チルドラムのステーキ。

13-5-31.jpg
夜)ご飯・スープ・チルドラムステーキ・付け合せ野菜

買い物で久しぶりに立ち寄った明治屋。立ち寄った時にはチルドラムを買うことが多いです。ラムが苦手な方も多いけれど、新鮮な仔羊の肉は柔らかく、ビタミンも多いし、加熱時間が長くてもお肉がかたくならないので調理はとても簡単なような気がします。パプリカも一緒にグリルで焼いて。たまに食べたくなる、チルドラム。

豚肉のグリル。

13-5-28.jpg
夜)ご飯・ラタトゥユ・豚肉のグリル

西日本のほうから徐々に梅雨入り宣言が出されていますが、東北はいつごろになるでしょうか。今日は午後から強い風が吹いていて、巻き上げられた校庭の砂のせいで職員室からの眺めはだいぶ不良。安定したお天気が今年はなかなか望めません。天候不良のせいではないのだろうけれど、最近料理を作る気力がなかなか湧かず、かなりなナマケモノになっていました。でも、週末にMさんのところで見せてもらった料理本が美味しそうで、私もさっそく購入し、日曜日の友達とのご飯とに引き続いて今日も本に掲載されている一品を作ってみました。



13-5-28a.jpg
豚肉のグリル/『LIFEのかんたんイタリアン』相場正一郎

そして登場回数が少なかった我が家のグリルパンを引っ張り出して作ったのが「豚肉のグリル」。手軽で作りやすそうなことはもちろん、スタイリングも素敵で真似したくなる感じ。(もちろん思いっきり本のままのスタイリングです)白いんげんも使ってあるし!(笑)簡単で美味しかったです^^これにあとは冷蔵庫のありもの野菜でラタトゥユを作っておしまい。本を見ながら料理するって最近なかったから、ちょっとやる気が出てきました。こういう気持ち、持続させられればいいんだけれどー。

イタリアご飯。

13-5-26g.jpg
夜)茄子とズッキーニのピザ・イカ焼きのパプリカソース・蒸し野菜

今日は友達と3人での夜ご飯。
友達も私も野菜不足になりがちな食生活なので、野菜大目を心掛けています。蒸し野菜は小蕪といんげんとキャベツ。あ、冷やしトマト出し忘れたーー!と、ちょっと今気づいちゃいました^^ゞ



13-5-26.jpg

昨日、Mさんからイタリアンの本を借りたのだけれど、載っている料理はどれも美味しそうで、その中からさっそくピザとイカ焼きを作ってみることに。ピザは茄子とズッキーニをグリルパンで焼いてから、モッツァレラとともに生地に乗せて焼いて、最後にイタリアンパセリを。動物性蛋白質がなくっても、満足できるピザでした。



13-6-26a.jpg

今日は生協で、ゲソとエんペラの付いた身の上のほうだけがたくさん入ったパックが売っていて、お値段はなんと158円と超お買い得!なんでこんなにお安いの?鮮度がいまひとつなの?と思って隣を見ると、肉厚の身の部分はお刺身イカになって売っておりました。ということはこのパックの鮮度は抜群なはず!と、手に取って帰宅。借りた本の中にイカのグリルが載っていて、それも作ってみることに。イタリアンだからオリーブオイルをしっかり使ったメニューでしたが、次作るときは油分半分でもいいかな。でも、簡単で美味しそうな料理ばかりだし、最近はまっている「白いんげん」を使ったものもいくつかあったので、私も同じ本を買ってみようっと。


チョコレートケーキ。

13-5-25.jpg
チョコレートケーキ

今週は寒暖の差が激しすぎて、私の周りでも体調を崩しがちな人がちらほら。タイツを履いて冬の格好をしたかと思えば、翌日は半袖ワンピース。身体もむくみがとれなくて、今一つすっきりしない。いつもにもましてバタバタしていたら、あっという間に週末が来てしまいました。そんなバタバタな一週間も、Mさんのお宅でのお茶のひとときで大変癒されます。夕食までご馳走になって、ケーキまでご馳走になって、珈琲も淹れてもらって。今日のケーキはチョコレート。簡単な子供のおやつ程度でごめんね~とおっしゃるけれど、生地もクリームも苺も丁寧に手がかけられていて、とっても美味しい。そして人に淹れてもらう珈琲の美味しいこと!そしていつものように台所収納を見せてもらったり、家計簿の話をしたりしていい刺激をいっぱいいただいて帰ってきました。そしてそして、Mさんちから帰ってくると、きまって掃除をしたくなる。美しい部屋は、そこに住まう人の心掛け次第。心掛けの素、どこかに売ってないかなぁ^^ゞ

