オオタナナエ台所教室(H25.2.27)

13-2-27h.jpg

いつもお腹を空かせて行く台所教室。ちょうど夜ご飯の時間帯でお仕事帰りの方も多いから、調理の作業はものすごくスピーディー!今日のあっという間に出来上がりました。


13-2-27i.jpg
Sup Mang Cua(蟹とホワイトアスパラのスープ)

いろんな旨みが凝縮しているとろみが嬉しいスープ。きっとご飯にかけても美味しいはず!カニ缶やアスパラ缶ちゃんと準備して、おもてなしに使いたいスープです。



13-2-27m.jpg
Tom xao bong cai(海老とカリフラワーの炒め物)

セロリもたっぷり入った炒め物。ごはんが進む炒め物。彩りがとってもきれいで、外はまだ寒くても、食卓の上がぱっと華やぎます^^



13-2-27p.jpg
Suon Ram Man(スペアリブの甘辛煮)

こんな短時間で、こんなにしっかりと味がしみ込むものなのね!と、驚きながらむしゃぶりつきました。香りも照りも申し分なし!そしてお肉も柔らかで、手が止まりません。今日はレッスンだから1人の本数が決まっていたけれど、家で盛皿で出されたら争奪戦になるね、きっと。



13-2-27j.jpg

今日も思う存分カメラを向けて、いただきますのあとの食事の時間は和気藹々。
食卓を囲むって、本当に幸せで豊かで平和な時間。ご飯が美味しいと、その豊かさはますます大きくなっていく。台所教室に引きつけられてやまないのは、それをこの上なく実感できるからだと思う。



13-2-27k.jpg

遠慮しながらも遠慮なく(笑)どんどん箸が伸びていきます。



13-2-27n.jpg

それにしても…このスペアリブ、どうしてこんなに美味しいの?とりあえずお皿にとったけれど、ご飯の上にどーんと乗っけて、むしゃぶりつきながら白飯をかきこむ。高校生男子もかくや!といった食べっぷり。3杯ぺろりです。



13-2-27o.jpg
Rau cau Tra sen(蓮茶のゼリー)

高校生男子並みの食欲ですが、食事が終わってデザートの時間になればまたすぐ女子の顔。こってりとした甘辛も、このゼリーで清々しく。いろんな味を味わえる人間の味覚って本当に素晴らしい。人間に生まれてきてよかったな。今日も絶品の数々を教えてくれて、ナナエ先生ありがとう。また来月、いまから楽しみでなりません^^

お茶飲み。

13-2-27.jpg
台湾茶/四季春・大禹嶺

リフレッシュ休暇は3日間。学校はちょうど試験期間中。採点しに学校に行ったりしているので、完全なお休みというわけではなかったのですが、それでも平日午後にお友達とお茶を飲めるなんて滅多にない贅沢な時間です。久しぶりに台湾茶のお道具を出して工夫茶の時間。茶葉は四季春と大禹嶺。大禹嶺のほうは、台湾の九份茶坊で買ってきて大事にとっておいたもの。とてもすっきり爽やかな風味でした。Yさんの手土産のチーズ大福とともに^^甘いものを食べて、お茶を飲む。甘いものを食べて、お茶を飲む。たわいないおしゃべり。美味しい時間。



13-2-27c.jpg
おやつ/スコーン

以前、Mさんに教えてもらって復習していなかったスコーンをようやく焼いてみました。ほろほろと口どけるタイプではなく、手早く少しだけ捏ねて適度にグルテンを出すことでしっとりとした口当たりのスコーン。甘さは控えめ。生クリームにも砂糖は入れず、苺と、チェリーのジャムで頂きました。




13-2-27d.jpg

台湾とフランス、今の私だったらどっちが好きかなーと、台湾茶の茶器とアスティエのお皿を眺めて究極の選択。いまはまだフランスかぶれ継続中なのでフランスかなー。でも、台湾にお茶しに出かけていきたいし、ベトナムにも行ってみたい!今の仕事の状況では、旅行のチャンスは年に1度しかないから、これまた究極の選択。でも、まずはお金を貯めなくちゃはじまらないんですけれどね。

