9月の食事室 夜食の小皿

14-9-13s.jpg
十勝マッシュルームと黒もちきびの巨峰酢

先日、大友みゆきさんの食事室へ伺いました。いつも驚きと感動と…そしてまだ見ぬ美味しさを提供してくれる大友さんの食事室。この日はヴァコンスさんを会場に…という贅沢な器使いと空間美もプラスされて、いい夜でした。
まず頂いたのはこちら。黒もちきび…黒いトウモロコシです。野趣あふれるもっちりとした噛みごたえのあるトウモロコシは、普段食べなれた黄色のそれとはまったく異なって、一粒一粒に力があります。これが十勝マッシュルームの濃い味わいとあいまって、おかずにもお酒のつまみにもなりそうな美味しさ。ヴァコンスさんで出された先の細く繊細な箸でつまんでは口に運び…のリズムの心地よさ。これ、大好きです。




14-9-13r.jpg
梅炊き豆飯

ご飯炊き名人の大友さん。このご飯が、どのおかずにも妙にしっくり合うんです。



14-9-13t.jpg
紫と黄の人参マリネ

鮮やかな紫色と黄色。さっぱりとした味わいと歯ごたえ。むふふ。




14-9-13v.jpg
レッドムーンと芽キャベツ、ルバーブソース

大地の恵みとして人間に食される彼らも、こんな取り合わせはきっと想像していなかっただろうな。ルバーブの爽やかな酸味。これまでお菓子の何かでしか食べたことのなかったルバーブですが、これはしっかりとご飯のおかずになりますね。




14-9-13w.jpg
コリンキーと大根のスープ

生食できる南瓜のコリンキー。生食できる…という先入観から、これまで生でしか食べたことがなかったけれど、加熱してもいいんですね(笑)ほっくほくの南瓜とは違って、さすがコリンキー。加熱してもねっとりすることなく、大根と相性の良い軽くてさらりとした食べごたえ。



14-9-13z.jpg
いちじく

これが私の初物・無花果でした。ちょっとした手の掛け方で素材のよさそのままに味わい深さを上手にプラスする大友さん。このいちじくにも、そんな大友さんの丁寧な仕事ぶりが見て取れました。どれもこれも、どこにもない大友ワールド。世界はどんどん広がって、次はどんな一皿を魅せてくれるのかしら?ヴァコンスさんの素敵な器使いも実に心地よく、存分に食事の時間を楽しむことができました。ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

counter*
calendar*
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*