花火大会の宴。

14-8-23.jpg

花火大会があるということで、我が家に集まることになりました。

我が家の和室の座卓の上には色とりどりのたくさんのご馳走が並び…、とにかくとっても豪勢。私は場所を提供しただけ。ほとんどすべてのお料理は、Yさん作♪何から何まで…本当にありがとう。何から何までどうだったかは、順にご紹介。




14-8-23a.jpg

さてそのまえに、栓を抜いて高らかに乾杯!バル・ナディハウスではアルコールを我慢したけれど、今日はいいよね?ってことで、私も美味しいお酒のお相伴にあずかりました。




14-8-23b.jpg
茹でトウモロコシ

村田町の甘くておいしいトウモロコシ。縦半分に切ってあって、物凄く食べやすい!器は我が家だけれど、トウモロコシはYさん~。




14-8-23c.jpg
長い茄子とコリンキーや南瓜で彩サラダ

たかが焼き茄子。されど焼き茄子。特に今日はYさんの焼き茄子。こんな洒落た焼き長茄子見たことない!我が家で数年に1度しか使っていない(使いこなせていない)大皿に、Yさんのお料理がよく映えます。




14-8-23d.jpg
枝豆

宴にはつきものの枝豆ですけれど、脇役の枝豆が準主役ぐらいの存在感。もちろんYさん作。そして器もYさんのもの。馬に乗せる荷籠のようなこの籠。あずきに乗っけてみようか?なんて話も出たり(笑)



14-8-23g.jpg
南瓜のムースにトマトジュースで二層仕立て

手軽なんだよーとYさんは言うけれど、素敵なカップとワイヤーラックもご準備頂いて、ちっとも手軽じゃありませんよ。手が込んでいて、芸が細かすぎて、いちいち私たちを喜ばせてくれます。




14-8-23e.jpg
オクラとトマトのマリネ

もちろんY作です。器はかろうじて我が家。しなやかに伸びる香菜のあしらいまでも、Yさんですの。




14-8-23f.jpg
何から何まで手作りのしば漬け

こちらはわれらが仙人・Sさんのお手製。「しば漬けってつくれるものなんだねーーー!」と、みんなでびっくり。「誰でも作れるよ」と、仙人は言います、「きゅうりに茄子に茗荷に(中略)…そして梅酢をね…」。聞くと簡単そうだけれど、「仙人!梅酢はどこのものですか~?」と突っ込んで聞くと、「梅干しをね作るとね(中略)…つまり副産物で梅酢ができて…」。しば漬けは誰にでも作れるかもしれないけれど、まず梅干しを自家製するという大きなハードル、私は一生越えられないな。こういう特産品で返ってくるなら、仙人Sさんにふるさと納税したいっ。ちなみに、乾杯前にお料理セッティングしながら飲んだ彼女の梅シロップも、最高に美味しかった!




14-8-23h.jpg
ヒレカツ

私のヒレカツ。塩胡椒して衣をつけるだけーの、ヒレカツ。せめていつもより美味しくしたいと背伸びして、有名そうなお店で出しているパン粉を使ったら、思ったほどではなく…なんだか衣がカリカリしすぎてジューシーさが損なわれる出来に。私の腕のせいではなく、パン粉のせいにしといてください。ちなみに、緑の香菜やミニバラのあしらいはYさんが。この素敵な+αに救われました^^



14-8-23i.jpg
ビビンバ

私のビビンバ。塩とごま油で作った数種類のナムルと、牛そぼろ。石鍋をコンロにかけて、ご飯と具材をのせて、卵黄乗せたらできあがり。あとはコチュジャンが何とかしてくれるという、万人受けするビビンバです。石鍋ってだけで、美味しく感じられるから助かります^^




14-8-23o.jpg
小さな小さなタジンにはドライフルーツ

説明しなくてもお分かりかと思いますが、カラフルなタジンにドライフルーツという演出(タジンの蓋は1つ上の写真に)、食器持ち込みで女子のハートをぐっとつかみっぱなしのYさん。たくさん飲んで、声がかれるほどおしゃべりして、ちょっと小休止。花火の音が聞こえてくるから、ちょっと眺めに出てみましょうよ~。

……と、花火を見に。そして10分くらいですぐに和室へ。花(火)より宴で興じたい大人たち。



14-8-23j.jpg
骨付き肉をグリル

そんな骨付き肉どこで売ってるの?見たことないーー!と、またしても目が釘付けなお料理。下味つけてきたお肉を、我が家のグリルパンで美味しく焼き上げてくれるYさん。そして使い込んだオリーブのまな板も持ち込み道具!




14-8-23k.jpg
タラゴン風味のポークグリル

かろうじて器は私。丁寧に骨から外されたお肉は食べやすいようにカット。そしてセージの葉をあしらって。



14-8-23m.jpg
舞台裏1

とにかく何でも不足なく持ち込んでくれたYさん。ケータリングなんかで慣れているとはいえ、手慣れすぎていて…かつ隙がない!あしらいの葉っぱも数種類。もちろん洗ってあって、添えるだけの状態。感心よりも感嘆!




14-8-23n.jpg
舞台裏2

葉っぱだけでなく、お花も。こちらはバジルの花なんだそう。今日はミニバラもあったし、もう感嘆通り越して絶句です。




14-8-23l.jpg
ペリカンのパンでトースト2種

パンの有名店ペリカンの食パン。それをゴルゴンゾーラとバター、それぞれにメープルシロップをかけて。食事部門はこうして最後まで魅せられっぱなしで楽しませていただきました。デザートは(撮り忘れてしまいましたが)、Sさんのお手製胡麻プリンとRさんの5種類のカットフルーツをワンプレートで。

毎年、開かれる花火大会。来年もどうぞお集まりくださいね。ゲホゲホ。

コメントの投稿

非公開コメント

ケホケホ決行っ。。中止にもせず、ズーズーしくお邪魔してごめんねー。
ひとつひとつ、数倍の素敵キャプテンつきで説明ありがとう。
なんたって、素晴らしいお皿の数々に助けられました。
お皿って大事だなぁーって思ったわー。
ヒレカツもビビンバものすごく美味しかった!
また集まりたいね。ケホケホ治ったら。
舞台裏の花、あれはオレガノの花よ〜。ケホケホ。

No title

>Yさん

私の言葉足らずなキャプションでは伝えきれませんてば~。また来てね。ケホケホでも躊躇せずにおいでくださいませ。また集りましょう~。
あずきも“彼氏”待ちですわー。

あああ!オレガノ!私には区別つきませんー(笑)

キャプテンって、打ってて、びっくり(笑)
キャプション!!あははは。

No title

>Yさん

あーー気づかなかった!突っ込みどころだったのに(クヤシイ。。)
counter*
calendar*
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*