オオタナナエ台所教室(H26.9.28)

14-9-32.jpg

お久しぶりです。
気がつけば10月も終わりそうなのに、9月の台所教室(そして10月のもですが…)をまとめ損ねていたので、遅ればせながらご覧ください。↑はナナエ先生のところの“鍋しき”。いつもとても素敵だなぁ~と、これを見ただけで心躍るお道具の1つ。



14-9-32a.jpg

いつのメニューもそうだけれど、9月、10月はご飯が進むメニューでした。こちらは「豆腐の肉詰め」を焼いているところ。具材を詰めるときは、きっちりと隙間なく、そして角もきっちりとね。



14-9-32c.jpg
Dau fu don thit sot ca chua(豆腐の肉詰め トマト煮)
Canh Rau Day(モロヘイヤのスープ)

焼いきあげた豆腐の肉詰めはトマト煮に。万能ねぎも2つの切り方がしてあって、これがトマトの煮汁とよくからんで美味しいんです。肉詰めの中のきくらげの食感も大事!モロヘイヤのスープは干し海老の出汁が効いていて、喉越しのとてもいいスープになっています。残暑厳しい時の体にもってこいかもしれません。



14-9-32b.jpg
Ca tim hap nuoc tuong(なすの生姜蒸し)

こちらもご飯が進むくん。たっぷりの茄子は、油をいつもより思い切って使うことによって、えも言われぬ美味しさ。こんなに簡単なのに、こんなに美味しいの?ベトナム料理はいつも魅力的。



14-9-32f.jpg

1人何個食べられるかな?美味しいから、喧嘩にならないようにちゃんと数を数えて自分にとりわけます(笑)



14-9-32d.jpg

豆腐も茄子もご飯のそば近くに♪恐ろしいほどに、ほんとうにご飯が進んで困ってしまう。



14-9-32e.jpg
Banh flan Xoai(マンゴープリン)

ナナエ先生レシピのマンゴープリンは史上最強なんじゃないかなー。マンゴーよりも美味しいかも、と思ったのは私だけではないはず。とってもとっても美味でした。

***************

夏の日差しを残していたあの日から、もう1ヶ月が経ったなんて。
そして8月頃から調子を悪くしていた私のカメラ、とうとう修理に出すことにしました。ファインダーで狙った構図と、撮った写真が1センチ以上ズレるという致命的な故障。頭の中でそのズレを計算しながらだましだまし撮っていたのだけれど、ピントも合わなくなってきたので修理へ。同じ修理をこれでもう3度出しています(泣)前々回、前回同様、手振れ補正の部品が破損しているんだろうなぁ~と。その部品がまたとても手痛い値段なのです。ヨドバシカメラの方も気の毒に思ってくださったのか、メーカーに出す修理伝票に大きな文字で「*3度目!!!」と書いてくださいました。次こそは丈夫な部品に当たりますようにー。

アポロン。

14-10-12a.jpg

母のお誕生日のお祝いに、フレンチのアポロンさんでディナーを頂いてきました。どれもこれも素晴らしく美味しくて、2時間という時間がなんと心地よかったことか。ただ、最初からあまりに美味しかったので、カメラの設定がおかしなことに気づかず、あの感動を写しきれていない…のですが、そこはさっぴいてご覧くださいね。

一つ目のお皿は、あつあつの茸のグラタン。私の語彙力と知識ではとうてい表現できないのだけれど、とにかく美味しいのです。最初からこんなに美味しいと、後はどんなに美味しいんだろうと、期待で胸は膨らみます。




14-10-12b.jpg
本州仔鹿のテリーヌ タルタルソース

この仔鹿のテリーヌには本当に驚かされました。鹿肉がこんなにも美味しいだなんて!蝦夷鹿と本州鹿の違いなども伺いながら、母との話も大いに盛り上がりました。付け合せにはオレンジ風味のラペ、トマト、無花果。トマトは初めて口にした品種でしたけれども、皮が薄くて、とてもフルーティー。



14-10-12c.jpg
バターナッツ南瓜のポタージュ 白トリュフオイル

ポタージュの上にかけられた白トリュフオイルの香りのいいこと!バターナッツ南瓜のこっくりと濃厚なポタージュ。家では決して出せない香りと味わい。




14-10-12d.jpg
スズキのポワレ

スズキの上には坊ちゃん南瓜とヒラタケ。弾力のある肉厚なスズキ。皮目まで美味しく焼かれています。このポワレのソースが最高に美味しかった!




