青森 × 奈良美智

12-11-17.jpg
奈良美智 青い森の ちいさな ちいさな おうち/十和田市現代美術館

週末、友達と青森に行ってきました。目的はただ一つ、二会場で開催されている奈良美智の個展を観に行くということ。私のおんぼろ車、何せ今年に入ってから2度もエンジントラブルが起きているので長距離は少し不安だったのですけれど、なんとか770㌔を走ってくれました。
さて、奈良さんの個展…土曜日は十和田市現代美術館へ行きました。こちらの個展はとても小規模で図録販売もなく、そのかわり写真撮影がOK!ということもあって、カメラ片手のひとがほとんど。本物の迫力や可愛さはやっぱりあの場にいてこそなんだけれども、4枚ほど写してきました。


12-11-17a.jpg
ミクスト・メディア

個展ではおなじみの奈良さんの小屋。
外から中を覗くもよし、壁や屋根の質感にうっとりするのもよし。なにからなにまでいちいちかわいい。


12-11-17b.jpg

小屋の中には、封筒の裏や紙に書かれた絵が。友達は、あー1枚でいいから…と、ため息ついておりました。きっと何気ない1枚でも、手が届くものではないんでしょうけれど。


12-11-17c.jpg
浮遊少女/2011

可愛いだけでなく、どこか悲しかったり、切なかったり、楽しかったり、意地悪そうだったり。どれもこれも奈良さん。とても素敵でした。


12-11-17d.jpg

ミュージアムショップとカフェスペースにも展示が。名古屋嬢の盛りガール…!

十和田市現代美術館の常設展示も見ごたえがあるので楽しめます。ロン・ミュエクのスタンディング・ウーマンは、そのスケールと生身の人間そのままの質感にただただ圧等されます。何度見ても、見飽きるということはない作品。栗林隆のザンプラントが見せてくれる光景や、ハンス・オブ・デ・ビークのロケーションのあの何とも言えない居心地の良さも必見です。


12-11-17e.jpg
CAFE Orta(カフェ・オルタ)/手打ちパスタを奥入瀬黒豚の煮込みソースで

朝6時出発だったのでお昼過ぎにはおなかもペコペコ。美術館のコンシェルジュに美味しいお店を教えてもらって、ほど近くにあるカフェに行ってみました。有機の野菜や地元の豚を使った美味しいカフェ。私は手打ちパスタを、友達2人は蕪とトマトのアンチョビスパゲッティを注文。とってもとっても美味しくって、お値段もお安い。自家製パンや、牛蒡のポタージュ、デザートの盛り合わせ、珈琲で、1380円位だったかな。ここも、また機会があったら来てみたいです。

12-11-17f.jpg

その後は青森まで行って、ホテルへ。私は珍しく早めにお風呂を済ませ、その後に夜ご飯に出かけました。ちょっと疲れてるし、雨だし…ということでホテルの前の地元の居酒屋さんへ。青森名物の「貝焼き」をはじめとして、白ご飯が欲しくなるような美味しいお料理をたくさん食べ、そしてビールもたくさん飲んで、どこまでも盛り上がるおしゃべりに大いに笑って、楽しい夜を過ごしました。

翌日は青森県立美術館へ。


leaflet.jpg
奈良美智 君や 僕に ちょっと 似ている /青森県立美術館

絵はもちろんのこと、初めてとなるブロンズ彫刻なんかもあってとっても見ごたえある個展でした。青森美術館という会場の質感も、奈良さんの作品とものすごく合っていて、見せ方や雰囲気も大変良かった。いろいろ感想はあるけれど、言葉にすればするほど陳腐になってしまいそうなので、興味のある方はぜひ足を運ばれてみてください。ちなみに、2つの会場どちらにも行くなら、十和田市現代美術館のあとに青森県立美術館に行くことをお勧めします。規模や見ごたえという点を考えると、2つめに青森県立美術館のほうが絶対いいと思いますよ。

