ナディハウス ルヴァン課part2-1

13-1211-1.jpg
ヴァイツェンミッシュブロート

ルヴァン課もpart2まできてしまいました。いよいよ、サワー種なるものに挑戦です。とはいっても、サワー種を自宅で繋いでいくことはとても大変。ですからきっと私は教室でしか扱わないだろうと思うので、いつも以上に真剣に勉強させていただきます^^とにかく、手間と材料費がかかるサワー種。ナディハウスでいただくこの酸味は、たまらなく好きな感じでした。



13-1211-2.jpg
スペックブロート

ベーコンをたっぷり入れたスペックブロート。ヴァイツェンよりもこちらの方がサワー種が多いのだけれど、イースト多めな生地なのであんまり酸っぱくない。掛け合わせ方で、パンの風味は無限に広がって実に面白い。こちらのパンは、薄く切ってブルーチーズなんかと合わせるととっても美味しい。



13-1211-3.jpg

さて、試食…いえいえ本格的な食事の時間。ワインを開けてチーズが並べられて、パンが焼きあがるのを待ちます。今日の先生の一品はチリコンカンでした。このチリコンカンも今まで食べたどのチリコンカンよりも美味しくて、最高!でも悲しいかな、ワインのせいかテンション高めだったせいか、このあとカメラを持つことを忘れてしまい、大事なチリコンカン画像がないんです。とほほ。

11月も最高に美味しく、おしゃべりもこの上なく楽しかったナディハウスでした。

ナディハウス ルヴァン課 part1-5

13-129-1.jpg

ナディハウスのレッスンの写真がPCのどこに保存したのか行方不明になっていたのですけれど、ようやく見つけたので載せておかなくちゃ。これは9月のレッスンでのパン。イースト発酵種のお勉強です。種が多く、水分少なめのコチラのパンは、だいぶ慣れてきたナマコ型。しっかりきつめに成形して、後で深めの5本クープを入れてオーブンへ。



13-129-2.jpg

パン・ド・セーグル・オ・ザプリコはアプリコットがたっぷり入ったライ麦パン。粉をたっぷりふってゆべし成形。これがあとで焼き上がりの素敵な模様になるんです。



13-129-3.jpg
パン・ド・セーグル・ザプリコ

焼き上がりはなんだかすごく凛々しい感じ!とってもとってもカッコイイお姿^^




13-129-4.jpg
ピリ辛ベーコンのサラダ

今日の先生の一品はサラダ。このピリ辛ベーコンがものすごく食欲を刺激して、生野菜をたっぷり摂らせてくれます。ライ麦パンとの相性もよくって、ピリ辛ベーコンはだいぶ家でも作りました。



13-129-5.jpg

ライ麦パンには20%もアプリコットが入っているので、どこを切ってもアプリコットがごろごろ。噛むほどに美味しい~。そして付け合せのチーズなんですけれど、今日はいつもの極上チーズの他に、お手軽な庶民チーズもお目見え。これは何に合わせるためかというと…



13-129-6.jpg
パン・ブリエ

5本クープのブリエ。クラストがかなり分厚いのがわかります?ざくざくっとした皮で中の水分を逃がさないようになっていて、昔は航海用の保存食として重宝されていたそうです。だからレストランででてくるようなパンとは違って、安っぽい庶民チーズがとってもよく合うんです!極上チーズと食べ合わせを比べてみたのだけれど、全然違ってびっくり!なんでも相性っていうのがあるんですね。庶民チーズがことのほか美味しく感じられるパンでした。
この日も、美味しかったな~。

今年最後のお茶会/2

13-12-29h.jpg

寒い冬には蝋燭の灯りがことのほか美しく感じられます。
そんな夜、お友達がお茶を飲みに。昼間のお茶飲みにも来ていたけれど、到着5分戻らざるをえない御用がご自宅で発生し、戻って行った彼女。夜9時過ぎに、おしゃべりしに来てくれました。



13-12-29i.jpg

台湾茶をゆっくり2種類楽しんで。蕪とサーモンのマリネを箸休めに。ゆるりとした時間のながれる夜のお茶飲みも、なかなかいいものです。

今年最後のお茶会/1

13-12-29.jpg

今年最後のお茶飲みは、2時半を過ぎた頃からの予定。東向きで、なおかつ冬のこの時期の我が家はなんだかもう薄暗い感じ。少しでも明るく!と思って、白いものや銀色のものをテーブルに。




13-12-29a.jpg

時間差で到着してもいいように、台湾茶でつなぎの時間。




13-12-29c.jpg

年末だから仰々しいことはせず、気軽につめめそうなものをいくつか持ち寄って。薔薇のゼリーとチョコパイを差し入れていただいて。



13-12-29d.jpg

私は、ちょっとのチョコレートとドライマンゴーを。
お茶請けをちょこちょこいただきながら、紅茶と珈琲で。




13-12-29e.jpg

お茶飲みとおしゃべりが一段落着いた頃、K子さんのプチWS開催!今日はバスソルトを作るんですって!




