4月の食事室~春の潮・北海道の食材~

13-4-13_20130414135555.jpg
野菜のライスパスタ添え苺ソース

いつも驚きをもっていただく大友みゆきさんの食事室のお料理。今日も斬新さとどことなく懐かしさを感じるようなほっこり感をいただいてきました。今月は、北海道へ行かれていたみゆきさんが持ち帰られた食材をふんだんに使ったお料理。ライスパスタは米粉100%。小麦粉のパスタとは全くの別物で、ちゅるんとしたみずみずしさが酸味の利いた苺のソースと合体。不思議!



13-4-13a.jpg
芯人参とおから、しなのき蜂蜜からめ

新物のお野菜。今しか味わえない甘みや歯ごたえ。食事室に来るようになって、私の中での人参観が変わりました。動物性たんぱく質がなくても、食事室の人参はもりもり食べたくなる主役の出で立ち。今日のこの芯人参も美味!



13-4-13b.jpg
黒千石と青芥子の実ご飯

土鍋で炊き上げる大友さんのところのご飯は絶品。黒千石の色がご飯に移ってほんのり紫色。お赤飯のあずきのようにもそもそっともせず、青芥子の実は胡麻塩の胡麻のように前面に主張してこず、上品なご飯。でも、こんな上品なご飯も、どんぶり飯をかきこんで食べるようにあっという間に平らげてしまって、空になった器の底を見て、いつも「もっとゆっくり食べればよかったー!」と嬉しい後悔。




13-4-13c.jpg
天然チガイソのハスカップ酢寒天

寒天の上のトッピングは海藻の仏の耳とチガイソ。チガイソはわかめのように見えるけれど昆布のお仲間なのだとか。わかめが台頭して全国区になってからは気圧されてしまって流通量も低いそう。そんなお話を聞きながらお料理をいただけるのも、ここの楽しみ。



13-4-13d.jpg
サロマ湖素干し海苔と玉葱、米全粒小麦酢スープ

お出汁は玉葱!じんわりと甘くて、具材のえのきやキャベツや海苔を優しく包み込むような味わい。新年度スタートである4月上旬の疲れを、ゆっくりゆっくり解きほぐしてくれるような…そんな温かいひと碗でございました。



13-4-13e.jpg
黒ペパーミント茶

ミントの香りはほのかに、口に含んでも刺激は少なく、でも、飲み終えたあとの口内は実に涼しくさわやか!それがなんだかおもしろくって、ごくり、ごくりと立て続けに飲んでしまう。すーすーして涼しい!(笑)

ここ1週間の慌ただしさを理由に暴飲暴食街道ひた走りの生活も、大友さんの食事室で頂く食事で一気にリセットされるような気がします。もっとお野菜を摂ろう!そんな気持ちを掘り返してくれる素晴らしい場所。いつも本当にありがとう。今日の時間がたんなる免罪符にならないように、この気持ちを忘れないように、野菜野菜お野菜食べなくちゃ。

コメントの投稿

非公開コメント

counter*
calendar*
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*