ゆるゆると台湾茶をいれては飲み、いれては飲み。なんてことのないお茶飲みの時間が、今日はなにより貴重なのでした。Yさん、お付き合いありがとう~^^

飯坂温泉。

13-2-24.jpg
福島市「照井」

40才になるともらえるリフレッシュ休暇を使って、久しぶりに福島に行ってきました。数年に一度の大寒波、途中から吹雪で前が見えないときもあったのですけれど、なんとか無事に言って帰ってきました。1時頃に福島市内に入り、まずは「照井」で餃子を。みじん切りの野菜がたっぷりのコチラの餃子。小ぶりなので1人前は11個。食べきれない友達の分ももらって、私は14個食べたかな。



13-2-24a.jpg
味玉らぁ麺

餃子だけじゃ足りないから、メインのらぁ麺も。私はめずらしく醤油味。とろとろの大き目なチャーシュー入り。味噌味だと具は炒め野菜。ラーメンは「味噌>塩>醤油>とんこつ」の順で食べることが多く、酸っぱからい酸辣麺は味噌と同じくらい好き。ラーメンはすっかり国民食ですね^^

「照井」を出ると、吹雪が激しさを増していてちょっと尋常ではない感じになってきたので、他はどこにも立ち寄らず、本日の宿「青葉旅館」へ向かうことに。どこが道路かも分からないくらい真っ白の世界を運転することになったので、とっても緊張しました。宿に到着し、10年ぶりくらいでトランプに興じたあと、女将の勧めもあって、近くの旧堀切邸というところを散策してきました。


13-2-24b.jpg

入館料などはなく、そこにはひな人形やたくさんの吊るし雛が。



13-2-24c.jpg

丁寧に作られたたくさんの吊るし雛。




13-2-24d.jpg

新しいように見えて、実は78年も前につくられた繭玉の雛飾り。



13-2-24e.jpg

お屋敷の中はとてつもなく広い…わけではないけれど、手持ち無沙汰な雪の日にはちょうどいい見学場所でした。



13-2-24f.jpg

雪はただしんしんと降り積もるばかり。
旧堀切邸の敷地内には手湯足湯でくつろげる場所もあって立ち寄ってみましたがとても綺麗な場所でした。大雪でなければじっくり足湯でもしただろうけれど、ちょっと手湯で手を温めて、その後は宿へ。



13-2-24g.jpg
飯坂温泉/青葉旅館

今回泊まった宿は「青葉旅館」。古い良き時代の旅館といったたたずまいで、夕食のお料理は食べきれないほど。ずらりと20ほど並んだ小鉢は、それだけで圧巻!


13-2-24h.jpg

少しずつ…とはいえ、これだけの数が並ぶとお腹がいっぱい。


13-2-24i.jpg

小鉢は前菜、挨拶代わり。お刺身もトロがついていてこのボリューム。天ぷらも揚げたてが運ばれてきて、海老はたいそう大きかったですよ。でも、天ぷらの中で目を引いたのは「干し芋」。もちっとしていて、冷めてもとっても美味しかった!


13-2-24j.jpg

米沢牛の陶板焼きなども美味。おみそ汁とごはんが〆で出てきた頃にはおなかはぱんぱん。そして、翌日の朝食もこんな具合で小鉢がずらりとならび、おなかいっぱい食べさせてくれる旅館でした。大寒波のせいでちょっと寒い思いもしたけれど、女将やお部屋についてくださった方がとても親切だったので、大変寛ぐことができました。

トランプの大富豪、あんなに夢中になってやったのは本当に何十年ぶり??途中、ルールがうろ覚えで端末使って確認したり…くだらないこと沢山しゃべって笑って、いいリフレッシュ休暇でした。楽しかった。どうもありがとう。

秋保温泉/佐勘

13-2-23a.jpg
秋保温泉/佐勘

石巻のお寺での祖母の7回忌の法要のあと、お墓にお参りに行って、その後に秋保温泉へ家族で1泊してきました。石巻と仙台間はまだ仙石線が復旧していないのでバスで。私は嫁のbanriちゃんと2人で車で。途中でドライブスルーによって小腹を満たしながら(笑)久しぶりに泊まる秋保は、どこの宿もにぎわっている様子。ひとっ風呂浴びた後は、心待ちにしていた夜ご飯。




