アポロン。

14-10-12a.jpg

母のお誕生日のお祝いに、フレンチのアポロンさんでディナーを頂いてきました。どれもこれも素晴らしく美味しくて、2時間という時間がなんと心地よかったことか。ただ、最初からあまりに美味しかったので、カメラの設定がおかしなことに気づかず、あの感動を写しきれていない…のですが、そこはさっぴいてご覧くださいね。

一つ目のお皿は、あつあつの茸のグラタン。私の語彙力と知識ではとうてい表現できないのだけれど、とにかく美味しいのです。最初からこんなに美味しいと、後はどんなに美味しいんだろうと、期待で胸は膨らみます。




14-10-12b.jpg
本州仔鹿のテリーヌ タルタルソース

この仔鹿のテリーヌには本当に驚かされました。鹿肉がこんなにも美味しいだなんて!蝦夷鹿と本州鹿の違いなども伺いながら、母との話も大いに盛り上がりました。付け合せにはオレンジ風味のラペ、トマト、無花果。トマトは初めて口にした品種でしたけれども、皮が薄くて、とてもフルーティー。



14-10-12c.jpg
バターナッツ南瓜のポタージュ 白トリュフオイル

ポタージュの上にかけられた白トリュフオイルの香りのいいこと!バターナッツ南瓜のこっくりと濃厚なポタージュ。家では決して出せない香りと味わい。




14-10-12d.jpg
スズキのポワレ

スズキの上には坊ちゃん南瓜とヒラタケ。弾力のある肉厚なスズキ。皮目まで美味しく焼かれています。このポワレのソースが最高に美味しかった!




14-10-12f.jpg
フランス産シャロン鴨のロースト

ボリュームある鴨のロースト。柔らかくも味わい深いお肉はもちろんのこと、やはりこちらもソースが素晴らしく美味しい。手間暇惜しまず素材を丁寧に丁寧にいかしながら作られているのがよくわかります。だから、大事に大事に食べたい。でも、美味しいから手も口も止まらない。




14-10-12j.jpg
無花果のデザート

お誕生日ということで、デザートプレートにはメッセージと蝋燭が。
無花果にキャラメルのアイスが合わされているこちら。無花果にナイフが少しの抵抗もなくすーっと入っていって、大人の苦味を感じさせるキャラメルアイスと一緒に食べると至福の極み。

ご夫婦2人で切り盛りなさっているこちらのお店は、美味しいだけでなく、とても気持ちよく食事のできるお店です。そしてなによりも、妥協せずに自分の作りたい料理を追究なさっていらっしゃるんだろうな…というシェフの感じがとても心地よいのです。母もとても喜んでくれて、またぜひ他のお料理も食べてみたいね、とすでに「次」を考えている様子(笑)私は私で、自分にいつご褒美をあげようか思案中。そのためにも、まずは毎日の暮らしを精一杯積み重ねて、ご褒美のその時を満喫できるよう励まなくては。

ママ、誕生日おめでとう。
また来年もお祝いしましょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

counter*
calendar*
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*