スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから3年。

14-3-11.jpg

あれから3年経ちました。
仙台市内に暮らす私の目には、あの日を思い出させるようなナニカはもうあまり映りません。でも、遊牧カフェでの活動や、石巻の実家へ帰る道すがらや、そしてTVに映し出される東北各所の風景には日常とかけ離れた生活がまだまだ数多く残っているのが現実です。もしかしたら、時間の分だけ事態は深刻化してきているものも少なくはないかもしれません。「あの日を忘れない」ということは大切だけれど、「あの日を忘れないようにしよう」と思うことができる立場にいる私は、かなり恵まれ立場にいるということなのです。
3.11だけが震災なのではない。過去の出来事として忘れないようにするのではなく、今も大変な状況下で難儀なされている誰かに思いをいたし、そして自分の身近な家族や友人…といった人のありがたみを大事に。そんなことを、繰り返し繰り返し感じた3年目の今日でした。

コメントの投稿

非公開コメント

counter*
calendar*
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category*
archive*
comment*
search*
rink*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。