13-2-23b.jpg

子供たちのお膳も大きくって、喜んで食べていました^^




13-2-23d.jpg

乾杯はスパークリングワインで。私はいつもどおりビールを注文しようとしたんだけれど、弟がボトル注文していたので乗っかりました。弟のおごりならじゃんじゃん飲んじゃおうか!と思ったんだけれど、冷静に考えてみると今回の温泉の清算は母がしたはずだから、弟の懐を痛めることはできなかった。。なぜかちょっと悔しい(笑)



13-2-23c.jpg

お椀の中には菜の花とハマグリ。すっかり春だね~なんて言いながらも、今週末は数年ぶりの大寒波到来とのことで、外は極寒。春はまだまだお椀の中だけのようです。



13-2-23e.jpg

スパークリングワインを飲んで、さぁいよいよ今度はビール。飲むぞー!と思っても、お子たちが私をなかなかお膳の前に座らせてくれません。すっかり「大きな遊び相手」として仲良しになったのは嬉しんだけれど、「子供作戦会議」なるものに参加せねばならぬらしく、椅子ごと部屋の壁際に連れて行かれて、「俺がキャプテンで、Cちゃんがサブキャプテンで、□ちゃんは普通の兵隊だからね。で、ミッションはどうする?」と。私の一番のミッションはビールを飲むことなんだけれどーー!と必死の抗議にも、「じゃ、1分だけだからな。」と鬼キャプテンはあまり時間をくれないのでありました(笑)…そして作戦会議は、夜ご飯の後も「押入れ」に場を移して繰り広げられました。




13-2-23f.jpg

翌朝、いつもは決して許されない「布団の中からテレビを見る」というミッションを成功させ、「獣電戦隊キョウリュウジャー」などを鑑賞。5色の戦隊と悪者はいつの世も変わらないけれど、変身アイテムとかに充電バッテリーみたいなのが使われていて、時代の違いを感じました。そして、テレビのあとは朝ごはん。ビュッフェ形式で、美味しいものがいろいろありました。茹でたて揚げたての温野菜、海鮮丼、美味しかったな。



13-2-23g.jpg

こちらは、弟のお皿。36歳になる弟だけれど、皿の上はあまり年をとらないようです。てんこ盛りのご飯に、好きなものだけ!っていう男子の皿。なんだか笑えたので、パシャリ。

祖母の7回忌は、こうして家族の時間を持ついい機会にもなりました。お寺さんでは、6歳の甥と4歳の姪が、お経のふり仮名を上手に読んで、私たちと一緒に声を揃えてお経を4つくらい唱えたでしょうか。初めての読経にもかかわらず、それはそれは見事に唱えていました。お経のあの独特のリズムは、どんな小さな子にもすぐ慣れ親しんでしまう不思議さがあるんだなぁと、気づかされもしたり。「ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてー」この部分は、もうすっかり暗記してしまったみたい。子供の吸収力ってすごいな。あの曾孫の読経が、今回の1番の供養になってるんじゃないかな。弟と嫁のbanriちゃんに、感謝です。仕事の忙しい時期に、本当にありがとう!

小さなバレリーナ。

13-2-22k.jpg

祖母の7回忌に弟夫婦が来てくれました。6歳の甥と4歳の姪。久しぶりに会ったら、会話も大人顔負けでびっくりしました。4歳のCちゃんは、女子力全開の女の子で、お姫さまっぽいのが大好き。というわけで、私がはるか遠い遠い昔に着ていたバレエの衣装を出して、夜に大ファッションショーをしました。ぴったりで可愛い!と、大人たちも騒ぐ騒ぐ^^




13-2-22l.jpg

私の小学校の頃のはさすがに大きいかな?と思って着せてみたけれど、ウエストのリボンで縛ってしまえば何のその!黄色いチュチュ、白いチュチュ、赤いスイスの民族衣装風、黄色の民族衣装風。次々とお着替え。白鳥の湖やシルフィードの衣装はさすがに大きすぎて衣装の中で泳いでいたけれど、本人も私たちもご満悦。
小さいころは、バレエ教室まで祖母に送り迎えしてもらっていたから、おばあちゃんもご満悦かなー。