13-12-29f.jpg

自分の好きな香りを探してあれこれ嗅いでみる。そして、ベースになる香りや、下支えしてくれる脇役の香りを自由にブレンドしていきます。




13-12-29g.jpg

こうしてそれぞれ各自綺麗なバスソルトが完成!作ったら、他の人のも気になるから嗅ぎあいっこ。それがまた楽しい。




13-12-29k.jpg

友達をお招きするという約束が年末大掃除にもつながって、すっきりとした部屋で新年を迎えることができそうです。またぜひ、遊びに来てくださいね^^今日はありがとう~。

青菜炒め。

13-12-26.jpg
夜)ひじき炒飯・みそ汁・青菜炒め

「よいお年を。」そんな言葉を交わす時期になりました。
今年もあと少し。大晦日までそれぞれのご家庭ではやること盛りだくさんでしょうね。私は年内にやり終えておきたいことの1つに、今年は「家計簿の予算立て」があります。今まで簡単に家計簿はつけていたけれど、今年から羽仁とも子式のスタイルに切り替えて、とても充実した家計簿生活が送れるようになりました。特に節約ができた!とかっていうわけではないけれど、なぁなぁになっていた支出をしっかり認識して、必要なものには躊躇せずにきちんと支出できる頭に切り替わりつつあります。これは本当にやってよかった!と思うこと。1年目の今年は自分の支出傾向がよくわからないまま予算を立てていたので、来年は今年の支出傾向を生かして立てていこうと思っています。模範的な予算は目指さず、自分が必要なものは何なのかを見据えて無理なく生活できるための予算立て。なかなか、楽しい家計簿生活です。

新しいリース。

13-12-24.jpg

リースを掛け替えました。
新しいリースは前回と同様にファヴールさんで作っていただいたもの。グリーンと白を基調にして…というお希望で、前作と同じように作っていただきました。





13-12-24a.jpg

今回もとても素晴らしい仕上がりで、春に頼んだ前作よりもグリーンが深め。冬を思わせるような落ち着いた雰囲気がなんともいえません。また、長く長く楽しめそうです。ありがとうございました^^

休日のお楽しみ。

13-12-23a.jpg
M's/オニオングラタンスープ・グリーンサラダ・バケット・チーズ・生ハム巻き

今日はしっかりめな休日。
1人だとなんだか途中で道に迷うんじゃないかって思う羊毛フエルトの手仕事を、Mさんと一緒に楽しみました。それぞれ別のものを作って、それぞれ今日の目標をひとまず達成できてよかったー。そして手仕事のあとは、Mさんの手作りランチを頂きます。今日は、なんとオニオングラタンスープ!数時間じっくり炒めた玉葱で作る本格派。かりっとトーストしたバケットもたっぷり入れて、グリュイエールチーズも惜しみなくたっぷり。オーブンで焼き目を付けたら、もうそれはそれは美味しくて、家でこれができちゃうの??と驚きつつ堪能してまいりました。そしてこれにはライオンヘッドのスープボウルがやっぱりお似合いです^^




13-12-23.jpg

グリーンサラダも、ひと手間もふた手間もかかってます。お手製のドレッシングも、キッチンライブ状態で見せてもらっていたんだけれど、手際よくさっさか作っていてナルホドがいくつも。




13-12-23b.jpg

そして食後は、当然のように出てくるデザートプレート。日が短い季節ですから、自然光で撮るも少々暗めが残念!実際はこれの百倍くらい美しい存在感漂わせているんですよ。





13-12-23c.jpg

粉を使わない濃厚なチョコレートケーキ。珈琲を飲むために作られたかのような深い味わい。




13-12-23d.jpg

スパイス風味のパンナコッタ。上にお手製のジンジャーシロップがかかっていたんだけれど、お酒かと思うくらい風味がよくって。

今年もMさんには、素敵な思いや美味しい思いをたくさんさせていただきました。そして無事に羽仁とも子さんの家計簿をつけ続けられたのも心強い同志がいればこそ(笑)来年も、美味しく楽しく、素敵な家事生活にお導きくださいね。今日も、ご馳走様でした。