サーモンソテー。

13-5-20.jpg
夜)くるみパン・サーモンソテーを刻み野菜のドレッシングで

前日のナディハウスの持ち帰りパンがあったので、おかずはサーモンを塩胡椒してバターソテーにし、酸味のきいた刻み野菜のドレッシングをかけてという簡単なもの。スープぐらいつければよかったな、、と思ったけれど、最近あんまり料理しようって気にならず、手抜きし放題。あ、でも、最近常備の白いんげん豆は合わせてます^^





13-5-20b.jpg

パンはアルミで包んでオーブンで軽く温めてからカット。ナディハウスで作ってきたパンは、翌日温めなおしても十分すぎるほど美味しいんです。この美味しさの感動が続いているうちに、復習パンを焼けばいいんだけれどもーー。なかなかそうはいかず。でもパン・オ・セーグル・ノアは必ず焼きたいな。ブリオッシュはハイカロリーすぎて怖いけれども(笑)

ナディハウス ルヴァン課 part 1-3

13-5-19a_20130520212826.jpg


今日はナディハウスの日。
習いに行っているのか食べに通っているのか不勉強で恐縮してしまうくらいなのですが、今日も楽しく充実したレッスンでした。教えていただいたのはブリオッシュとパン・オ・セーグル・ノア(胡桃入りのライ麦パン)です。パン・オ・セーグル・ノアのほうは発酵種を使って。前もって発酵種を作っておくと、時間に余裕なく生活している私なんかは焼きやすいなって思います^^



13-5-19.jpg

ブリオッシュは、卵もバターも粉に対して50%も入れるという超リッチな配合。これだけいれると扱いも原価も大変!(笑)



13-5-19d.jpg
オリーブオイルとバルサミコ酢のポテトサラダ

本日の先生のお惣菜はこちら♪バルサミコと粒マスタードの按配がとっても美味しい!レタス、チーズ、プチトマト、燻製卵、生ハム。辛口のスパークリングワインとの相性ももちろんばっちり。でもワイン以上に合うのが…



13-5-19b.jpg
ブリオッシュ・ア・テート

このままでも十分美味しいブリオッシュだけれど、ブリオッシュをちぎって、生ハムや燻製卵やチーズなんかと一緒にレタスでくるんで食べると、もう絶品!!こんな組み合わせがあるんだなんて。嬉しい発見です^^



13-5-19e.jpg

こちらも忘れてはおりません。成形して、二次発酵させたら、粉をふってクープを入れて…



13-5-19c.jpg
パン・オ・セーグル・ノア

くるみとライ麦が香るパン・オ・セーグル・ノアの焼き上がり。イーストも発酵種で作ると、しっとりとして粉の香り豊かなパンになります。

今日も大変おいしく、そしておしゃべりも尽きることなく楽しいレッスン。知的好奇心をいつも刺激されながらパンを習い、そのパンに合うお惣菜を教えてもらって、ワインとチーズでおなか一杯いただく。これ以上ないほど極上で至福の時間。先生、いつもいつも本当にありがとうございます^^

ミネストローネ

13-5-18.jpg
夜)ミネストローネ

最近、好んでよく食べる食材「白いんげん豆」。豆は戻す手間が面倒で、ほとんど使わない食材の1つだったのだけれど、ちょっと克服してみようかと思いまして。出かける前に水に漬けておいて、帰宅してから20分程度茹でるだけ。なんてことのないこの作業、40才になってようやくできるようになりました。スープに入れたり、サラダに入れたり。豆をちょちょっと入れただけで、健康志向な人になった気がしてなんだか嬉しい。どうして今まで豆を避けてたんだろう。物ぐさな性格なので、他にもきっといろいろやり損ねていることがたくさんありそうです。

舞茸おろし蕎麦。

13-5-10.jpg
夜)舞茸おろし蕎麦

美味しそうな舞茸をたっぷり買ったので、簡単に炒めてお蕎麦とともに。お蕎麦はきりりと冷やして、つゆも冷やして、でも、舞茸はちょっとぬくい感じ。それを合わせて食べるのが美味しい。最近、暴飲暴食が続いていたので、さっぱりした食事でほっと一息…といったところかな。

遊牧カフェ打ち合わせ会+α

13-5-11.jpg

Happy Birthday to you.Happy Birthday to you.
Happy Birthday dear deri-sama.Happy Birthday to you~♪

今日は遊牧カフェの打ち合わせ会。折しもメンバーのお誕生日と重なっていたので、ナナエ先生がタルトを用意してくれたり、蝋燭を吹き消したり、ささやかなプレゼントを渡したり…と、+αな打ち合わせ会。Yさん、おめでとう~!

