10月の食事室 ~菊薫る頃、やちむんに~

13-10-12.jpg
焼き栗の味噌すだちからめ

“いもくりなんきん”の季節。久しぶりにお邪魔した食事室では、いつもながら大友さんの季節を感じる食事を頂くことができました。最初に出されたのはこちら。まずは栗と南瓜。かぼす果汁との組み合わせだなんて今までにない組み合わせ!さりげない酸味使いが大友さんは非常に素晴らしく、いつもびっくりしてしまいます。



13-10-12a.jpg
車麩サツマイモのバルサミコ酢煮、塩漬け蕪の半焼き和え

さつま芋の登場~。甘すぎず、おつまみにもおかずにもなる煮物。バルサミコも主張しすぎることなく、ほんのり旨みを後押し!といった感じでしょうか。数年前に初めてうかがった食事室でも車麩のお料理が出たのですが、車麩がこんなにおいしいものだと教えてくれたのは大友さんのお料理と出合ったから。そして食べなれているはずの蕪も、大友さんの手にかかるとあら不思議。目から鱗の美味しさです。




13-12-10b.jpg
北海道産白煎り大豆トヨマサリと新米

新米だから美味しいんですよ…と謙遜なさっていたけれど、大友さんの炊き加減はものすごく好みです。きっと同じ土鍋を買ってもこうは炊けないんじゃないかなって思う。どこかの大手メーカーさんが、大友さんとコラボして私のために炊飯ジャーを開発してくれないかな。そんな夢みたいなことを、毎回真剣に思ってしまうご飯です。



13-10-12c.jpg
菊とぶどう山椒のスープ

香り高く味わいは刺激的すぎずすっきりと。「ぶどう山椒」という品種を初めていただきましたが、本当に香りがいい。目にも鮮やかな黄色の菊の花びらは彩に。香も色も、秋のスープ。



13-10-12d.jpg
黒レーズンと白胡麻の葛豆腐

デザートはほんのり甘い胡麻豆腐。ぷっくりと戻されたレーズンや、和三盆の上品な甘さが胡麻豆腐とあいまって、なんとも美味しい。




13-10-12e.jpg
ルイボスクローブ茶

食事の〆はこちらのお茶で。
お食事を一品ずつゆっくりといただいて、レシピについて説明をいただいて、よもやま話でくすりと笑ったりして、なんとも和やかな楽しい時間を今日も過ごすことができました。いつもいつも、どんなお食事が出てくるのか、楽しみ尽きない食事室です。ごちそうさまでした^^



コメントの投稿

非公開コメント

counter*
calendar*
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*