おせちの会。

14-12-30d.jpg
おせちの会

2014年も終わろうとする頃。
「おせちの会」に声をかけていただいて、人生で初めての本格おせち料理を作る機会に立ち会う事ができました。メンバー5人で作業を分担して、数日前から仕込むもの、当日みんなで作業するもの、すべて1人でやったら目が回りそうなことも、力を合わせたらそれはそれは豪勢なおせちに。あ、でも、ほとんどは他の4人の皆さんがものすごい勢いで試作に次ぐ試作を重ねたり、事前準備が丁寧だったりして、私はおろおろするばかり。手よりも「えー次はどうするのーー!?」という口ばかりが騒がしい状態でした。来年こそは戦力になれるようにしますので、どうか「除籍」しないでくださいね。
では、そんなおせちをちょっと紹介させてください。




14-12-30.jpg

鯛をすり身にしてこしらえた「伊達巻」。牛蒡と人参の「八幡巻」。ニシンを挟んだ「昆布巻」。「お多福豆の抹茶揚げ」。贅沢にも「ローストポーク」と「前沢牛のローストビーフ」。奇跡の色合い「りんご羹」。しっとりと甘い「アプリコットの甘煮」。



14-12-30a.jpg

大きなお鍋2つで煮込んだ「お煮しめ」。蓮根も人参も飾り切りに。100g1000円の絹さやにはさすがに手が出ず、緑のさし色はさやいんげんで。




2014ose-11.jpg

贅沢食材「車エビ煮」。箸が止まらない「たたき牛蒡」。つやっつやな「黒豆」。くちなしで色づけた「栗きんとん」。柚子の香りをぎゅっと加えた「紅白なます」。梅型の「マッシュポテト」。あしらいには、南天に加えて紅芯大根とビタミン大根で作った梅の飾り切り。




14-12-30c.jpg

こちらは、お多福豆を美味しく煮てから、抹茶の衣をまとわせて揚げる…という手間がかかった一品。

こんな感じで、朝の10時集合で(もちろんその前に皆さんの事前準備があったおかげでなのですが、)2時近くには調理を終え、お重に詰める作業をしました。おせちを作るのも初めてならば、おせちをお重に詰めるのも初めてだったのだけれど、美しく盛るって本当にムズカシイ!



14-12-30b.jpg
ハゼのお雑煮

おせちの会のメンバーはとにかく皆さん本当に手際よく作業を進める方々で、大変刺激を受けました。貢献度の低い私でしたが、皆さんハゼのお雑煮を食べたことがないというので、それならば!とおせちの調理が終わった頃、振る舞うことに。慌てふためく中での調理でしたがなんとか完成。石巻の実家のお雑煮はもうちょっと蒲鉾が豪勢で、いくらもたっぷり乗りますが、とりあえず今日はお味見程度ということで~。気に入っていただけたら幸いです^^




14-12-30e.jpg

こうして忙しいながらも楽しく美味しい「おせちの会」は終了。それぞれが自宅へと手作りおせちを持ち帰ったのでありました。

これまで40年生きてきて、おせち料理ってそれほど心ときめくものではなかったのだけれど、材料を吟味して、きちんと手間をかけて作ったおせちは本当に美味しくって、びっくり仰天でございました。こんなおせちならまた来年ぜひとも食べたい。そして、まだまだあるであろう「おせち料理」のメニューをいろいろと増やしていきたいなぁという欲も出てきたり。メンバーの中では、すでに「次は○○作りたい」という話もでている模様(笑)来年もメンバーに入れてもらえることを願いつつ、4人の素晴らしい皆々様に感謝~。(あ!4+1+1でしたね^^)本当にどうもありがとう。そして皆さんそれぞれが、家族の美味しい顔を見ながらの年越しとお正月を迎えられますように。
そして、すべての皆々様、今年もお世話になりました。どうぞ、よいお年を!

