スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナディハウス ルヴァン課part2-1

13-1211-1.jpg
ヴァイツェンミッシュブロート

ルヴァン課もpart2まできてしまいました。いよいよ、サワー種なるものに挑戦です。とはいっても、サワー種を自宅で繋いでいくことはとても大変。ですからきっと私は教室でしか扱わないだろうと思うので、いつも以上に真剣に勉強させていただきます^^とにかく、手間と材料費がかかるサワー種。ナディハウスでいただくこの酸味は、たまらなく好きな感じでした。



13-1211-2.jpg
スペックブロート

ベーコンをたっぷり入れたスペックブロート。ヴァイツェンよりもこちらの方がサワー種が多いのだけれど、イースト多めな生地なのであんまり酸っぱくない。掛け合わせ方で、パンの風味は無限に広がって実に面白い。こちらのパンは、薄く切ってブルーチーズなんかと合わせるととっても美味しい。



13-1211-3.jpg

さて、試食…いえいえ本格的な食事の時間。ワインを開けてチーズが並べられて、パンが焼きあがるのを待ちます。今日の先生の一品はチリコンカンでした。このチリコンカンも今まで食べたどのチリコンカンよりも美味しくて、最高!でも悲しいかな、ワインのせいかテンション高めだったせいか、このあとカメラを持つことを忘れてしまい、大事なチリコンカン画像がないんです。とほほ。

11月も最高に美味しく、おしゃべりもこの上なく楽しかったナディハウスでした。

コメントの投稿

非公開コメント

counter*
calendar*
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category*
archive*
comment*
search*
rink*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。