シナモンロール。

13-12-21.jpg
シナモンロール

昨日の雨は今日はあがって、曇り空の広がる一日だったけれども散歩にもでかけることのできた1日でした。ちょっと前にお友達がナディでシナモンロールを習ってきて、端正なぐるぐる渦巻の姿がとっても印象的でした。私も久しぶりに作ってもたくなって、生地を捏ねたのは11時半。少なめのイーストで作ったのだけれど、室内の温度が低目だからか…生地が上がらないっ。遅めのおやつに…と思っていたのに、結局焼き上がりは夜の8時。パンを習って数年経つけれど、さっぱり練習しないから生地の発酵具合が読めない私。練習しなくちゃなーと、気持ちだけはいっちょまえに引き締めるんですけれどね。




13-12-21a.jpg

ナディハウスのアイシングはただ甘ったるいだけじゃない美味しさ。珈琲を淹れて、9時だというのに3つも食べてしまった。そしてこの後、近くの友達夫妻のところへ差し入れ。お返しにリンゴとみかんをたくさんいただいて帰ってきました。ご馳走様^^

オムレツ。

13-12-19.jpg
夜)ご飯・みそ汁・具だくさんオムレツ・コールスロー

気がつけばもう師走。気がつけば授業日も残すところ明日1日。そしてセンター試験まで1ヶ月となりました。いろんなことが慌ただしくて、瞬く間に過ぎていく感じ。そんな時に「確認してください」と言われて目にした卒業アルバムのクラスページ。斜め後ろから何気なく写された自分の立ち姿に愕然!あーいつのまにこんな体型になっちゃってたのーーーと、もうびっくり仰天。重力に何としてでも逆らいたい。とほほ。

遊牧カフェ in 山元/18

13-12-15.jpg

今月も遊牧カフェで山元町にお邪魔してきました。今回は「アイロンビーズの会」です。




13-12-15b.jpg

12月だから、Yさんのお手製看板もクリスマス仕様~。今回も例にもれず可愛い!




13-12-16c.jpg

さてさてアイロンビーズ。最初はどんなものかピンときませんでしたが、とってもカラフルで、作業は単純で、でも慎重さが求められるので集中力が必要な…とにかくやり始めるとなかなかにはまってしまうもの。メンバーOkaちゃんがろっけんパークで出会ったアイロンビーズの作家さんに協力頂きながら準備を進め、今回はアイロンビーズに挑戦してみることに。クリスマスの時期でもあったので、サンタさんやツリーなどのモチーフを作れるキットをご用意。



13-12-15a.jpg

でも最初から難しい図柄じゃない方がいいかな?ということで、キット以外にもバラのビーズや図案集も用意したので、思い思いに作ってみてもらうことに。作り方は、こうやって台座にビーズを置いていくんです。でも、パチッとはめ込むわけじゃないから、慎重にしないとドミノのように崩れたりもして、あちこちから悲鳴が(笑)




13-12-15c.jpg

作業は単純なんだけれど、色のバリエーションを考えたり、根気や慎重さも必要。だからこそ、はまっちゃう。1つ作るともう1つ!今度はもっとこうしてみたい!といった気持ちも湧いてきて、みなさん2時間近く集中して作り続けてくださいました。




13-12-15d.jpg

今日はちびっこも2人参加。子供の小さい手の方がするすると作業が進みます。そして、飲み込みもびっくりするほど早くって、大人たちは何度も驚かされました。そしてちびっこだから、床に落ちたビーズも楽しんで拾ってくれるので大助かり^^そしてこの男の子は、おじいちゃんがお誕生日だから自信作をプレゼントするんですって。おじいちゃん、きっと大喜びしてくれたと思うな。



13-12-15e.jpg

台座にビーズをはめたら、紙を当てながらアイロンで熱を加えます。するとビーズ同士がくっついてくれて、こんな感じに仕上がります。ツリーにかけたり壁にかけたりできるように、できあがったものにはテグスを付けてお渡ししました。みなさん思い思いに作ったあれこれが、温かくてかわいい色遣いに満ちていたので、なんだかほっと嬉しい気分。

