羊毛CAFE/クリスマスのオーナメント

13-11-29.jpg
Bloom/羊毛カフェ クリスマスオーナメント

1、2年に1度、うまく休みがとれそうな時期とタイミングが合えばいいな…と心待ちにしているワークショップがあります。それはblommのikumiさんの羊毛カフェ。今回はクリスマスシーズンを演出するにふさわしい羊毛で作るオーナメントを教えていただきました。




13-11-29a.jpg

一歩足を踏み入れたその時から、ため息しか出てこないお教室。チェコのミュシャ一色の市民会館と同じかそれ以上に興奮したかもしれません。テーブルの上には今日つかう材料がすでにセッティングされていて。カメラで切りとった部分以外にも、準備してくださったものがたくさんあって、まだレッスン始まっていないのに十分な満足感^^羊毛で作るオーナメントと、ハニカムシートで作るハニカムボールを教えていただいて。自宅で復習する分もあるから、1人でも作れるように頑張ろうっと。

そして、レッスン終了後には、これまた大興奮のお茶の時間!




13-11-29b.jpg

クリスマスを意識したテーブルセッティング。どこぞの王宮ではないですよーー!




13-11-29c.jpg

出されたランチは、これまたikumiさんのセンスがたくさん詰まった素敵プレート!




13-11-29k.jpg

縦に撮っても、横に撮っても、どうとっても絵になってしまう(笑)





13-11-29d.jpg

とくにこの卵のキャンドル、もちろんikumiさん手作りなんだけれど、一人一人のイニシャルを施すあたりの心配りはいつもながら脱帽です。




13-11-29e.jpg

食後の珈琲を頂きながら、おしゃべりにも花が咲き。




13-11-29j.jpg

最後は、ランチの演出に使った緑や卵キャンドルまでお持ち帰りさせていただいて、うっとりとした夢のような時間は終わったのでありました。

細部にまでこだわって丁寧に準備してくださったikumiさん、本当にどうもありがとう。とっても楽しかったです。

ヒレカツ。

13-11-29x.jpg
夜)ご飯・なめこ汁・ヒレカツ・生野菜

学校は定期考査中。
定期考査の期間は授業がないので、休みをとってかかりつけの病院に検診に行ったりしています。今日は午後の検診の前にどうしても行きたいところがあったのでそちらを満喫し、そのあと検診に行って、夜は友達とご飯を食べました。メインはヒレカツ!1週間前から揚げ物が食べたくて食べたくて、キャベツもたくさん刻んで、ヒレカツ2人分で400g揚げました。余るかな?と思ったけれど、おかわりしながらあっという間にペロリ。




13-11-29y.jpg

友達が10分かけてすり鉢ですってくれた胡麻をソースにたっぷり入れて。レモンもきゅっと絞って。幾つになってもまだまだお肉が食べたくなる。たくさん食べたくて仕方がない時もある。「もうあんまりお肉たべられないな」なんて時が来るのかなー。別の友達は「最近は、お肉より魚派になってきた」って言っていたけれど、お肉も魚もいつまでも美味しく食べ続けていきたい。そんな話をしながら食べた夜ご飯でした。

ニットカフェ@アンソレイユ

13-11-26g.jpg
もち豚焼売

修理に出していたカメラも戻ってきて、定期考査の試験問題も作り終って、ちょっと一息。アンソレイユさんで夜にニットカフェ(不定期)が始まり、仕事帰りに行ってきました。今回が第2回目です^^



13-11-26k.jpg

アンソレイユ特製カレー夜バージョン

「ニットカフェ」だけれど、ゆるゆると手仕事しながらそれぞれ寛ぎましょう~という感じなので、私は編み物ではなくて刺繍を持参。すっかり日も沈んで夜を迎えた中で目にするアンソレイユは、なんだかとても暖かな光に満ちていて、いつもとまた違った期待感。そして昼間の営業とはまたちょっと違ったドリンクやフード類も楽しみ。平日の夜にこんなお楽しみを用意してくれるなんて、miyukiさんkamataroさんありがとう~。



13-11-26l.jpg


もち豚の焼売やあんそれカレーを頂きながら、家とは違った手仕事の時間。とてもとても心地よかったです^^




13-11-26d.jpg

こちらはmiyukiさんが今日仕上げたソフィーちゃんの羊毛作品。丁寧に丁寧にニードルで制作されていて、ソフィーちゃんのなんとも言えない愛嬌ある感じがとてもそっくり~。隣のテーブルでは棒編みや指編みでそれぞれ手仕事を楽しまれていたり…と、穏やかなニットカフェの時間は素敵に過ぎていきました。

さ、また明日から気持ちよく働かなくちゃ。

モンブランと読書。

13-11-2.jpg
モンブラン@アンソレイユ

晩秋が目にまぶしい季節。
今日は県立図書館で行われるビブリオバトルにオーディエンスとして参加してきました。ビブリオバトルというのは、制限時間5分間でお勧めの本の魅力を紹介し合う「書評合戦」。宮城の県立図書館では初めての開催ということもあり、とても気になったのでオーディエンスとして申し込みました。バトラー(発表者)は6人でしたから、6冊の本が紹介されたわけですけれども、そのうち5冊は個人的には手に取らないと思う本。でも、バトラーさんの語る書評を聞いていると興味がわいてくるから不思議。県立図書館の担当者さんが「人を通して本を知る。本を通して人を知る。ということがありますが…」とお話していた通り、楽しく不思議な時間でした。学校のLHRの時間にでも取り入れて、生徒にさせたら面白いなって思いました^^

さて、県立図書館の帰りにアンソレイユさんへ。今日からショーケースに並んだというモンブラン、とびきりおいしかったです。




13-11-2b.jpg

今日はテラス席を選びました。そして向こうに泉ヶ岳を望みながら、晩秋の冷え澄み渡った心地よい空気の中で1時間ちょっとの読書時間。ここ10日ばかり時に息継ぎも忘れるくらい忙しいこともあったから、久しぶりに頭の冴えを取り戻せたような気がして心地よかったです。持って行った本は『プラハを歩く』。帰ってきてから読んでみると、ただひたすら歩いたプラハのあちこちがまざまざと蘇ってくるようで。




13-11-2c.jpg

読書の合間にはワンソレイユのソフィー店長も登場~。耳の毛も順調に伸びてきていて、おさげがかわいい。kamataroさんとmiyukiさんの愛情を存分に注ぎ込まれているので、かなりの甘えっこちゃん(笑)お相手、ありがとう^^
counter*
calendar*
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category*
archive*
comment*
search*
rink*