アンソレイユ ブイヨン・ド・レギュームカレー。

13-3-31.jpg
アンソレイユ/ブイヨン・ド・レギュームカレー

今日は久しぶりに「女子会」。女子だけが集まればもうそれで女子会なんだけれども、私の中で女子会というと、アンジェリコさんとsaitaさんとsatonisikiさんとの会。住まいも仕事もばらばらだから、年に1,2度の会合なんだけれど、いつも楽しい。今日もとっても楽しい会でした^^



13-3-31d.jpg

今回は館のアンソレイユさんで。4月のカレーランチをまだ3月末だけどお目見えしていました。全部野菜!ブイヨンも野菜だけで丁寧にとってあって、付け合せも多彩!そして程よい辛さがたまりません。
こんな素敵なランチをいただきながら、楽しいおしゃべり。みなさんお料理も手仕事もとっても上手で、私のまだ見ぬ世界をたくさんお持ちなので聞いているだけでぽわぁ~んです。手土産も手作りで、アンジェリコさんからはお得意のパウンドケーキ、satonisikiさんからは自家製苺酵母の食パン、saitaさんからはタティングレース付きのオーナメント。…わたくしですか?最近手仕事ゼロ人間なもので、フランス土産で誤魔化してしまいました^^ゞ



13-3-31a.jpg

1年に1度の会合だと、みんなそれぞれ生活に変化があって、近況報告を聞いているだけでも時間が足りないくらい。最近通っている料理教室のこと、健康のこと、家のメンテナンスのこと、今まで行った旅先のこと、飼っている犬のこと。そして震災のこと。震災のことは2年たっていてもまだついこの前のような感じ。それにけっしてあれですべて終わりじゃないっていうことなんかをお互いに感じていて、これからの生活のことなども。



13-3-31b.jpg

それにしても、どこをとってもアートなランチ。そして素晴らしく美味しいランチ。いつもいつもkamataroさんには脱帽です。今日も美味しいランチをありがとうー。

そして、女子会のみなさんもありがとう。私もちょっとずつ努力して、ひたすら追究できるものをこの手にしたいなって思います。では、またの機会に^^

オオタナナエ台所教室(H25.3.27)

DSC07057.jpg

すっかり夜のレッスン参加が常となり、習いに行くというよりは食事に行くという感が否めませんが…、今月も美味しく食べてまいりました。



13-3-27b.jpg

今日は、手羽先餃子なので骨の抜き方を教わって、中に具を詰めたり。




13-3-27k.jpg

トマトのバラや、きゅうりで葉っぱをこしらえたり。



13-3-27g.jpg

とっても簡単でおいしいクッキーがいつの間にか焼きあがって。



13-3-27c.jpg
Canh ga nhoi thit(手羽先餃子)

オーブンで焼いた手羽先餃子は、外側パリッ!中ジューシー!これは誰もが好きな感じ。旨みがぎゅぎゅっと詰まっていて、誰かビールください!と叫んでしまいたくなるほど。



13-3-27e.jpg
Canh cu sen(蓮根のスープ)

蓮の実がごろごろとたくさん入っていて、蓮根や人参、里芋などと一緒に優しく煮込んだスープ。これをジャスミンライスにかけて、汁かけご飯として食べても最高に美味しかったです^^



13-3-27f.jpg
Banh guy tra lai(ジャスミン茶のごまクッキー)

いつも手順が簡単なベトナムスイーツ。ミルで挽いたジャスミン茶と胡麻がたっぷり入っていて、素朴で美味しいクッキー。ナミナミ包丁で四角にカットすると、それだけで素敵女子が焼いた感じになるね。




13-3-27i.jpg

まだちょっと肌寒い3月下旬。今回の手羽先餃子はものすごい勢いで皆さん復習なさっているみたい。手羽先餃子をたっぷり作って、蓮根のスープもたっぷり作って、穏やかな明かりの下で私も友達と復習ご飯しなくっちゃ。今日もおなかいっぱい!ご馳走さまー。

