オオタナナエ台所教室(H26.8.24)

14-8-24k.jpg

今日はナナエ先生の台所教室の日。最近は仕事帰りの平日の夜に行っていたのだけれど、新学期で忙しくなりそうだから日曜日のクラスに。でも夏風邪が思わしくなく、声も出ないので(いつもよりは)おとなしく参加していました。でも、食欲は全然衰えないので、今日もとっても美味しかった!なんてったって、みんな虜になるバインミーの日ですもの。




14-8-24b.jpg
Banh tom chien (海老とさつま芋の揚げ物)

さて、まずは本日のおかずを紹介。細く千切りしたさつま芋に衣をまとわせて揚げたおかず。ちょっと本体から離れちゃった芋は、芋けんぴみたいにぱりぽり食べても美味しい。




14-8-24c.jpg

揚げるときは、親子丼の小鍋をお玉にしたような専用の道具に具材を乗せて揚げていきます。揚げすぎると、口が痛いことになる硬さになっちゃうから要注意(笑)




14-8-24d.jpg
Banh mi ga nuong (鶏のバインミー)

今日は五香粉等で味付けした鶏肉を挟んだバインミー。もちろん、紅白なますもしっかり入っています。どんな具材でも美味しんだけれど、紅白なますは欠かせませんね。




14-8-24e.jpg

今日は残暑厳しい日曜日でした。でも、夏の陽差しもあと少しかな…と思うと、窓の外のきらきらした陽射しがなんだか惜しくも感じたり。




14-8-24f.jpg

でも、そんな感傷にゆっくりひたるわけにはいきません。具材を挟み終えたバインミーに、一刻も早くかぶりつきたいもの!



14-8-24m.jpg

そして、食べ始めるとしばらくは静かになって、そして3口目くらいから「おいしいーー!」と賑やかに。バインミーって、本当に最高!




14-8-24g.jpg

さつま芋の揚げ物は、レタスや大葉なんかでくるりと包んで、タレにつけていただきます。これもおいしーー!




14-8-24h.jpg
Banh beo ngot (甘いバインベオ)

最後のデザートは小皿の蒸し料理。小さきものは、みなつくし。小さな小さな小皿にならんだバインベオ、可愛いなぁ。




14-8-24i.jpg

1人3皿ずつの配分。これまた小さなシェルスプーンですくって、口へ運ぶ。大事に大事に食べるバインベオ。普通サイズ1つより、小さいサイズ3つのほうがなんだか嬉しい。

今日もたいへん美味しかったです。ごちそうさまでした☆

オオタナナエ台所教室(H26.6.18)

14-6-18.jpg
蓮の実のチェー

梅雨のはざまの水曜の夜。金曜日の職員検診前に食べ過ぎてはならないぞ…と自分に言い聞かせながら向かった台所教室。しかし、今日はダブル炭水化物メニュー。言い聞かせはむなしく虚空に消えさって、お腹いっぱい食べすぎた水曜日。



14-6-18a.jpg
Ca ri ga(鶏のカレー)

さて。今日のメインはカレー!でも、ベトナムテイスト満載で、日本のカレーともインドのカレーとも違う新鮮さ。揚げさつま芋がホクホクで、後から来る辛さがじんわりと汗を誘います。



14-6-18k.jpg

カレーにまず合わせたのはブン(米粉の細麺)。茹でて水洗いしたブンにカレーをかけて…意外とあう!あう!ちゅるんとしたブンに、ほんのり甘い揚げさつま芋。ココナッツを効かせたカレー。それにピーナッツ。まだまだ知らない魅惑の組み合わせは、世の中にどれほどあるのだろう。

そしてブンのあとには、もちろんジャスミンライスも待ってます。
やっぱりカレーは、お米で食べたい日本人^^



14-6-18b.jpg
Dau hu chien nuoc man (豆腐のヌクマム和え)

昔から食べなれたお惣菜のように箸がのびる豆腐料理。ご飯との相性は…いわずもがなです。



14-6-18c.jpg

時々、塩レモンで味にアクセントを。



14-6-18e.jpg
Che hat sen (蓮の実のチェー)

「ぬくさ」加減がいいんです。熱くもなく、冷やしてもおらず。出来たらそのまま。ほっくりとした蓮の実と、甘いシロップの競演は、暑いベトナムの気候の元で暮らす人たちの命のうるおいにつながっているんだろうな。あー、おいしい。

今日も本当にご馳走様。台所教室、ばんざーい!

『オオタナナエ台所教室 vol.4 』

13-9-20.jpg
『オオタナナエ台所教室 vol.4 』

大好きなナナエ先生の台所教室。通い始めて4年近く経つでしょうか。
記録用に、ブログ用に…という個人的な思いで切り取った教室での一コマを集めて、ミニ写真本にして…。今回で4冊目となりました。今はちょっとナナエ先生の体調がが思わしくなくって、教室はお休みですが、年内にも再開が期待されます^^
そうなりましたら、また、私の作ったこのミニ冊子もお手にとっていただけるかもしれません。あの時、あーー美味しかったな。そんな思いを、台所教室に参加していらっしゃる多くの皆さんと共有できたら幸いです。

美味しく楽しいベトナムの食卓を提供してくださるナナエ先生に、感謝の気持ちを。
ほんとうに、いつもいつも、ありがとう!!