13-2-22m.jpg

最後は衣装でも何でもない私の小さい頃の服まで(母に)着せられてました。30年前後経つ衣装、こんなに綺麗に取ってあったのは母の仕舞い方が上手だったから。そうだよね、全部オーダーメイドだったしね。大人になった私は頭で電卓をたたいて苦笑いしながら、小さな姪が袖を通す姿をとても不思議な気持ちで眺めていました。

クリスマスローズ。

13-2-22.jpg
花霧居/クリスマスローズ・薔薇

もう2月なのに、花霧居さんでお花を買い求めるのは今年初。車のない時期があったので、ちょっとご無沙汰しておりました。お店にはいつものようにいろんなお花が。シックなお花、可愛らしいお花、もちろん定番のお花も。今日は祖母の7回忌に持っていくお花を求めに行ったのですが、一目でクリスマスローズに魅せられてしまいました。八重のクリスマスローズ。それに白いバラを組み合わせて、ボリュームたっぷりの花束に。庭にさまざまな菫を増やして楽しんでいた祖母に、きっと気に入ってもらえたと思います^^



13-2-22a.jpg

手入れの行き届いた花霧居さんの切り花は、いつも瑞々しくって本当に持ちがいい。今回のお花、きっと実家で母も長く楽しんでくれるんじゃないかな。
次は自分の部屋を飾る花を求めに行かなくちゃ。

そうそう、「花霧居(かむい)」さんのお店の場所を聞かれるのですが、最寄駅は地下鉄「北四番丁」。フォレスト仙台の角を入って行って、みやぎ生協柏木店の斜め前。八百屋さんの左隣です。ひっそりとたたずむ素敵なお店。ちなみに日曜日はお休み。私の大好きなお花屋さんです。

海老フライ。

13-2-17e.jpg
夜)ご飯・みそ汁・海老フライ・揚げ長芋・生野菜

今日の夜ご飯は海老フライ。昨日、北辰で車エビが3尾200円までお安くなっていたので、衣をつけて冷凍しておきました。だから今日は揚げるだけのお手軽夜ご飯。大好きだった揚げ物、一時期は週に何度も揚げていたりしたけれど、最近はだいぶ落ち着いてきて、この海老フライは今年初揚げ物でした。ソースはタルタルではなく、マイユの生マスタードにマヨネーズを合わせたものを。乱切りした長芋も揚げて、だいぶ満足。残り1尾は明日のお弁当用です。
さて、今日は友達のお宅で美味しいものをご馳走になってきました。





12-2-17s.jpg
お昼)広島のステーキ弁当

三越の地下、今は広島の催事をやっているそうで、そこのステーキ弁当。ガーリックバター風味のソースがまろやかなステーキ。牛のしぐれ煮もついていて、ご飯は卵とベーコンでくるまれていて。友達がグリーンサラダもつけてくれて、お腹いっぱいご馳走になりました^^きちんとした黒のお敷に乗せると、また一段とお弁当のきちんと感がでていいですね。今日はいろいろお気遣いありがとうございました^^

あずき頑張ってます^^

13-2-9kk.jpg

「あずちゃん大丈夫?」とたくさんご心配をいただいているので、ちょっと様子を。これは2/9。包帯ぐるぐる巻きだけど、まだ気持ちはしょぼくれていなかった頃。全部で20針近く縫って包帯ぐるぐる巻き。自分で毛づくろいしたりできないのが一番の心労みたい。今は包帯からは解放されて、今日はボールを追いかけたり、玄関からせっせと和室にスリッパ運んだりして明るくなってきました。





13-2-17.jpg

包帯からは解放されたけれど、そのかわりエイマキトカゲのようにカラーを装着されています。「せっかく遊んで疲れて昼寝しようとしてるのに、カメラなんかむけるなよー」と、ちょっと不満げ。でも、目に生気がでてきました。あずきはちょっと勝気なぐらいの態度のほうが、こちらも安心します。
こんな感じで、術後頑張ってますので、ご安心を。