ねぎとろ丼。

13-3-26.jpg

セルバの北辰、たっぷりのネギトロ鮪が200円に。貝割れ、万能ねぎ、大葉をたっぷり刻んで乗せました。マグロかカツオかだったら、私はカツオのほうが断然好き。立派なマグロのお刺身にはあんまり心惹かれません。でも、中落ちやネギトロだと好きかな。今日のネギトロ、美味しかったけれどトロのようにうまみが強くて、最後ちょっと飽きてしまいました。味覚が変わってきている??年のせい??ま、ネギトロでどんぶり飯を2杯かっこんで食べている人が、どの口で言ってるーーって感じですけれど(笑)



13-3-26a.jpg
夜)ネギトロ丼・みそ汁・ポテトサラダ

ポテトサラダは新じゃがとスナップエンドウで。酢が多めでかなりさっぱりした感じに。

さて、最近のあずきですけれど、手術からもうすぐ2か月。もう完全に復活しています。お気に入りのゴムボール「たまごちゃん」をぴーぴー鳴らしながら機嫌よく30分以上室内ボール投げで遊んでいるし、ご飯もあっという間に食べるし、おやつも気ままを言わずによく食べています。あとは私の体が本調子になって、思う存分散歩にでられるようになるとあずきのご機嫌度も上昇するんじゃないかな。整骨院も、4月になったら仕事が忙しくなって週2位しか行けなくなると思うので、今頑張って時間を作って行っているんだけれど、日常生活はだいぶ支障なくできてきているのでご安心くださいね。何はなくても健康が1番!本当につくづくそう思います。

花を。

13-3-25c.jpg
花/薔薇・クリスマスローズ

朝の喧騒が訪れる前の静寂を…より一層感じさせてくれるのは、薔薇の白。




13-3-25d.jpg

陽が差し始めて、窓際においてみる。
きらきらとした光の粒子を受け止めて、薔薇の白は一層その白さを増していく。



…でも昨日は、


13-3-25b.jpg

クリスマスローズは3種類。柔らかなグリーンは、夜の照明によく合っていて、



13-3-25aのコピー

小首をかしげたこの感じが愛おしくて、このあと一輪挿しに移してチェストの上に。
でも朝になって、やっぱり色とりどりが素敵だったな…とまた合わせてみたり。優柔不断な私を、花はどうみているだろう(笑)

今日も花は花霧居さんで。
いつも素敵な花との出会いをありがとうございます。

あさりのトマトパスタ。

13-3-24.jpg
夕)あさりのトマトソーススパゲッティ

日課になってしまった接骨院。行かないと次の日とってもしんどくなりそうで怖くって、今日もちゃんと行ってきました。日用品を買って帰宅して、遅めのブランチでも食べよう~と思ったらいつの間にか寝てしまい、気がついたら夕方!あずきに頭を掘られて起きました。とにかく何か食べなくちゃ…と、買ってきたあさりでトマトパスタ。日本のハーブ大葉のざく切りをたっぷり乗せて。それにしてもなんだか疲れやすい。事故以来、刺繍をする気なんかも微塵も起きず、なんだか横になってだらだらと過ごしてしまう。でも、お腹だけはちゃんと空くので食欲は旺盛。それがとても悔しいー。今は、「夜ご飯を食べようか、よそうか。」それを真剣に悩んでいます。今週も終わっちゃうな。。

水たこの天ぷら。

13-3-23a.jpg
夜)ご飯・みそ汁・水だこの天ぷら・新玉葱と生ハムのマリネ

昨日のセルバの北辰、7時半ころに行ったらとってもお買得になっていました。大きな水だこも700円台が200円に!家で早速天ぷらにして食べました。ぷりっぷりでジューシーでとっても美味しい水だこで大当たり^^



13-3-23_20130324184304.jpg

後は、出回り始めた新玉葱のマリネ。国産レモンと酢、オリーブオイルと塩胡椒、そして生ハムの塩気で味付けです。たっぷり作って、小腹がすいたら冷蔵庫から出して食べるのもよし。新玉葱の季節にはたくさん食べておきたいマリネです。
もうすぐ今年度も終わり。物入れを整理していたら、使っていない保養券と図書券が!保養券のほうは母と叔母にあげて、セルバの帰りに本屋に立ち寄ってあれこれ物色。でも、買わなくちゃという意識と読書欲ってちょっと違うから、なかなか買う本が決まらず。その結果買った本は「宇宙の謎と不思議2013」、トルストイの『光あるうち光の中を歩め』。そして、繰り返し読んでいるJ.オースティンの『高慢と偏見』を光文社の新訳文庫で読み直そうと思って手に取り、その隣にあったウェルズの『タイムマシン』も。それでもまだ買えそうなので、お弁当特集の表紙買いで『天然生活』。決めるまで時間はかかったけれど、本屋で過ごすこういう時間は心地いい。装丁に目がとまったり、よさそう~と思ってページをぱらぱらめくってみてフォントが気に合わず棚に戻しいれたり。いつも必ず手にするんだけれど、20年近くも購入に至らない気になるけどまだ時期じゃないような本もあったり。本を買うって、なんだか見えない糸を手繰り寄せながら自分のしっくりくる感じを探しだすような感じ。クリック1つの便利な仮想書店では、この醍醐味は味わえない。本屋はいつでもリアルでなくっちゃ。