紅玉のデニッシュ。

14-12-28c.jpg
アドゥマンの紅玉のデニッシュ

無事に仕事も納め、冬休みに入りました。1年間見ないふりをしていた網戸とか、冷蔵庫や食品庫の整理とか、念入りにワックスがけをしたりとか、皆さんも年の瀬の大掃除にお忙しいのでは?私もほんの少し、大掃除を頑張っています。太陽がまだ高いうちにあずきと散歩に出て、久しぶりにパン屋さんに立ち寄ってサンドイッチと甘いパンを購入。何か体を動かしている時に食べる甘いパンは、ことさら美味しく感じます。




14-12-28b.jpg

さて、年の瀬といえば「年賀状」。震災前に喪中が続いたり、年越しは旅先で過ごすことも多く、ここ数年、年賀状を作らずにいました。もうこのまま年賀状の習慣から脱出しようかな…くらいに考えていた時も。でも、四十路に入り、人と人とのつながりがこれまで以上に大事なことだと実感したり、こちらが年賀状を失礼していても、変わらず出してくださる方もいたりして、年賀状を復活させてみようかな…と。今まですべて手書きだったけれど、プリンターのお世話にもなって気張らずに年賀状を作ることに。でも、数年年賀状を作っていないと、相手先の住所も散逸してしまっていて、大慌て。頂いてからお出しするケースも多くなりそう(汗)
とにもかくにも、重い腰を上げての年賀状。郵便局さん、間際ですが配達よろしくお願いいたします~。

精進揚春巻き。

14-12-23a.jpg

お友達との3人ご飯。
友人の1人が「翌日検診で胃カメラ飲むことになっているから、すべての飲食は20時までに!」ということで、7時前から食べ始めた夕食は大忙し(笑)台所教室12月のメニューを早速復習したのですが、1人でたくさん数を巻くと、途中から形が不揃いに~。精神的安定がまだまだ足りない証拠です。



14-12-23.jpg
夜)ご飯・精進揚春巻き・エビチリ

ベトナムではライスペーパーを使ったお料理の時はご飯を食べないのが一般的なのだそう。でも、日本人の私はご飯がないと落ち着かないので、ご飯も炊きました。そしてご飯のおかずになるように~と、エビチリも。精進揚春巻き、友達も気に入ってくれてよかった!




14-12-23c.jpg

20時までに食べ終えなくちゃ!と、写真もそこそこだったのでだいぶ曲がっていますが…デザートは友達は持ってきてくれたジェラード。「ほうじ茶」「ミルクティー」「蕎麦」の3つの味を、それぞれ回し食べながら楽しみました。私が一番気に入ったのは「蕎麦」!プチッと小さな蕎麦の実が入っていて、ジェラード自体もそばの風味がしっかりしていて美味しい!世の中いろんな美味しいものがあるんですね。今度お店にも行ってみようっと。

では、胃カメラ頑張ってきてください~!

ペリカン。

14-12-17.jpg
夜)バナナメープルトースト

お友達からいただいたペリカンの食パン。仕事がちょっと忙しかった時、「今日は夜にペリカンのパンをバナナメープルトーストにして食べるのだ!」とご褒美をちらつかせて乗り切りました。トースターのように綺麗な焼き目が付かず、友達とペリカンに申し訳ない!とじたばたしましたが、たっぷりのバターを塗ったトーストに、バナナとメープルシロップ。もう幸せでございました。大変ごちそうさまでした。

10月の食事室 桃吹く音

小さい文字14-12-21a.jpg
ビーツ豆乳スープ

秋風を感じながらも、まだ少し汗ばむ陽気の秋の頃の食事室。いつも驚かされる大友さんの作るお料理。この日はまず、目を楽しませてもらいました。あでやかなピンク色のスープ!その色の鮮烈さと対照的に、お味は非常にまろやかで優しく、かすかに残るブレンダーを掛けたビーツの粒々食感もまた心地よく。



14-12-21.jpg
本日の一品

パープルフラワー、あかね(林檎)。お皿の上も秋色満載。



14-12-21b.jpg
生揚げ長野のロゼワイン蒸し、しし唐添え

生揚げからほんのりロゼの香りが感じられて、とても品のよい一品。



14-12-21c.jpg
北海道産あわび茸ご飯

丸ごとの栗もプラスされ、あきたこまちのもちもちとしながらも粘りすぎずあっさりとした炊き上がりと絶妙に組み合わされて、大友さんの神業的な鍋炊きテクニックがいかんなく発揮されて!もうどこまでも、このご飯についていきたくなるのです。



