のレッドオニオンが1欠片も入っていない!オーノーー!でございます(笑)

仮眠をとって、夜はホテルの前の中華系の麺屋さんへ。毎日ホテルの窓からこのお店を覗いていて、2階席までほぼ満席。化粧もせずに、コートをひっかけての夜ご飯。とっても美味しかったです。

本当は、いくつか市内観光をするはずだったんだけれど、まさかの寝正月。TVでドイツ語吹替え版のタイタニックをみたり。というわけで、写真もなくの旅記録でございます。

*当初の予定*
①ペール・ラシェーズ墓地に行ってバルザックの墓前に花を供える。
 大好きなバルザック…次は必ず会いに行きますから^^ゞ
 他にもヴィクトル・ユゴー、エディット・ピアフ、モジリアニ、ドラクロワ…などそうそうたるメンバーが眠る墓地。あ、ロゼッタストーンの解読者シャンポリオンも眠っています。墓地のHPでは墓地内の地図も参照できるため、バルザックの墓地の場所もしっかりおさえて渡仏したのでありますが…、墓参よりも自らの休息を選んでしまった^^ゞ市内名所がたとえ休刊日でも、墓地は年中無休ですから、日を選ばず日程に組み込める場所としてはお勧めです。次回はぜひとも訪れたい。
 墓地HP ⇒コチラ

②サント・シャペル教会
 フランス随一といわれる圧巻のステンドグラスの数々。元旦のミサとともに訪れられたら…とおもったのですが。これも次回こそは、ぜひ。
counter*
calendar*
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*