PADRINO DEL SHOZAN

13-3-22m.jpg
教科の送別会/PADRINO DEL SHOZAN

今日は教科の送別会。尊敬してやまない大先輩方が退職されるので、ちょっとしんみりとした送別会。場所は勝山館のイタリアン「PADRINO DEL SHOZAN」で行いました。乾杯はスパークリングの赤で。

退職される先生から順にスピーチをいただき、ちょっと切なくなりました。とても調和のとれた素晴らしく働きやすい職場なのも、大先輩方の向学心や雰囲気や志があればこそ。あと1週間でお別れだなんて、現実味がなくってなんだか変な感じ。今日は美味しいお料理とともに、ふんだんにワインを飲んでいただきたい、そういう思いで選んだお店です。



13-3-22b.jpg
小前菜/マッシュルームのスープ カプチーノ仕立て

金色の大きなお皿までが温めてあって、スープは熱々。ものすごくものすごく美味しい!


13-3-22c.jpg
前菜/新鮮野菜のテッリーナ バジルとサフランのソース

美しく可愛らしく、心躍るテリーヌ。バジルとサフランのソース…それともう一種類…




13-3-22d.jpg
アンチョビのソース

こちらのアンチョビノーソースもついて、3種類のソースが。アンチョビは塩分が程よく、さわやかな酸味が香る美味しいソースでした。



13-3-22e.jpg

おしぼりはほんのりレモングラスの香り。個室を利用したので、他のお客様に気兼ねすることなくいろんなお話ができました。そして今日は思いがけなく、前任校の教え子が勝山館に勤めていて再会することができ、上司の方の計らいもあってか私たちのサービスを担当してくれました。とっても凛々しくててきぱきしていて、素敵に成長していて嬉しかったな^^


13-3-22f.jpg
パスタ/菜の花とコウナゴのペペロンチーノスパゲッティーニ

どんぴしゃりのアルデンテで美味しいね~と口々に。極上のコウナゴの身はふんわりと柔らかく、パスタによく合います。



13-3-22g.jpg
お魚料理/真鯛のソテー 大西ハーブ園の香草入りマントヴァ風ソース

皮目をカリッと焼くのが難しいんだよね、さすがにお店は素晴らしく美味しいね。甘鯛なんか鱗をつけたままソテーして食べてもうまいよね。うちの男の先生たちは料理上手な方もいるので料理の話もあれこれ膨らんでいきます。



13-3-22i.jpg
お口直し/ハイビスカスとローズヒップのグラニータ

ハイビスカスもローズヒップも女子力アップの食材。ほんのり甘酸っぱくてとてもさわやか。



13-3-22h.jpg

赤のスパークリングの後、トスカーナの白ワインを2種類飲みましたが、2つ目に飲んだほうは芳醇な香りと琥珀の輝きでグラスにもよく映えるワインでした。


13-3-22j.jpg
お肉料理/沖縄産あぐー豚のグリル マスタードソース

うまみの濃いあぐー豚のグリル。大事に大事にナイフとフォークで切って、赤ワインとともに美味しくいただきました。どのお料理もワインがよく合って、ワインって本当に美味しいな~と思わせてくれるお料理ばかりでした。


13-3-22k.jpg
デザート/苺のバリエーション

退職される方のプレートには、「スペシャルサンクス」と入れてもらいました。苺の王様「あまおう」と、宮城の農業試験場で開発された「もういっこ」。口どけのいいシャーベツトにミントの泡。華やかなデザートプレートでした。