プレゼントはみんなそれぞれ思い思いの品を。でもみんなおかしいぐらいに共通点が。お料理上手なYさんだから、美味しいお料理を取り分ける「取り箸」。美味しいお料理をおすそ分けする「おすそ分けバック」。美味しいパンを焼いてもらうための「丸籠」。おすそ分けはいつかなーー。みんなで海老鯛を狙っています^^


13-5-11a.jpg

あ、もちろん打ち合わせも念入りに行いました。もちろん、ナナエ先生のご飯食べながら^^
ベトナムのおかず。フランスのおかず。ワンプレートに盛り付けて、わいわいがやがや。来月の遊牧は手拭いで作る「あずま袋」を縫うワークショップをすることに決定!


13-5-11k.jpg

夢中になって食べておしゃべりして、そして打ち合わせも念入りに。でも、すぐ脱線していろんな話が飛び交っちゃう。今日もおなかがちぎれるくらい笑いました。



13-5-11b.jpg

こちらはYさんの焼いてきてくれたパン。こういうあしらい方がとっても素敵でお上手!クリームチーズが中に入っていて、食べごたえも十分^^


さ、あとはあずま袋を自分でも試作してみないとな~と思ってます。真面目優等生なナナエ先生は1枚バージョンと、2枚合わせてリバーシブルバージョンと、2パターンも試作済み。最近ぱったりと針を持たなくなったので、リハビリ代わりに縫ってみなくちゃ。個人的にも、夏の籠バックシーズン前にシンプルなさらしやリネンなんかでも縫ってみたいなって思ってます。

隠れ旁

13-5-6.jpg
鉄板焼き「隠れ旁」

GW最終日は、母と叔母を伴ってランチ。1週早い母の日(そして叔母の日)のランチです。以前は洋服やアクセサリーをプレゼントしていたけれど、最近はもっぱら食事をご馳走することが多いです。今回のお店は、思いがけず通うことになった接骨院で読んだ雑誌で見つけたところ。今はなき仙台プラザホテルの鉄板焼きのスタッフが始めたお店ということで、お料理もサービスも美味しくいただくことができました。



13-5-6a.jpg

注文したのは「隠れ旁ランチ」。前菜も綺麗に盛り付けられていて美味しかったけれど、やっぱりなんといってもお肉の焼き加減が絶妙でした。目の前で手際よく調理して、何事もなかったかのように鉄板をピカピカにして片づけて、、そんなシェフの動きもご馳走です。
母にも叔母にも満足してもらえてよかったー。日頃の感謝を存分に込めて。いつもいつもありがとう!

あずき。

13-5-5.jpg

年に1度のフィラリア検査。この日はバウアイズでトリミングをしてもらってから、かかりつけの病院に。診察までは緊張で微動だにしないあずきですが、終わってしまえばにこにこ。下から生えている茶色い尻尾は、一緒に検査にやってきた幼友達ののんちのしっぽ。



13-5-5c.jpg

もうすぐ2匹とも10歳。一見幼顔だけれど、あずきものんちも白いものがだいぶ目立ってきました。でも、おやつを前になかなかマテができず、待ちきれずにはしゃぐ姿はぜんぜん成長のあとなしなんですけれどね(笑)



13-5-5a.jpg

仲良しの幼友達がいて、かかりつけ医にも恵まれて、あずきにとっては実家にあたるバウアイズもいつ行っても居心地がよくって、みんなのおかげで来月は無事に10歳を迎えられそうです。みなさん、いつも本当にありがとう。

天童。

13-5-4f.jpg

山寺の50年に1度の御開帳、この機をのがさずに行ってこよう!ということで、友達と山寺へ。でも、車で行ったのが大きな間違いで、ツアーバスや県外ナンバーのたくさんの乗用車で9時半にはすでに4キロの渋滞。渋滞にはまってからは、一向に進む気配なく…。ちょっと様子見ようか、ということで渋滞の列から外れて腰掛庵にお茶しに行くことに。