こちらにお邪魔するのもこれで18回目。
今年もみなさんのお元気そうな顔を拝見できて、メンバー自身も楽しい時間を過ごさせていただきました。また来年も、このご縁を大事にしていけたらいいな。今年も大変お世話になりました。よいお年を。




ローストチキン。

13-12-14.jpg
夜)カルボナーラ・ローストチキン・グリル野菜・生野菜

ローズマリーとタイムとにんにくをお腹に詰めて、ローストチキンを焼きました。本当はクリスマス会の予定だったけれど、急に冷え込んだここ数日のために体調不良者が出てしまい仕切りなおすことに。でも、ローストチキンを焼いておきたかったから、同じ区内のお友達を誘って、手仕事&夜ご飯の会に。焼いている途中、あずきがやたら興奮してきゃんきゃん騒ぐのでとてもうるさくなってしまいました。静かな手仕事の時間を共有したかったのに、ごめんなさい^^ゞ




13-12-14a.jpg

写真を撮っている間にどんどん伸びてしまうカルボナーラ。洋のものも受け入れてくれるこちらの鉢は、沖縄のやちむん。お気に入りです。




13-12-14b.jpg

もも肉を切り分けて。お肉はとっても柔らかくてジューシー!この冬、もう一回くらい…今度はお腹にライスでも詰めて焼いてみたいな。
Yさん。今日は来てくれてありがとう!ぜひまた、手仕事ご一緒に^^

シュトレン。

13-12-5.jpg
おやつ/シュトレン

1年近く前にナディハウスで作ったシュトレン。クリスマス前になりましたから封を開けました。薄く切ってクリスマスまでにゆっくり味わおうと思って包みを解いたのに、ナイフを持つ手がそのことをすっかり忘れて厚切りに。このままだと数日で終わってしまいそう^^ゞ世の中はすっかりクリスマス模様で、ハロウィンが終わったらすぐクリスマス!といった感じが年々早まる傾向にあるのはきっと気のせいじゃない。でも、実際の日常は、クリスマスよりも忘年会の日程調整が早々始まって、カウントダウンはクリスマスよりも「センター入試まであと何日か」のほうを日々意識してしまう。なにはともあれ、何事も「あと何日」を意識して、それまでの過程を丁寧に、一生懸命に暮らすことはとても大事なこと。センターまであと43日。ささ、頑張りましょう。

クリスマスの装い。

13-12-2a.jpg
グリーンと赤。それだけでどことなくクリスマス。

先日の羊毛カフェで頂いてきた緑と松ぼっくり、そして卵キャンドル。器にこんもりかざってみました。細身の蝋燭でもあしらえば、もっと雰囲気ですかな?でも、これで十分クリスマスっぽさがでて、なんだか満足してしまう。




13-12-2.jpg

卵のキャンドルは、もったいなくって火を灯せそうにありません。まずは、眺めて眺めて、穴が開くほど眺めてから^^

大根と鶏の煮物。

13-12-1a.jpg

土日、わりとゆっくりと時間を過ごすことができました。昨日は久しぶりに桂にあるバルミュゼットでランチを食べながら1時間半読書をし、今日は夕方にあずきをトリミングに出しながらドトールで1時間半の読書。シャンポリオンの人生を描いた『ロゼッタストーン解読』、人生をかけてヒエログリフ解読に臨む彼の苦悩する姿がまざまざと浮かんできます。誰よりも早く頑張って解読して!と応援したくなるほど。




13-12-1.jpg
昼)ごはん・青梗菜のスープ・大根と鶏肉の煮物

お昼はウー・ウェンさんのレシピから。野菜をたっぷりとって、調味料は塩・胡椒・酒と大変シンプル。40才になった今年、歓送迎会シーズンに増えた2㌔がどうしても落ちず、このままクリスマスやら忘年会、お正月のある年末年始に突入するのはまずい!と思い、1週間ほど前から夜は炭水化物を控えるようにしていました。ご飯や麺を絶つなんてなんて味気ない…と、最初は胃袋に悲壮感詰め込んで過ごしていたんですけれど、人間、頑張ればできるものですね。ヒレカツの晩以外は、頑張れました。でも、ひもじい思いは嫌だから、こんにゃくたっぷりの豚汁とか、白滝たっぷりのすき焼きだとか、白滝たっぷりのおでんだとか、そんなものばっかり(笑)ちょっとは効果があったような気がします。忘年会第一弾は今度の金曜日なので、あと4日間、炭水化物控えめを継続できたらいいな。
counter*
calendar*
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*