13-3-22l.jpg
小菓子とお茶

2時間の食事時間はあっという間。スピーチや歓談を邪魔しないようなきめ細かいサービスのおかげで、とても和やかで心に残る送別会となりました。お世話になったかたとのお別れは切ないけれど、退職された後もいろいろとお忙しい方たちばかりなので、第2第3の人生を自らの手でさらに素晴らしいものにしていくんだろうな…と思います。そして私も、大先輩方に少しでも近づけるように頑張らなくては、と思いを新たにいたしました。

でもやっぱり、お別れはつらいな。
本当に大変お世話になりました。どうかどうかお元気で。

焼き野菜カレー。

13-3-22.jpg
夜)焼き野菜カレー・ヨーグルト

玉ねぎとひき肉でカレーを。あとは野菜を焼いて卵を茹でて後のせに。ヨーグルトにはチェリーのジャムを。ジャムは最近もっぱらボンヌママンのチェリーの小瓶ばかり。パリに行ったときの朝食で、バケットにはジャムがいつも小瓶でいくつかついてきました。こんなにビン類使ってもったいない!と最初は抵抗を感じたんだかれど、使ってみると使いやすいし何より使い切りやすい。そして、今まであんまり食べていなかったチェリーにはまって、ちょいちょいカルディなんかで買うようになりました。またパリ行きたいなー。

バナナのデニッシュ。

13-3-20.jpg

散歩の帰りに買った「A DEMAIN(アドゥマン)」のパンでお昼ご飯。
きんぴらとチキンの和風サンド。具だくさんで今日も美味しかったー。サンドは牛乳と一緒に食べて、すぐさま食後のデザートに珈琲を淹れてバナナのデニッシュを。そしてあと2つあるパンとマフィンは整骨院に行ってから食べよう!と、ぐっと我慢(笑)

…それにしても、周囲の人からよく言われるように、大怪我出なかったのは幸いだけれど、身体のけだるさや張り、日によって変わる肩や腰の痛み…これがなかなか抜けないのがしんどい。いったいいつまで続くんだろう…梅雨時期や季節の変わり目なんかに痛み出すようになるのかな?そんなことを考えるとちょっと憂鬱。

久しぶりの散歩。

13-3-20b.jpg

7週間ぶりのお散歩。
あずきは手術で5週間の自宅療養生活だったし、そして2週間前の追突事故のために、ずっと散歩に出かけられませんでした。私はまだ肩や腰が本調子ではないのだけれど、さすがにこれ以上外で遊ばせないのは可哀そうだったので散歩に出かけました。



13-3-20a.jpg

外の世界はまだ真っ茶色で、花壇の花以外は芽吹きそうもない感じがしたけれど、それでも空気は寒さの角がだいぶとれて、過ごしやすくなってきましたね。



13-3-20c.jpg

ちょっと駆け足になってみたり、草むらや立ち木に駆け寄って行ったり、あずきは本当に散歩好き。



13-3-20e.jpg

あずきは7週間のブランクもなんのその。
私のほうが疲れちゃってなかなか以前のペースに戻れない(笑)散歩だけだとモチベーションが保てないので、帰り道にパン屋さんの「A DEMAIN(アドゥマン)」に立ち寄って美味しいパンをあれこれ買って帰りました。今日も美味しそうなパンがたくさんでしたよ^^

3月の食事室~古都と花狩り~

13-3-17.jpg
生麩とドライチェリー、発行豆乳マーガリン焼き

大友みゆきさんの食事室へ。
今日の1皿目は2種類の生麩から。あの生麩の何とも言えない食感、さっと焼いてあってほのかなぬくさ。雪のような稚内産の塩が何ともたまりません。京の雅な産湯に使っていない田舎者ゆえ、トーストくらいの大きさの生麩があればいいのに!と思う私。



13-3-17a.jpg
茹で卵の菜の花米こうじ味噌ソース

冬の寒さが和らぎはじめ、春の訪れが…そんな季節感が感じられる1皿。鶏が卵を産み温め始める春。菜の花の緑が目にも鮮やかな春。季節感を大事にする大友さんは、やっぱり素敵なアーティストです。



13-3-17b.jpg
カシューナッツご飯
北海道産ふのりと白玉麩、たんかんピールの柚子白味噌汁

大友さんのご飯の炊き加減は抜群なのです!いつも有機の美味しいお米を各地から取り寄せられていて、お料理に合ったお米を炊いてくれるのですが、今日も美味しかった!土鍋で炊いていらっしゃるそうだけれど、大友みゆき監修で炊飯器を売り出してほしい。切望します^^



