食事室 ~薄紅葉色のお菜~

     12-10-21a.jpg
     ドライ柿と芋、ビーツ豆乳クリーム和え

今日は大友みゆきさんの食事室へ。いつも新鮮な驚きばかりを見せてくれる大友さん。今日もその発想力にただただ驚かされるばかり。10月の食事室は秋をイメージして紫と黄色の競演。1品目は、ビーツの鮮烈な紫色に、ノーザンルビーというピンク色のじゃが芋。そして干し柿の黄色が織りなす一皿。すっぱいビーツのソースでじゃが芋の甘さが引き立てられていて、初めに感じた酸味が徐々に甘みと溶け合っていく感じ。貴重な干し柿も、素晴らしく美味しいアクセントに。



     12-10-21b.jpg
     南瓜とメープルシロップスープ

南瓜のポタージュは今までいろいろ食べてきたけれど、味覚の記憶を探ってみてもこれと同じような味わいのものはないかもしれません。メープルシロップを前面に感じることはなく、最後に回しかけたオリーブオイルの青臭さがなんともいえずいい風味に。秋だけれど冷製仕立て。ちょっと男前な、すっきりとした南瓜のスープ。絶品です。



     12-10-21c.jpg
     栗とカレンツ、生揚げ赤ワイン煮

日本生まれの生揚げ。味噌醤油とは仲良しだけれど、よもやワインと出会うとは。私の貧相な語彙力ではなんとも説明しようのないお料理。でも、確実に言えることは、立派なお惣菜として人気者になるんじゃないかってこと。途中で出された次のご飯ものとセットで、しっかり定食屋さんのトレーで仲良く並ぶんじゃないかってこと。あーでも、こんなに洒落た定食屋さんはないでしょうけれど(笑)



12-10-21d.jpg
椎茸マスタードご飯

新米のあきたこまちの炊き加減もばっちりでしたが、粒マスタードで和えてあるなんて。トッピングの椎茸と人参も良質な有機のお野菜とあって、うまみが濃厚。トッピングをいろいろ変えてみながら、ぜひとも家でも楽しみたいって思います。



12-10-21eのコピー
おし麩ケーキ、焼きプルーン添え

最後のデザートはお麩。食べごたえも十分。蜂蜜やプルーンともとってもよく合っていて、乾物のお麩だってことを忘れてしまうくらい。



     12-10-21f.jpg
     菩提樹のお茶

食事のあとのお茶。今日は菩提樹(リンデン)と焙煎茶を合わせたお茶でした。菩提樹…リンデン…で思い浮かべるのは、「菩提樹下と訳する時は、幽静なる境なるべく思はるれど、この大道髪のごときウンテル・デン・リンデンに来て両辺なる石畳の人道を行く隊々の子女を見よ」という森鴎外の『舞姫』の一節。大友さんの作る空間こそがまさに幽静の極み。


12-10-21g.jpg

見せていただいたリンデンの茶殻。茶殻であるにもかかわらず、葉は涼やかで花は可憐で。
今日は11時半からの食事室に参加させていただきましたが、思いがけなく先月ご一緒だった方とまたご一緒できて、たのしく寛いだ時間を過ごすことができました。大友さんのお食事は今回も素晴らしく美味しくて滋味豊か。丁寧に、静かに、穏やかに暮らして、落ち着いた食生活を心掛けたいなって気にさせてくれます。またぜひ、よろしくお願いいたしますね。今日も本当に、美味しかった。

コメントの投稿

非公開コメント

自然なお料理ですね

大友さんのブログにもお邪魔してきました。
セルバでも活動されていた方とは
存じ上げませんでした。
機会があったら
セルバなら近いので参加してみたいなと思いました。

舞姫の一節、
さすがですね、即座にこの部分を
思い浮かべるとは~(^^)

そろそろ我が職場でも
「舞姫」を扱う季節になります。

No title

>雪の月さん

大友さんのお料理は、食材にもとってもこだわられていて、
その食材の組み合わせ方がいつも斬新で驚きの連続なんですよ~。

舞姫、わたしの職場では夏を挟んで扱ったのでもう終わってしまったのですが、
次に扱う時が来たら、
余談の材料になるかな?なんて考えたり。
ついついなんでも結びつけて考えてしまいたくなりますね^^
counter*
calendar*
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*