オオタナナエ台所教室(H25.5)

13-5.jpg
Tau hu kho(豆腐の土鍋煮)

先月の台所教室。
もちろんのなんだけれど、美味しく楽しい夜でした^^
今日も調理中ずっといい香り。お野菜を刻んで香草を刻んで。シーズニングソースで煮込んでいく土鍋煮と、甘辛く煮て照り色も食欲を誘う鶏肉。料理教室だから作ることが肝心なのに、胃袋は正直者だからきゅるきゅる鳴ってました。



13-5a.jpg

今日のご飯はワンプレートご飯。おかず2種類と生野菜とご飯を盛り付けて。たくさん食器を並べて食べるのも楽しいけれど、大きなお皿にいろんな味が盛合されて、ちょっとずつ崩しながら食べていくワンプレートご飯はやっぱり魅力的。女子は好きよね、こういうの^^



13-5b.jpg

Ga Xao gung(鶏肉のしょうが炒め)

豆腐の土鍋煮の具材は盛り付け前に食べやすくカット。この鶏肉でご飯何杯でもおかわりしちゃえそう!そして生野菜やなますを箸休めに。そしてまたおかずでご飯。あーー美味しい!




13-5c.jpg
Che hat luu(ざくろもどきのチェー)

タピオカ粉をベースに、ピンクに着色して小さく切って作ったものが“ざくろもどき”。抹茶の寒天はナミナミ包丁で菱形に切って、グラスに。この後ここにクラッシュアイスとココナツミルクを注げば完成☆




13-5d.jpg

スプーンでチャカチャカかき混ぜていただきます。
砕いた氷とざくろもどきや抹茶寒天の食感が心地よく美味しい。半分くらいなくなったら、また氷を足してもらって、長いこと食べてました。チャカチャカチャカ~。夏に楽しみたいチェーです^^



オオタナナエ台所教室(H25.4.20)

13-4-20k.jpg

毎月、確実に美味しくて予想上回る楽しさのつまった台所教室。今月もやっぱり美味しく楽しい教室でした。ちなみに最近は平日夜に通っていて、昭和な灯りの下での食卓風景ばかりだったので、今日は昼の別クラスにお邪魔して、撮影だけさせてもらいました。



13-4-20b.jpg

でも、昼にお邪魔して大正解!
ベトナム料理はお野菜がたっぷりなんだけれど、今月の麺料理のトッピング野菜は実にカラフルなんですもの。湯気までおいしそうでしょ^^




13-4-20c.jpg

こちらはデザートのチェーの材料。
ナナエ先生のところのお道具は使い込み感がとってもでていて、いちいちかわいい出で立ちなんです。取っ手が取れた小鍋、取っ手がある小鍋よりも存在感が出ている気がしません??



13-4-20d.jpg
Mi Hu tieu xao chey(精進炒め麺)

お野菜がてんこ盛り!麺は2種類の麺が混ざっていて、絶妙な歯ごたえを生み出します。精進炒めだから動物性たんぱく質はゼロ。それでも食べごたえは十二分!口に運び続けたくなる美味しさ^^



13-4-20f.jpg
Ca chien sot me(白身魚のタマリンドソース)

豆の発酵食品のタマリンド。日本の梅のような酸味です。さっぱりとしたタマリンドのソースに揚げた白身魚をからめて。白いご飯にもきっと合うはず!


13-4-20g.jpg

お料理が出そろったら食卓について、いただきます♪。



13-4-20e.jpg

炒め麺、お好みでスイートチリソースをかけてみると…また違った美味しさ!賑やかな屋台で食べるような胸躍るジャンキーな美味しさ(笑)かけるとますます箸が止まらなくなるかも。




13-4-20j.jpg

夢中になって麺を食べていると、「魚も食べてみてくださいね」って、ナナエ先生が取り分けてくれたり^^




13-4-20h.jpg

そして食事も終盤になると、ナナエ先生はチェーの盛り付けに入ります。



13-4-20i.jpg
Che khoai tim(紫芋のチェー)

ほんのり薄紫がきれい。ほんのりぬくいのが美味しい。ほんのり生姜が効いいるのが絶妙!ベトナムのチェーには、いつもその組み合わせに驚かされます。既成概念の外の美味しいスイーツ。今月も美味しかったー。



13-4-20.jpg

撮影させてもらいにいって、大変お邪魔いたしました。おかげさまで昼間ならではの色目の綺麗な感じを撮ることができました。教室から歩いて帰る途中の桜は満開。青空のもとならより一層美しいだろうに、薄曇りな今年の春ゆえにどうしても白っぽく見えて残念だなぁ…と、日本人の例にもれず桜にやきもきする春です。

オオタナナエ台所教室(H25.3.27)