渡り蟹のチゲ。

12-2-16.jpg
夜)ご飯・渡り蟹のチゲ

今日は雪はさほどではなかったけれど、ものすごく冷え込みましたね。今週末の予定のいくつかをずらしていてよかったー。車で5分の美容院にも、道路の凍結にびくつく渋滞のために20分もかかりましたから^^ゞさて、今週1週間はなんだか疲れの残る1週間でした。生徒たちの大学受験の添削あれこれってこともあるけれど、1番の要因は「あずき」。半年前の手術の時もそうだったけれど、包帯ぐるぐる生活が10日を過ぎるとノイローゼ気味になってきて夜は寝ないし、おなかの調子も最悪の状態。そこで、3週間待ったほうがいい抜糸を、なんとか2週間で…と思ったんだけれど、やっぱりちゃんとくっついてはいなくって。でも、包帯ぐるぐる生活は精神的にかなりきついようなので、エリマキトカゲみたいなカラー装着に切り替えてもらいました(傷口を舐めなければいいので、包帯ぐるぐる巻きからは解放~)。距離感がつかめなくて、最初はぶつかって歩いていたけれど、精神的にはだいぶ楽なようで、随分明るくなっています。私も手がかからなくて嬉しい~。それにしても、手術前に2.8㎏だった体重が2.4㎏になっていたから、たった2週間で1割以上も体重減…精神的にたいぶまいっていることがよくわかります。人間でいえば…恐ろしや…。そんなあずきのこともあったので、予定は別日に。美容院帰りの夜のセルバの北辰やお肉屋は寒さで客足もまばらだったせいか、いつもよりもずっとお買得に。明日、明後日の買い物も済ませて気も楽なので、久しぶりにのんびりした夜ふかししようなか。

豚しゃぶ、杏仁豆腐。

13-2-9i.jpg
夜)豚しゃぶ鍋・冷奴

友達が来ての夜ご飯。テーブル中央にホットプレートを出して豚しゃぶに。今日のお野菜は、水菜・大根・人参・ネギ・椎茸・えのき。豚しゃぶの時の大根はピーラーでリボン状にすると火も通りやすく、たくさん食べられるのでいつもこんなひらひらな感じ。タレはゆずポン酢と胡麻ダレを用意しましたが、やっぱりまずはポン酢からかな。



13-2-9h.jpg
杏仁豆腐

最近は食後のデザートも作れるようにって思っているので、今日は杏仁豆腐にしてみました。お友達が美味しい苺を買ってきてくれたので、ちょっと刻んでトッピングに。杏仁豆腐、初めて作ったけれど、簡単でおいしくっていいかも!



12-3-9j.jpg

おしゃべりは尽きなくって、今日もだいぶ老後の話がでたりしました。退職しても好きなことができるように、悔いなく生きたいねって(笑)私のほうが早く始めたご朱印集めも、いつのまにか彼女のほうが詳しくなっていて、神社と仏閣でのご朱印の書き方の違いなどをレクチャーしていただいたりして、話題には事欠きません。



13-2-9k.jpg

最後はおもたせの珈琲味の生チョコで紅茶を飲みながら、またおしゃべり。術後のあずき先輩が従順すぎて変な感じ…お大事に!と、あずきのことも気にかけてくれてありがとう。次の温泉まで、お互いお仕事頑張ろう^^お腹も気持ちも温まる夜でした。






本日の食卓。

13-2-9d.jpg
本日の食卓

今日は仕事帰りに友達がご飯を食べに来てくれることになったので、簡単に食事の準備。メニューは「豚しゃぶ鍋」。友達が来る前に、ちゃかちゃかと器を並べて組み合わせを考えるのひと時はとっても楽しい時間です。お鍋の際、取り分け小鉢とごはん茶碗が似たような感じになるのは避けたいので、こういう場面ではいつもの汁ものの漆器をご飯の器として使ったりします。今日は特に黒のテーブルクロスに全体を合わせたかったので、器も黒っぽいものを。ガラスは何色とも合うので、重宝します^^



13-2-9e.jpg

20代の時と、30代の時と、それぞれ器の好みは違っていて、だいぶ授業料だと思って手放した器もあるけれど、色味の落ち着いているものやガラスの器はいまでもずいぶん使っています。このすりガラスの大皿は20年も前の大学時代に買ったサラダ皿。今はサラダ用ではなく、お鍋の野菜の盛皿として使うことが多いです。スマートなグラスは、ケーキ屋さんで買ったゼリーか何かの器。サイズが使いやすくって、ドレッシングやタレを入れて重宝しています。小さなピッチャーも、大学時代にかったものかな。いろんな思い出を抱え込んだ器。基本的な好みは変わってないのかも…そんなことを思う時間も、楽しい食事の時間の一部。