14-10-12f.jpg
フランス産シャロン鴨のロースト

ボリュームある鴨のロースト。柔らかくも味わい深いお肉はもちろんのこと、やはりこちらもソースが素晴らしく美味しい。手間暇惜しまず素材を丁寧に丁寧にいかしながら作られているのがよくわかります。だから、大事に大事に食べたい。でも、美味しいから手も口も止まらない。




14-10-12j.jpg
無花果のデザート

お誕生日ということで、デザートプレートにはメッセージと蝋燭が。
無花果にキャラメルのアイスが合わされているこちら。無花果にナイフが少しの抵抗もなくすーっと入っていって、大人の苦味を感じさせるキャラメルアイスと一緒に食べると至福の極み。

ご夫婦2人で切り盛りなさっているこちらのお店は、美味しいだけでなく、とても気持ちよく食事のできるお店です。そしてなによりも、妥協せずに自分の作りたい料理を追究なさっていらっしゃるんだろうな…というシェフの感じがとても心地よいのです。母もとても喜んでくれて、またぜひ他のお料理も食べてみたいね、とすでに「次」を考えている様子(笑)私は私で、自分にいつご褒美をあげようか思案中。そのためにも、まずは毎日の暮らしを精一杯積み重ねて、ご褒美のその時を満喫できるよう励まなくては。

ママ、誕生日おめでとう。
また来年もお祝いしましょうね。

林檎バターケーキ。

14-10-7a.jpg
おやつ/林檎バターケーキ

先週末に紅玉を3ついただきました。さてどうしよう。
どうすることもできないまま数日を過ごし、昨夜思い切ってバターケーキを焼いてみることに。コンポートとかはハードルが高そうだから、林檎はそのまま焼きっぱなしでOKのレシピで。夜の12時に焼き始めたので、味見は翌朝に。




14-10-7b.jpg

林檎は甘酸っぱくて美味しい。バターケーキの部分はまだまだ改良の余地がありそう。もっとしっとりとした感じが好み。でも、どうすればそうなるのかわからず…そんなときはMさんに。いくつか方法を教えてもらって、なるほどそうかと心にメモ。作りなれている方のアドバイスは、どんなレシピ本にも勝ります。
さて、紅玉はあと2つ。どうしようかな。

* * * * * * * * * * * * * * * *

そうそう。聞かれることの多いナディハウスですが、今月、1日体験レッスンが下記の日程で2日間開催されるようです。先生はとっても気さくで素晴らしい方なので、興味のある方はぜひナディハウスの門をたたいてみてください。私は今でもあの1日体験のパンの味が忘れられません。本当に美味しかったなぁ。

10/26 日曜日 10:00~14:00
10/29 水曜日 10:00~14:00     詳細は⇒ ナディハウス

モツ鍋の会。

14-10-5a.jpg

今日はお友達の家でモツ鍋の会。モツ鍋の話がでたとき、モツはどうしようか??ってなったのだけれど、新鮮なモツを仕入れるルートも、3回茹でこぼして云々という下処理にかける情熱もなく、ただ、食べるなら美味しく!という志だけはあったので、美味しいモツ煮をお取り寄せして鍋をすることに。あとはお鍋の材料と旬の秋刀魚を買って、作業スタート。秋刀魚はお友達のご主人が外で気合を入れて焼いてくれました。本日のMVPです^^




14-10-5d.jpg

この秋刀魚がとても新鮮で脂ものりにのっていて、焔立つほど!




14-10-5c.jpg

でも、おかげですこぶる美味しい秋刀魚にありつけました。やっぱり外で焼く秋刀魚は格別に美味しいね。




14-10-5b.jpg

モツ鍋に具材がたっぷり。大根、人参、白菜、小松菜、ニラ、しめじ、えのき、厚揚げ、豆腐、白滝。モツ煮の煮汁で足りないし、野菜からの水分でスープも薄まるので、塩・醤油・味噌・豆板醤などでスープを補強。




14-10-5i.jpg

鍋もそろそろいいころだから、テーブルのセッティングを。ここのお宅の箸置には、心掴まれます。



14-10-5h.jpg

秋刀魚の薬味類もスタンバイOK!




13-10-5.jpg

私は茸のグリルを持参したのでそれも出して。



14-10-5f.jpg

熱々のモツ鍋を各自取り分けたら…、




14-10-5e.jpg

あとは思う存分食べるだけ。モツも大ぶりで、とっても柔らかくて美味しい!美味しいと評判のモツだけに、いい仕事をしてくれました。何杯もおかわりした後は、ナナエ先生がフォーを準備してくれたので、モツ鍋のスープでフォーを食べます。フこれがまた美味しくって、少々(かなり?)食べ過ぎてしまいました。お腹はちきれんばかりです。




14-10-5k.jpg
マンゴープリンと栗の渋皮煮

春の梅仕事と並んで、憧れるけれど物ぐさ太郎な私には手が出ないものがあります。それは秋の栗仕事。ナナエ先生ってば、今年はいろんな保存食作りを楽しんでいて、この秋は渋皮煮にまで手をお出しになってました。丁寧な仕事の成果は数に限りが出るけれど、その美味しさをこうしていただける幸せ。本当に美味しかった!ありがとう。