13-5-4.jpg
腰掛庵の苺わらび餅

でも、さすが腰掛庵。開店直後というのにすでに1時間半以上待つというので、お持ち帰り用のわらび餅を買って、車で食べました。写真のは季節限定の苺のわらび餅。皮がこれ以上ないというくらいにぷるっぷるで美味しくって美味しくって!人生のわらび餅ランキングで断トツ1位です。



13-5-4a.jpg
水車生そばの「鳥中華」

信心深さよりも食への思いが強いので、お昼前ではあったけれど天童市内のお蕎麦屋さんへ。お蕎麦屋さんだけれど、こちらの名物は鳥中華。広い店内にはすでにたくさんのお客さんで賑わっていて、蕎麦よりも鳥中華を食べている人が断然多い!あっさりしているけど食べごたえがあって、普段食べたい中華そば。人気なのもわかる気がします^^



13-5-4b.jpg

お腹も膨れたしちょっと休憩しようかっていうことで、天童市内にある足湯スポットで小休止。本当なら、山寺に登った後の足の疲れを癒すはずでしたが。さほど熱くはない足湯にのんびり15分以上はつかっていたかな。他のお客さんもいなかったので、くだらないおしゃべりで大いに盛り上がってのんびりゆったり。手湯のほうはちょっと湯が熱めで、これまた気持ちがいい。無料の足湯スポットはお勧めです^^



13-5-4m.jpg

そしていよいよ山寺へ!と思ったのですけれど、渋滞はさらに長く遅々として進まぬようなので今回は断念。行くなら電車で行こうということになって潔く諦めました。でもまだ時間はたっぷりあるので、縁切り寺の山寺と対照的な縁結びの若松寺へ。(ここのご朱印を書いてくださる方はとても年季の入った方なので、味わいのある字を書いてくださいますよ。)



13-5-4d.jpg

若松寺に置いてあったノートに書いてあったのだけれど、山寺でよくない縁を切ってもらってから、若松寺でいい縁を結んでもらうのいいのだとか。山寺に行きそびれた私値はここでも苦笑い^^ゞ



13-5-4e.jpg

当初の目的は達成できなかったけれど、若松寺のひいやりと冷たい山の空気に癒されて、のんびりとした休日を過ごして帰ってきました。このあとは、市内でクレープ食べたり、仙台に戻ってきてからパスタやパイでビールを飲んだり。なんだか1日中食べてばっかりな感じだけれど、これもGWの醍醐味!ということで。ロザ様、cumiちゃん、いろいろありがとうね。

GWの昼と夜。

13-5-2.jpg

いつもは部活で結局は学校に行っていたGWでしたが、今年は部活がなかったので完全オフ!ということで、5/2はMさんとフレンチのmiuraへランチに。ここのサラダがとても美味しくて、ボウルで山盛り食べたいよねって熱く語ってしまいます。miuraの味に近づけるわけはないけれど、ドレッシングを手作りしてあれこれ情報交換している私たち。シンプルな美味しさは難しいものですね。さて、この日のランチはサラダ、グリーンピースのポタージュ、時鮭のポワレ、デザート、珈琲でした。苺のタルトはタルト生地だけが最後にざっくり添えられていて、前もって生地を焼いておいて冷凍ストックとかしていたら、おもてなしに便利だね~なんて話に。私の場合は話だけで終わるけど、Mさんにはぜひともやってほしいな。…というか、焼いて私の冷蔵庫にストックしてほしい(笑)



13-5-2a.jpg

夜は同僚方とKスタで楽天vs日ハムを観戦。楽天打線から快音はちぃーーとも聞こえず、寒い中ひたすらビールを飲んで己の士気を高めてました。


13-5-2b.jpg

日ハムはいっぱい打って、いっぱい点をとっていたから、応援団もずっと応援しっぱなし。私たちはすることないから、やっぱりひたすらビール。結局負け試合に終わってしまい、満たされぬ思いを、東口でラーメン替え玉までして胃を満たすことで帰ってきました。試合は負けちゃったけれど、同僚との楽天観戦はいつも楽しくおなかもいっぱいで帰ってくるので楽しい時間。次はいつかなー?
counter*
calendar*
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
category*
archive*
comment*
search*
rink*