松飾。

13-2-9.jpg
今年のお松の代わり。

気がつけば2月。
パリの思い出はもうずっと昔のようで、センター入試や高校入試の前期試験も終わり、卒業証書の準備をしたり、大学個別試験の添削をしたり…慌ただしいうちに2月中旬に差し掛かろうとしています。ふと、部屋のチェストを見ると、サンタクロースがまだいたり、松飾の代わりに飾ったものが陽射しの中に鎮座していたり。季節感がごちゃごちゃ。この3連休中に少し住みよい部屋作りを心掛けてみようかな、と思っています。クローゼットの中、棚の中、使いやすいように何ができるかな。ちょっとそんなことを考えて。



13-2-9a.jpg

…でもその前に、まずはチェストの上の季節のものの片づけを。

皆さんも、有意義な3連休を^^


たらこスパゲッティ。

13-2-7.jpg
夜)たらこスパゲッティ

雪が多い今年の冬。いつもより天気予報を確認する回数が増えました。カメラを修理に出していた間に、1月の台所教室があったり、2月の遊牧カフェがあったり。毎日の食事を撮ることはすんなり忘れても、記録に残しておきたいものを撮れないときはやきもきしていました。ちなみに2月の遊牧カフェは、布花コサージュのワークショップでした^^

さて、カメラのなかった期間に、あずきは手術を受けてきました。去年も1度手術をしたのだけれど、乳腺に小さなしこりがちょこちょこできて、綺麗に取ってもらって安心していたら半年後にまたちょこちょこできていて。年齢も今年で10歳。今まで病気と無縁だっただけに、私も注意深く観察してあげないと…と思っています。手術は無事に済んだけれど、全身麻酔の吸入や覚醒の時、呼吸が少しおかしくなったそうで、その後調べていただいたら、心臓に疾患が見つかりました。すぐにどうこうというレベルではないけれど、餌を心臓サポート用に切り替えて、与えるおやつもナトリウム含量の少ないものに気を付けていくことに。術後のあずきに気を使う生活をしていたら、なんだか私も夜型生活から朝型生活になりつつあります。健康は毎日の生活から。食べるもの、生活のリズム。体を作るあれやこれや、飼い主の私も他人ごとではないので、無理せず整えていきたいです。

バニラ風味のサブレ・ディアマン

13-2-4.jpg
おやつ)バニラ風味のサブレ・ディアマン

お久しぶりです。
修理に出していたカメラが昨日無事に戻ってきました。撮影結果がファインダーのイメージと大幅にズレるという致命的な故障…。手振れ補正ユニットの交換で元通りになりましたが、「ズレを予想してずらして撮る」という変な習慣が身についてしまい、普通に撮るという当たり前の動作にぎこちなさを感じております^^ゞ

さて、そんな昨日は珍しくクッキーでも焼こうという気になりました。成人してからは多分家でクッキーなんか焼いたことないんじゃないかな?薄力粉、粉糖、グラニュー糖、バニラ棒、発酵バター、卵。材料は全部ある!と嬉々として台所に行きましたが、「バターを室温に戻しておく」とか、「生地は冷蔵庫で5~6時間休ませる」とか、成形したら「冷凍庫で1時間休ませる」とか、「混ぜたらできる」と思っていた私のやる気をことごとく崩していくような手順の前に呆然としましたが、なんとか投げ出さずに最後までやり切りました(笑)
途中でオーブンを覗いたら、生地が膨らんでいていてびっくり!横にも広がっていてびっくり!膨らむなんて予想だにしていなかったので、あーちょっとくっつかないでよ~と、やきもき。お菓子作りは本当に難しい。


13-2-5.jpg

そんなわけで、予定よりかなり大きな出来上がりのクッキーを頬張っております。ただいまの時刻は朝の5時。変な時間に目が覚めて、家計簿つけたり、台所仕事したり、これまた珍しく朝型のひととき。そして、クッキーだと思っていたお菓子が、サブレだったということに今気づいて、またもやびっくり。


参考にした本/『Cafe Lisette のお菓子』鶴見 昂
二子玉川のカフェ「リゼッタ」の素敵さをそのまま込めたような1冊。目にも美味しい本です。
counter*
calendar*
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*