青森は見るところがたくさんあるけれど、今回はこれだけでとっても満足。またぜひ、開催されることがあったら行きたいと思います。
これにて、2012年の芸術の秋は終了ー!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

奈良さんの個展に特化された旅だったの
ですね!
「浮遊少女」の大きく見開かれた瞳は
まるで螺鈿を嵌め込んだようでに美しい
ですね。悲しいような、切ないような…
憂いを帯びた眼差しは何を想うのか!
じっくり対話をしてみたくなる絵画ですね♪ 

娘が21世紀美術館でロン・ミュエク展を
見ているですが、言葉を失うほど凄かったと
未だに話題にのぼります。
普段は古典ばかりの鑑賞ですが、純粋に
感性だけで現代芸術に触れる旅をして
みたいわ~

































おはようです。世間の3連休中3日とも働くロザです。このたびは大変お世話になりまして、感謝のキモチでいっぱいです。どうもありがとう!!清水舞台飛び降り時計はかなりよかったです!!いやされまくりです。そして、昨夜帰宅しTVつけたら大奥やってました!途中からだけど見たよ。

No title

>アンジェリコさん

お返事遅れてごめんなさい^^ゞ
…というわけで、青森は奈良さんの旅でしたー。
現代美術も好みの分かれるところですが、
奈良さんの個展は老若男女の別なく、大勢の方が楽しんでいるのがいつも印象的。今回も、とってもよかったの♪
常設展のロン・ミュエク等も、見ごたえありましたし、中には座ったり登ったりして体を使うものも多いから、たまには「眺める」以外の観かたも楽しいですね。
芸術の秋、アンジェリコサンは何かお楽しみなりましたかしら?

No title

>ロザさま

「清水の舞台飛び降り時計」で、今日もすっきりお目覚めですか?
こちらこそ、どうもお世話になりました。
行ってよかった!と全員が思う旅でしたね。
うちの車もまだ頑張れそうなので、
また春にでも遠出して気分転換に行きましょう。
さ、今日も元気に働こっ!

すごいお久しぶりです

お元気でしたか?
人生最大級に忙しい部活の副顧問をして毎日忙しいです。
でも、全ての事柄が勉強なのかな。良い経験になってますよ。
青森、私の友人がいて、大好きなところなんですよ。東北のラテンです。芸術家も多く輩出されているし。青森の県美術館には行ったんだけど、十和田には行ってないから、行きたいなあって思ってました。来年は絶対に行くぞ!!という気持ちになりました。
久しぶりにブログを覗かせていただきました。
素敵な内容に嬉しくなっちゃいました。
ぜひぜひ、来年はお会いできる日がありますように。

No title

>sunnyfunnyさん

人生最大級に忙しい部活!毎日お疲れ様です。何でもご自分の糧に!というひたむきで前向きなsunnyfunnyのことだから、きっとそういう部活に関わって頑張っていらっしゃるんだと思います。
本当に、幾つになってもいろんな山場が出てきますよね。私も頑張らなくちゃ!

青森、東北のラテンですか!きっとsunnyfunnyさんとご一緒なら、いろいろと青森の素晴らしいところを多角的に味わえるだろうなぁ~。今度ぜひ、お勧め教えてくださいね♪

来年は(3月くらいにでも)、ぜひご飯かお酒でもご一緒したいです。カメラの扱い方などぜひお教えいただきたいの。ぜひにぜひに会いましょうね^^

No title

はな様

忙しくても、心にゆとりを・・・はなさんのブログでそんな気持ちになりました。
カメラのことは、恥ずかしいくらいに分からないですよ。私。写真部の顧問だったのに。
ただ、ばしゃばしゃ撮ってます。
でも、お話したいですよね。
来年の3月にお会いしたいです。
たぶん、いや絶対に部活から解放されていると思います。
青森は、私も、まだまだ行きたいところだらけなんですよ。弘前とか。食べ物も美味しいですしね。一緒に行きたいですね。

No title

>sunnyfunnyさん

3月必ずね^^約束~!!
counter*
calendar*
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*