14-10-5l.jpg

そして食後のデザートも終えたその後には…、やっぱりKさん!さりげなく私たちにプチレッスンを用意してくれていて、今回初めて「ヒンメリ」に挑戦してきました。初めて触る麦藁。この麦のストローを多面体に仕上げていくのだけれど、これがとても面白い!糸の結び加減や麦の太さを合わせたり…と作業が進むにつれて気がつかずにはいられない難しさ。でも、とっても楽しくって、秋の夜長にぜひ一人静かに向き合ってみたい手仕事です。



14-10-5m.jpg

そしてこの作業と並行して爆走したおしゃべりのあれやこれや。Rさんの話題提供に、あんなに盛り上がってしまって…ヒンメリに向ける集中力が幾度も断絶(笑)楽しゅうございました。

こうして長々お邪魔した「モツ鍋の会」。今日も楽しすぎて帰りたくなくなるほど。いろんなものを吸収して、明日への活力にいたします。ぜひ、また、近々に。
お世話になりました。

オレキエッテ。

14-10-4a.jpg
昼)オレキエッテ ブロッコリーとリコッタチーズのソース

お昼ごろ帰宅してみると、マンションのあちこちからピーピー聞こえてきます。そうだ!今日は火災感知器の点検日だった!と気づくと同時にピンポーン!日頃の片づけができていないので、もう少しあとにお願いします…とインターホン越しに頭を下げ、大わらわで大掃除。火災感知器はクローゼットや細い物入れの中にまであるので、どこかに押し込めて隠すということができない日なのであります。お陰で部屋が何となく片付いて、すっきりした気分で遅めの昼ごはん。

クラブ ナディハウス/2

14-9-31e.jpg

9月に行ったナディハウス。
この日はいつものOさんと、そして仲良しのMさんが私たちのグループに合流してくれて、いつも以上に楽しかったパン教室^^習ってきたのはスペシャリティーなメニュー。先生の魔法のような手がいつも以上にすばやくて、いつも思うけれど「本当に素敵」。




14-9-31f.jpg

赤ワインを煮詰めて、オレンジピールの贅沢な質と量…!




14-9-31k.jpg

チャバタの生地はほわんほわんで、粉まみれ。




14-9-31l.jpg

キッチンからは厚切りベーコンを焼くいい香りが。





14-9-31h.jpg
生ハムとケイパーのチャバタ

初めてのチャバタ。微量のイーストと、1%のイーストの2種類を作って食べ比べ。生ハムの塩気とケイパーのアクセントが大人味。捏ねも二次発酵もいらないチャバタ、ちょっと作ってみようかしらって思ってしまう。うん。作ろう!



14-9-31i.jpg
オレンジピールの赤いブロート

このパンのまた美味しいことと言ったら!!
先生の計算されつくしたレシピだから美味しいことは間違いないのだけれど、いつも本当に心の奥の奥の底の底から…しみじみと美味しいなぁと思わずにはいられないのです。パンがこんなにも創造性に溢れるものだったなんて、ナディハウスで習う前はちっとも思わなかったなぁ。




14-9-31j.jpg
デュラム小麦とゴーダチーズのサラダ

麦のプチプチ感がとても心地よく、お手製ドレッシングもたっぷりかけて、おかわりしてまで食べたサラダ。




14-9-31g.jpg
じゃが芋とベーコンのピンチョス

じっくりと焼いたじゃが芋とベーコン。食べごたえも十分で、パンもお料理もお酒が進みそうなメニューです。



14-9-31d.jpg

パンは食べきれないほどたくさんあるから、もちろん持ち帰れるのだけれど、やっぱり焼き立てに勝るものはないので、ついつい切っては食べ…切っては食べを繰り返して食べ過ぎてしまうほど。



14-9-31c.jpg
Mさんのロールケーキ

いつもは別のクラスに通っているMさんなのだけれど、今日は私たちのチームに合流してくれました。そんな彼女が持ってきてくれた名刺代わりのロールケーキ♪いつも切らすことはないグラニュー糖を切らしてしまって、ブラウンシュガーで代用したというロールケーキ。ブラウンシュガー版は初めて食べたけれど、これも美味しい!
Mさんのお蔭で、とっても美味しく楽しい時間を過ごすことができました。この日は本当にいろいろとあって、本当にスペシャルな日でした。楽しかった!

秋。

14-9-31a.jpg

先月のこと。
給料日を前に、お財布には1000円も入っていない…というとき。閉店間際の花霧居さんへ立ち寄ってお花選び。食いしん坊な私だけれど、肉よりも魚よりも花!という時があるのです。





14-9-31.jpg

お腹も満たされていたいけれど、
綺麗なものをみて心満たされるひとときも大事。
ささやかに花を飾って、ちょっと幸せな気分で朝を迎える。そんな秋の日。
counter*
calendar*
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
category*
archive*
comment*
search*
rink*