14-12-21e.jpg
神石在来芋糸蒟蒻の味噌メープルシュガー、プッチーニ南瓜

柿?と思うような綺麗色の南瓜。両面焼かれているのに瑞々しい綺麗な黄色。貴重な蒟蒻とともに、箸休めにぴったりの一皿。でも、大友さんの芸術的なお料理は、どれもこれも大事に大事にゆっくりゆっくりいただきたいから、箸休め的なおかずでなくても、いちいち箸を箸置きに置いてみたりしています。



14-12-21f.jpg
マレイン茶

マレインというハーブのお茶。呼吸器や鎮静作用があるのだとか。これから先の寒くなる季節に向けて、体のあちらこちらに手を掛けながら静かに過ごしていこうという気にさせられます。大友さんの食事室は、日常のあれこれにざわつく心を鎮めてくれる、そんな素敵なひと時をくださいます。いつもながら、ごちそうさまでした。

*カメラが故障しつつある頃の写真なので、お見苦しくてすみません。

オオタナナエ台所教室(H26.10)

14-12-20.jpg

昨日は冬至。特に今年は朔旦冬至だったそうで、意識して過ごされた方も多いのではないでしょうか。私は夜のスーパーの試食コーナーに置いてあった冬至南瓜を見て、「あ!冬至!」と思い出しす始末。12/14の赤穂浪士討ち入りの日は毎年気持ちを熱くするのだけれど、冬至はうっかりすることが多いなー。
さて、あと今年も残すところ10日を切り、わらわらと年を越せない記事を綴っていきます。まずは10月の台所教室!



14-12-20a.jpg

この日もとっても美味しかった!そして、グループレッスンにMさんのご主人が初参戦ということで、みんなテンション高めな感じでした。




14-12-20b.jpg
Thit kho trung(豚と卵の土鍋煮)

甘じょっぱいお肉と卵の煮物♪ごろごろと大き目なお肉、そして茹で卵の存在感!ご飯が進まないわけはありませんよね。




14-12-20c.jpg
Banh cuon(蒸し春巻き)

生春巻、揚げ春巻と習って、そして3つめのバージョンは蒸し春巻。ぷるんとした皮の食感がたまりません。もちろん皮から手作りですが、つやっつやな皮にくるまれた姿を見ると、なんだかイカっぽく見えません?(笑)食感は…ちょっと表現できないような未体験な柔らかさ!もちろん、全くイカのそれとは違いますよー。




14-12-20d.jpg

食べるときはご飯の上に直乗せ♪
たれもちょっとかけて、ご飯をもりもりといただきます。



14-12-20e.jpg

軽くお茶碗2杯は食べられちゃう。あれ?3杯だったかな??



14-12-20f.jpg

蒸し春巻には刻みパクチーと和えた「もやし」と「きゅうり」、そして「揚げエシャロット」と「ハーブ類」を一緒に。合わせるものでちょっと違ったアクセント。小さく細く作って、数をたくさん食べたいおかずです。




14-12-20h.jpg
Che dau xanh(緑豆のチェー)

ほんのり甘い緑豆。肉卵ご飯と蒸し春巻と…お腹いっぱい食べたけれど、チェーはするするといただけます。別腹を用意しなくても、軽くいただける〆のデザート。深まりつつある秋の夜、この日もとびきり楽しかった台所教室でした。
ごちそうさま!




ヒレカツ。

14-12-14.jpg
夜)ご飯・みそ汁・ヒレカツ・山盛りキャベツ・紅芯大根ときゅうりの浅漬け・もずく酢

今日は友達の麻生ご夫妻との夜ご飯。
ヒレカツは追加して1人5切れも食べてしまったけれど、オリーブオイルで揚げたからか、後味がすっきりとしてからりと軽く、胃もたれの心配なし!な感じ。食べたいだけ存分に食べました。




14-12-14b.jpg

最近、絵に「サイン」を入れ始めた麻生くん。うちの飾ってある絵にもサインを入れてくれるというので、道具持参で来てくれました。サインが入るとちょっとなんだかいい感じ^^