13-3-17c.jpg
手亡豆の稚内産塩まぶしと薄切り干し柿

しょっぱいのと甘いのと。しょっぱいのと甘いのと。交互に食べて至福の時。つぶして丸めた手亡豆は口どけがほろほろで、上品な豆の味が塩とよく合う。貴重な干し柿はよくよく味わって。



13-3-17d.jpg
抹茶豆乳

最後は抹茶豆乳。イソフラボンって口にするとどうしてこう落ち着くんだろう。一緒に出していただいた炒り黒豆をぱりぽりしながら、ほんのり甘い抹茶豆乳を口にする。春はすぐ来てほしいけれど、こういう温かい飲み物を存分に楽しめる冬も手放したくないような。

今日も穏やかで美味しい食事室、大友さんありがとう。

菜の花のパスタ。

13-3-16t.jpg
夜)菜の花のパスタ

メール等でもたくさんご心配いただきまして、ありがとうございます。とりあえず、日常生活は行えているのでご安心くださいね。今あんまりできていないことは、あずきの散歩と夜更かし。金曜日の夜は所属学年の分散会で温泉に行ったのですけれど、久しぶりの長湯に血行が良くなり過ぎたせいか疲れてしまい、夜ご飯のあとは9時に布団でばたんきゅーでした。他のみんなは夜1時半近くまで大いに飲んで大いに語らっていたようで、そういう時間を共有できないことがとっても残念でしかたがないです。今日の夜ご飯はお手軽パスタ。菜の花と蕪と水菜をニンニクとアンチョビで。おいしいおやつの後に仮眠をとって、夜ご飯のパスタの後にまたすぐ寝て、寝返りうってアイタタタ…で起きてしまいました。今の時間は朝の4時半。もう一回頑張って寝なくっちゃ。

A DEMAIN(アドゥマン).

13-3-16d.jpg
A DEMAIN(仙台市泉中央)

お昼に整骨院に行って、トリミング後のあずきを迎えに行った後、ちょっと甘いものが食べたくなってパン屋さんへ。泉中央、七北田公園の駐車場近くにある「A demain」。ハード系から甘いデニッシュやタルトまで幅広く作っていて、とってもお洒落。ここは、この前のドネーションパーティーに来てくれたパティシエHさんがお勤めしているお店なので、またお会いできてとっても嬉しかったです^^




13-3-16e.jpg

食事系のパンも美味しそうだけれど、




13-3-16f.jpg

今日は甘いものが食べたかったので、おやつになりそうなものをいくつか。でも、バケットもこだわって作っているとのことなので、バケットも1本買いました。ちなみにバケットは180円ととってもお買い得!



13-6-16c.jpg

お店は青い外観。お客さんが途切れずに入っていました。テーブルもあるので、ちょっと休憩するにもいいお店です。




13-3-16.jpg

そして買い物を終えて帰宅後、珈琲を淹れておやつの時間。甘すぎずついつい食べ過ぎてしまいそうな美味しさだけれど、大きさもちょうどいいので2個ぺろりです。美味しかった!ごちそうさま☆

夜ご飯。

13-3-14.jpg
夜)すき焼き卵とじうどん

お久しぶりです。
きらきらしたドネーションパーティーがもうずっと昔のよう。
……実は先週、帰宅途中に後ろから追突されました。骨折等の大きなけがはありませんが、今は肩や腰が痛くて毎日整骨院通い。車はまだ1か月の新車…悔しくて悔しくて。私は停止中だったので私の責任は0なのですが、その分、あちらの保険屋さんと直接交渉しなければならず…それもものすごく負担で、先週は特に暗く過ごしておりました。ご飯の記録もほったらかしだったので、ようやくPCを開く気になった今日、ちょっとまとめて載せておきます。

今日は帰宅も8時近くだったので、昨日の「すき焼き風煮」を卵でとじて茹でたてのうどんに乗っけて簡単夜ご飯。



13-3-13.jpg
3/13(水)すき焼き風丼・もずくスープ・茹でブロッコリー

身体が疲労しているからなのか?いつもに増してお肉が食べたくて仕方がありません。でも、そんなに肉ばかり食べてもいられないので、白滝や椎茸たっぷり入れてお肉を食べた気になる作戦(笑)




13-3-12.jpg
3/12(火)ご飯・コーンスープ・ポークソテー・蕪と椎茸のグリル

1週間ぶりにちゃんと自炊再開。今朝からやたらお肉が食べたい!



