スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鰤の照焼き。

14-1-22.jpg
夜)ごはん・みそ汁・鰤の照焼き・ほうれん草の胡麻和え

派手さはない割に手間と時間がかかる「お浸し」はご馳走だと思います。たっぷりのお湯を沸かして、綺麗に洗って、茹でて、冷水で〆て…出来上がってみるとあんなにわさわさしていた葉っぱはほんの少し。でも、出汁に浸してもよし、鰹節と醤油でもよし、胡麻とポン酢でもよし。お吸い物の具にしてもいい。なかなかに最後の仕上げでいろいろな味を受け入れてくれる万能選手。今日はそんなほうれん草に敬意を払って、胡麻をすり鉢で丁寧にすって胡麻和えに。写真のピントも鰤に奪われたけれど、実は一番手間がかかっているのは胡麻和えなんです。

コメントの投稿

非公開コメント

counter*
calendar*
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category*
archive*
comment*
search*
rink*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。