14-12-14a.jpg

おみそ汁は具沢山。人参・白菜・椎茸・大根・油揚げ・万能ねぎ。揚げ物をたくさん食べるときは、お野菜もしっかり食べなければ!という気が増します。そして酢の物も体にいいだろうからと、もずく酢も。




14-12-14d.jpg

こちらのお二方も元気です。元気すぎて少しもじっとしていない。ちゃんと映っている写真はほとんどなく。kotoeちゃんが一生懸命撮影していたけれど、「茶色の物体と黒い物体が~!」と、影のような物体の残像しかとらえきれず。




140-12-14c.jpg

いつもおとなしいタイプではないけれど、のんちが来てテンション上がったのか、あずきは部屋でしばらく遠吠え状態。




14-12-15j.jpg

そんなワン達を片方はハウスに入れ、片方は静かに放し飼い状態となり、人間3人はようやく夜ご飯。キャベツのわきにきゅうりとトマトをオーソドックスに添えたかったのだけれど買い忘れ、紅芯大根ときゅうりを塩で軽く浅漬けにして箸休めに。紅芯大根の色って、とっても色味がきれいでトマトよりもいいかも^^




14-12-14f.jpg

仲良しなのかどうかわからないこの2ワンだけれど、幼馴染の気軽さで相手に対して自然体なのが面白い。2ワンとも11歳を超えてちょっとずつ老境に入ってきたけれど、いつまでも元気でいてね。私たち飼い主も、自然体でのんびり頑張っていかなくちゃ。気負わずやりたいことを一歩ずつ。そんなことを感じる仲間との夜です。

盛岡温麺。

14-12-33.jpg
昼)盛岡温麺

ここ昨年あたりから気に入ってストックしてある「盛岡温麺」。きしめんのような平打ち麺に、辛味噌味のスープが寒い冬にはことのほか美味しい。キャベツ・豆苗・豆もやしを炒めたものをドンと乗せて。この野菜の組み合わせのしゃきしゃき感が好きで、かなり多めに準備。↑のほかに、実はまだ半分以上お皿にスタンバイ。途中でまたドンと乗せて、「なかなか食べ終わらない~」という嬉しい悲鳴を1人であげて喜んでいます。

牛蒡とベーコンのスティックパン。

14-12-11.jpg
夜)牛蒡とベーコンのスティックパン

久しぶりに夜のパン焼き。明日のお昼と明後日の朝用にと思って。1次発酵も焼成発酵も短くて済むパンなので、8時過ぎから作業を開始しても11時には出来上がり。250gの粉で10本。夜ご飯はしっかり食べたというのに、寝る前に2本も食べてしまいました。ゴボウ入りのパン?と思われるかもしれませんが、ナディハウスで習ったこれ…すこぶる美味しいのです!食事としてはもちろんだけれど、ビールのつまみとしても進むこと間違いなし。もう1本食べたいところだけれど、寝なくちゃ寝なくちゃ。

葱と赤ピーマンの肉巻。

14-12-9.jpg
夜)ごはん・みそ汁・葱と赤ピーマンの肉巻・焼き厚揚げ

毎朝、車のフロントガラスが凍るような寒さになってきました。陽が落ちるとしんしんと寒さが迫ります。夜の散歩もだいぶしんどくなってきて、あずきも洋服を2枚重ねで着せているけれど、果たして温かくなっているのかとても気になるところ。ということで、今日はいつものバウアイズに立ち寄って、あずきの防寒着を物色してみることに。厚手のパーカーよりも、もこもこのついているアウターの方がよさそう。でも、やっぱりダウンに勝るものはない??あれこれ着せてみて悩みながら決めました。これで少しでも温かくなってくれればいいな。

鯖の塩焼き。

14-12-7.jpg
夜)ごはん・みそ汁・鯖の塩焼き・炒り豆腐・雪菜の胡麻和え

土曜の夜に実家に帰り、翌日無事に夏タイヤからスタッドレスタイヤに交換完了。実家へ向かうとき、仙台から利府のあたりは吹雪くような降りかたをし始めたところもあって、内心かなり焦りました^^ゞ来年はもっと早めに履き替えなければ。さて、夜ご飯は鯖の塩焼き。鯖は大好きな魚の1つだけれど、1尾買いをしても新鮮なうちに食べきることが難しそうなのでなかなか買えないでいたのですが、昨日見たTVで下味漬けて冷凍~というものすごく基本的で簡単な方法が紹介されていたので、ハードルがぐっと下がりました。1切れは塩焼き。3切は酒と醤油で下地つけて密封して冷凍庫。鯖、やっぱり美味しい!