13-3-11a.jpg
3/11(月)お好み焼き

さすがに3食買い食いも飽きてしまい、超シンプルなお好み焼きを焼いて食べました。



13-3-4.jpg
3/4(月)ご飯・クラムチャウダー・ありものサラダ

追突される前のご飯。シチューも好きだけれど、ここ数年はクラムチャウダー率が高いです。


13-3-3.jpg
3/3(日)ご飯・みそ汁・竹輪の煮物・ほうれん草の胡麻和え

竹輪を煮物に入れるってたぶん初めて。雑誌で見かけ作ってみたくなりました。


いつも以上に簡単ご飯ばかりになりますが、身体の様子見ながら台所に立っていきたいと思っています。仕事も頑張ります^^ゞ

遊牧カフェ  ドネーションパーティー。

13-3-2s.jpg


月に1回のペースで山元町の仮設住宅にお茶&手仕事WSのボランティアを行う「遊牧カフェ」。震災から間もなく2年になりますが、今後もこの活動を継続するかどうか、メンバーでずいぶん話し合いを行いました。その結果は、活動継続!仮設住宅から家を新築するなどして新たな人生設計に踏み出す方々がいる一方で、仮設住宅以降の将来図が描けない方が多くいることも事実。そんな時期だからこそ、まだまだ私たちが行えることはあるんじゃないかということに。現在の主要メンバーは6人。他にもさまざまな形でいろんな方にご協力いただいて活動している遊牧カフェ。でも、やっぱり活動のためには資金が必要でして…。そこで、台所教室にて「ドネーションパーティー(寄付金集めの宴)」を開催しいたしました。お集まりいただいた皆様、本当にありがとうございました。

パーティーは会費で1000円をご寄附いただいて、そして1品持ち寄り!というスタイル。台所教室のテーブルの上はそれはそれは豪華!もちろん、遊牧メンバーも1000円+1品で参加です^^



13-3-2.jpg

私は前日が卒業式、その後は飲み会できっとたらふく飲んじゃうんだろうなーと自分のことをよくわかっているので、卒業式の日に早起きして、ベイクドチーズケーキを焼きました。でも、自分じゃ綺麗にカットできないもんだから、この後のカットはパティシエのHさんにお願いして切ってもらって大助かり!(切るところを間近で見せていただいて、大変ためになりました。ありがとうございました^^)


じゃ、私のへなちょこチーズケーキはおいといて、他にどんな素晴らしいお料理が並んだか、ご紹介しますね♪


13-3-2a.jpg
アーティチョークを使ったゴルゴンゾーラベースと、南瓜ベースのディップ。


13-3-2q.jpg
手前は雛祭を意識されての押し寿司。
奥は沖縄のフーチバージューシー(ヨモギと豚の炊き込みご飯)を春菊バージョンで。



13-3-2i.jpg
プチーシュー。苺、抹茶、チョコ、全部お味が違うんです!



