飯坂温泉。

13-2-24.jpg
福島市「照井」

40才になるともらえるリフレッシュ休暇を使って、久しぶりに福島に行ってきました。数年に一度の大寒波、途中から吹雪で前が見えないときもあったのですけれど、なんとか無事に言って帰ってきました。1時頃に福島市内に入り、まずは「照井」で餃子を。みじん切りの野菜がたっぷりのコチラの餃子。小ぶりなので1人前は11個。食べきれない友達の分ももらって、私は14個食べたかな。



13-2-24a.jpg
味玉らぁ麺

餃子だけじゃ足りないから、メインのらぁ麺も。私はめずらしく醤油味。とろとろの大き目なチャーシュー入り。味噌味だと具は炒め野菜。ラーメンは「味噌>塩>醤油>とんこつ」の順で食べることが多く、酸っぱからい酸辣麺は味噌と同じくらい好き。ラーメンはすっかり国民食ですね^^

「照井」を出ると、吹雪が激しさを増していてちょっと尋常ではない感じになってきたので、他はどこにも立ち寄らず、本日の宿「青葉旅館」へ向かうことに。どこが道路かも分からないくらい真っ白の世界を運転することになったので、とっても緊張しました。宿に到着し、10年ぶりくらいでトランプに興じたあと、女将の勧めもあって、近くの旧堀切邸というところを散策してきました。


13-2-24b.jpg

入館料などはなく、そこにはひな人形やたくさんの吊るし雛が。



13-2-24c.jpg

丁寧に作られたたくさんの吊るし雛。




13-2-24d.jpg

新しいように見えて、実は78年も前につくられた繭玉の雛飾り。



13-2-24e.jpg

お屋敷の中はとてつもなく広い…わけではないけれど、手持ち無沙汰な雪の日にはちょうどいい見学場所でした。



13-2-24f.jpg

雪はただしんしんと降り積もるばかり。
旧堀切邸の敷地内には手湯足湯でくつろげる場所もあって立ち寄ってみましたがとても綺麗な場所でした。大雪でなければじっくり足湯でもしただろうけれど、ちょっと手湯で手を温めて、その後は宿へ。



13-2-24g.jpg
飯坂温泉/青葉旅館

今回泊まった宿は「青葉旅館」。古い良き時代の旅館といったたたずまいで、夕食のお料理は食べきれないほど。ずらりと20ほど並んだ小鉢は、それだけで圧巻!


13-2-24h.jpg

少しずつ…とはいえ、これだけの数が並ぶとお腹がいっぱい。


13-2-24i.jpg

小鉢は前菜、挨拶代わり。お刺身もトロがついていてこのボリューム。天ぷらも揚げたてが運ばれてきて、海老はたいそう大きかったですよ。でも、天ぷらの中で目を引いたのは「干し芋」。もちっとしていて、冷めてもとっても美味しかった!


13-2-24j.jpg

米沢牛の陶板焼きなども美味。おみそ汁とごはんが〆で出てきた頃にはおなかはぱんぱん。そして、翌日の朝食もこんな具合で小鉢がずらりとならび、おなかいっぱい食べさせてくれる旅館でした。大寒波のせいでちょっと寒い思いもしたけれど、女将やお部屋についてくださった方がとても親切だったので、大変寛ぐことができました。

トランプの大富豪、あんなに夢中になってやったのは本当に何十年ぶり??途中、ルールがうろ覚えで端末使って確認したり…くだらないこと沢山しゃべって笑って、いいリフレッシュ休暇でした。楽しかった。どうもありがとう。

コメントの投稿

非公開コメント

counter*
calendar*
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
category*
archive*
comment*
search*
rink*