遊牧カフェ in 山元/27

14-12-6z.jpg
山元~浪江 開通式

いつものように山元町へ向かうと、山元IC付近で長い車列が。今日は山元町から浪江町までの常磐自動車道の開通式で、式典準備などで多くの人が集まっているようでした。私たちは山元ICで高速を降りてふと左手を見ると開通式で使われる金色の薬玉が、静かにその時を待っているようでした。(ちなみに帰りに見てみると、相馬の野馬追の演出かなにかでしょうか…馬の姿もちらほらありました。)



14-12-6e.jpg

さて、今日の手仕事は「華やかしめ縄作り」と「ミニクリスマスツリー作り」の2本立て。




14-12-6n.jpg

お正月飾りのベースとなる“しめ縄”はすでにできているものを利用し、それに造花をグルーガンでつけていってちょっと洋風なしめ縄に。洋風のしめ縄っていうのもおかしなことだけれど、もしかしたら参加者の中にはお松を飾れない(喪中の)事情の人もいるかもしれないので、リースっぽくも飾れるものをと思って。




14-12-6k.jpg

仮設の皆さんは赤やピンクがお好きっていうことを、これまでの活動の中でよーくわかっているので、皆さんがお好きそうな色の花を準備しました。自分のお部屋に飾るもの、そしてお友達におすそ分けするのも作ったりして、みんな楽しそうに作業してくださいました。



14-12-6g.jpg
こずえ先生からいただいた松ぼっくり

そして、今回の準備物の中で欠くことのできなかったのがこちらの松ぼっくり。遊牧の活動を過去2回お手伝いいただいている「こずえ先生」が提供してくださいました。松ぼっくりって、山からとってきてそのままだと、虫なんかが出てくる場合があるとかで、気持ちよく使うためには一度茹でたりする下準備が必要なのだとか。それをした上で、遊牧カフェにご提供くださいました。こずえ先生ありがとう!



14-12-6h.jpg

松ぼっくりはしめ縄のアレンジにも使いましたが、数もたくさんあったのでミニツリーに仕立てることに。過去の絵手紙の際に使った緑や白の顔彩(絵具)がまだ残っていたので、それを松ぼっくりに塗っていきます。この作業、皆さんとっても真剣で、濃さの違う緑で陰影をつけたり、緑に白を重ねたり、全部白でホワイトクリスマスっぽいイメージに仕上げたり。創意工夫の広がる時間でした。



14-12-6i.jpg

ツリーの上には(今回得意になったグルーガンで)星形ビーズを飾り、最後は台座もつけて、素敵なツリーの完成!寒い冬を、少しでも明るく楽しく過ごせる演出になったらいいな。

さて、震災から3年半が経ちました。山元町でも復興住宅の建設や引っ越しが進んでいるようですが、その進捗状況は決して早いとはいえず、あと何か月で完了できる!と言い切れるものではないようです。また、自宅を自主再建される方は復興住宅に移ることはなく、家が再建されるまで仮設での生活が続くとのこと。自宅再建をしたくても、業者との打ち合わせや実際の施工がすんなりとはいかないことも多いようで、まだまだやりきれない思いで年を越すという現実。「復興」するということは本当に難しいです。遊牧の活動は、山元の仮設に住まわれている皆さんが次の住まいへ旅立っていかれるまで続けたいと思っています。参加される人は減っていくと思うけれど、それはとても嬉しいこと。一方で、住民が減っていく仮設に(いろんな事情で)残tらざるを得ない人は、今よりもっと寂しさやもどかしさを感じるだろうから、遊牧の活動は規模を小さくしても続けていかなければならないな…と思っています。