13-3-2o.jpg
クスクスのサラダ。チョコレートケーキ。





13-3-2w.jpg
ナナエ先生の茄子のラザニア。左奥の豆のサラダ。




13-3-2p.jpg
茄子のこの焼けた感じがたまりません。




13-3-2f.jpg
アーティチョークとタンドリーチキン入りの彩りサラダ。




13-3-2m.jpg
大きなお鍋でお持ちいただいた、手羽と大根と卵の煮物。




13-3-2j.jpg
バナナのタルト。



13-3-2k.jpg
こちらも焼き立て。ナナエ先生のミートローフ。




13-3-2l.jpg
あ、なんか生まれそう~!と、フォークで押してみたり^^




13-3-2n.jpg
奥は卵と海老の炒め物。




13-3-2g.jpg
お大根の煮物。



13-3-2x.jpg
人参のサラダ2種。




13-3-2h.jpg
クッキーとクラッカー。四角いクラッカーは酒粕入り。




13-3-2u.jpg
手前の自家製パン2種。奥の太巻き。



13-3-2y.jpg
ケーキとヨーグルトとブルーベリージャムのタワー。



13-3-2r.jpg
贅沢にもボウルにたっぷりのイチゴは、テーブル中央で目を引く存在。



13-3-2z.jpg
綺麗にラッピングされてお持ちくださったり。こういう心遣い、素敵ですね。



まだまだお料理はあったんですけれど、すべて撮りきれていないと思います。後からおいでいただいた方のも撮り忘れてしまいまして、申し訳ないです(泣)ケークサレ、パイナップル入りのさわやかな栗きんとん、チリコンカン、豆腐と鶏と豆苗のサラダ、甘酒、ハーブコーディアル…まだまだお料理やお飲物はありました。1人1品、25名近い参加者でしたので、テーブルの上はもうそれはそれは豪華。
テーブルの上にお料理をずらりと並べ、ナナエ先生のご挨拶やメンバー紹介などがあって、いよいよ乾杯です。



13-3-2e.jpg
イランのノンアルコールビール

乾杯には、こちらも提供していただいたイランのビールがふるまわれました。いろんなフレーバーの味があって面白い。(イランでは宗教上の理由からアルコールがNGなので、こういうノンアルビールが豊富なんだとか。)




13-3-2t.jpg

あとは、それぞれお皿に料理を取り分けて歓談。
その後、参加された方の自己紹介やちょっとしたプレゼントの抽選会があったりして、ゆったりと和やかに和気藹々と時間は過ぎていきます。お料理もたくさんの種類があったので、全種類制覇するのも楽しい一苦労だったのではないでしょうか?また、活動資金の一助として、商品の販売もありました。



13-3-2b.jpg
パティシエHさんの絶品メレンゲ菓子。口の中でしゅわしゅわ~と溶けてなくなってしまう軽やかさと美味しさ。こちらは200円という破格値。あっという間になくなってしまいましたね。Hさん、ありがとう!



13-3-2c.jpg
「私たちのアーティチョーク」という素敵なリトルプレスを以前ご紹介しましたが、そちらもYさんが販売してくださいました。パーティーでの持ち寄り品には本の中のレシピで作ったディップを実際作ってきてくれたり…と、何から何まで気を配ってお料理されているYさん、いつも思うけれど素敵すぎ。



13-3-2d.jpg
広島のほうからご提供いただいたアクセサリー。さっそく身につ着けてくださった方もいて、とってもお似合いでした^^

そうそう、われらがメンバーのOちゃんのアーティスティック水引飾りも大人気でした。ぜひ皆さん、お使いくださいね。それから、ナナエ先生の恩師のS先生お手製のマットやティーコゼなども皆さんお気に入りを見つけてお持ち帰りになられていました。


13-3-2xx.jpg

とっても楽しかった2時間半。食べきれないほどのお料理は、皆さん群がってお持ち帰り用に取り分けて完売御礼。お一人おひとりに感謝の気持ちを伝えきれないまま終了してしまいまして、申し訳ないくらいです。私も、美味しいお料理がたらふく食べられて、おしゃべりに興じられて、とっても楽しかったです。どうもありがとうございました。

いろんな方のご協力に支えられての遊牧カフェ。いつまで続けるかは今は脇に置いておいて、自分たちが求められていると感じているうちは、精一杯活動していこうと思います。でも、私たちの活動は、いろんな方の支えなくしては成り立たないので、また機会がありましたら、ぜひご協力ください。

本当に、ありがとうございました。


こちらにの記事もどうぞ。

     オオタナナエ台所教室 ⇒コチラ☆ 

      デリCube.5+1  ⇒コチラ☆

卒業式。

13-3-1.jpg

今日は卒業式。
1年前は担任として卒業生を送り出し、今年は副担任としてクラスの生徒を見届けました。まだまだ国公立入試の結果の出ない中での卒業で、進路が定まっていない生徒も多いけれど、このハレの日を迎えた顔は本当にきらきらと輝いていて格別の顔。でも、高校は卒業しても、人間として成熟していくのはきっとこれから。これまでのような多くを与えられる中での成長ではなく、自らの見識で自らを磨いていかなければならなくなる。でもそれは、実はとても楽しいことで、それこそが本当の学びなのだということを知ってほしいと思います。

それぞれが手にした花束のように、それぞれが美しい花を咲かせますように。
卒業、おめでとう。
counter*
calendar*
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*