今年も遊牧カフェの活動を無事続けることができました。
現メンバーは6人だけれど、そのそばには心強い助っ人をかってでてくれる人がいて、そして、ドネーションパーティー等で活動費を支えてくださっている多くの方々がいて、たくさんの人の力で活動が成り立っています。来年も、できる限りのことを(もちろん無理のない範囲で)続けていこうと思っていますので、どうか引き続き見守っていただければと思います。
支えてくださる多くの皆さん、本当にありがとうございます。また、報告いたしますね。


朝のおむすび。

14-12-6.jpg
遊牧カフェの朝

寒いけれど明るい朝日を浴びながら、月1で行っている活動のため遊牧カフェメンバーは山元町へ。どんな朝でも朝は忙しいものなのに、メンバーのYさんは私たちのために「朝のおむすび」を作ってきてくれました。いつも本当にありがとう^^




14-12-6a.jpg
鶏おこわのおむすび

紅芯大根と青菜でおめかし。目にも嬉しいYさんのお料理。彼女のその心遣いがいつもとても嬉しくありがたい。朝は忙しいものだとわかっているけれど、心のこもるお料理が嬉しくて「無理しないでね」なんて言葉は口から出ず、メンバー一同、目も口も「また作ってね。また食べさせてね。」と訴えてしまう。
これが私たちの朝の原動力。

ちゃんぽん。

14-12-5.jpg
夜)ちゃんぽん

今日は仙台でも霰が降って、おぉぉ寒っ…と震えることもしばしば。寒い時にはあったかい食べ物に限ります。今日は長崎ちゃんぽん。玉ねぎ・白菜・人参・もやし・豆苗・豚肉・いか・蒲鉾。ラー油も加えて、熱々を頂きます。明日は月に1度の遊牧カフェの日。まだ準備が終わっていないのであれこれ手をつけなくては。仮設で厳しい暮らしを強いられている方々に、ちょっとでも楽しいことを届けられたらいいな。どうか雪など降りませんように。では、また。

* * *

ようやく夏の台湾旅行記の最後をupいたしました。
よろしければ、ご覧下さい。

         ⑦ ⇒ コチラ

茶碗蒸し。

14-12-3.jpg
夜)ご飯・みそ汁・ぶり大根・茶碗蒸し

今日はまだ仙台市内は雪ではありませんでしたが、築館方面から通勤してらっしゃる方は、「こっちはほんとに別世界だね。」とおっしゃるくらい大雪に見舞われているようで大変なご様子。今年は雪、おおいのかな?どうかな…?昔は大雪をものともせず、山間部の温泉に車でびゅーんと行ったりもしたけれど、今は街中の雪道でも怖々運転するようになってしまったので、天気予報の雪マークにはかなり敏感に反応してしまいます。
さて、今日は久しぶりに茶碗蒸し。蒲鉾と椎茸だけで、海老も鶏も銀杏も入っていないシンプルすぎる質素倹約な茶碗蒸し。




14-12-3a.jpg

そしてもう一品は「ぶり大根」。少し前に久しぶりの友人にお会いして、1分1秒も無駄にせず、果敢に好きなことに挑戦して…でも暮らしぶりはとても丁寧で美しい…というライフスタイルを目の当たりにさせていただいて、ぐうたらな自分の生活をちょっと改めてみようかという気になりました。その気が続いているうちに…ということで、茶碗蒸しとぶり大根。明日も明後日も「その気」が続いているといいのだけれど。

ズッキーニ入りミートソース。

14-12-1.jpg
夜)ズッキーニ入りミートソースのスパゲッティ・白菜と椎茸のスープ

12月に入って、またぐぐっと冷え込んでまいりましたね。仙台も雪が降るとか…週末にタイヤ交換予定なので、なんとかそれまでもってほしいのだけれど。さて、アランチーノに入れたラグーを冷凍にして保存しておいたものを早速解凍してパスタに。炒めたズッキーニと合わせて、パルミジャーノもたっぷりおろして。最近、チーズをおろすときの手応えや、削られたチーズのふぉわふぉわ感に魅せられて、せっせとおろしています。
counter*
calendar*
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*