DSC07057.jpg

すっかり夜のレッスン参加が常となり、習いに行くというよりは食事に行くという感が否めませんが…、今月も美味しく食べてまいりました。



13-3-27b.jpg

今日は、手羽先餃子なので骨の抜き方を教わって、中に具を詰めたり。




13-3-27k.jpg

トマトのバラや、きゅうりで葉っぱをこしらえたり。



13-3-27g.jpg

とっても簡単でおいしいクッキーがいつの間にか焼きあがって。



13-3-27c.jpg
Canh ga nhoi thit(手羽先餃子)

オーブンで焼いた手羽先餃子は、外側パリッ!中ジューシー!これは誰もが好きな感じ。旨みがぎゅぎゅっと詰まっていて、誰かビールください!と叫んでしまいたくなるほど。



13-3-27e.jpg
Canh cu sen(蓮根のスープ)

蓮の実がごろごろとたくさん入っていて、蓮根や人参、里芋などと一緒に優しく煮込んだスープ。これをジャスミンライスにかけて、汁かけご飯として食べても最高に美味しかったです^^



13-3-27f.jpg
Banh guy tra lai(ジャスミン茶のごまクッキー)

いつも手順が簡単なベトナムスイーツ。ミルで挽いたジャスミン茶と胡麻がたっぷり入っていて、素朴で美味しいクッキー。ナミナミ包丁で四角にカットすると、それだけで素敵女子が焼いた感じになるね。




13-3-27i.jpg

まだちょっと肌寒い3月下旬。今回の手羽先餃子はものすごい勢いで皆さん復習なさっているみたい。手羽先餃子をたっぷり作って、蓮根のスープもたっぷり作って、穏やかな明かりの下で私も友達と復習ご飯しなくっちゃ。今日もおなかいっぱい!ご馳走さまー。

オオタナナエ台所教室(H25.2.27)

13-2-27h.jpg

いつもお腹を空かせて行く台所教室。ちょうど夜ご飯の時間帯でお仕事帰りの方も多いから、調理の作業はものすごくスピーディー!今日のあっという間に出来上がりました。


13-2-27i.jpg
Sup Mang Cua(蟹とホワイトアスパラのスープ)

いろんな旨みが凝縮しているとろみが嬉しいスープ。きっとご飯にかけても美味しいはず!カニ缶やアスパラ缶ちゃんと準備して、おもてなしに使いたいスープです。



13-2-27m.jpg
Tom xao bong cai(海老とカリフラワーの炒め物)

セロリもたっぷり入った炒め物。ごはんが進む炒め物。彩りがとってもきれいで、外はまだ寒くても、食卓の上がぱっと華やぎます^^



13-2-27p.jpg
Suon Ram Man(スペアリブの甘辛煮)

こんな短時間で、こんなにしっかりと味がしみ込むものなのね!と、驚きながらむしゃぶりつきました。香りも照りも申し分なし!そしてお肉も柔らかで、手が止まりません。今日はレッスンだから1人の本数が決まっていたけれど、家で盛皿で出されたら争奪戦になるね、きっと。



13-2-27j.jpg

今日も思う存分カメラを向けて、いただきますのあとの食事の時間は和気藹々。
食卓を囲むって、本当に幸せで豊かで平和な時間。ご飯が美味しいと、その豊かさはますます大きくなっていく。台所教室に引きつけられてやまないのは、それをこの上なく実感できるからだと思う。



13-2-27k.jpg

遠慮しながらも遠慮なく(笑)どんどん箸が伸びていきます。



13-2-27n.jpg

それにしても…このスペアリブ、どうしてこんなに美味しいの?とりあえずお皿にとったけれど、ご飯の上にどーんと乗っけて、むしゃぶりつきながら白飯をかきこむ。高校生男子もかくや!といった食べっぷり。3杯ぺろりです。



13-2-27o.jpg
Rau cau Tra sen(蓮茶のゼリー)

高校生男子並みの食欲ですが、食事が終わってデザートの時間になればまたすぐ女子の顔。こってりとした甘辛も、このゼリーで清々しく。いろんな味を味わえる人間の味覚って本当に素晴らしい。人間に生まれてきてよかったな。今日も絶品の数々を教えてくれて、ナナエ先生ありがとう。また来月、いまから楽しみでなりません^^

オオタナナエ台所教室(H24.11.21)

12-11-21b.jpg

湯気がなによりのご馳走になる季節になりました。
すっかり平日夜の楽しい食事の一つになっている台所教室。今日はお団子を丸めて蒸したり、鶏ガラでスープをとって熱々の春雨をすすったり…と、冬にぴったりなお料理を楽しく教えていただきました。



12-11-21a.jpg

緑豆と干しエビのあんを中に入れてお団子に。乾燥している時期なので、丸めるときにちょっと苦戦。



12-11-21.jpg

丸めたのはお団子だけではなく、今日はクッキーも!
ファインココナッツがたっぷり入ったサクッほろっなクッキー。素朴で可愛い感じの焼き上がり。



12-11-21d.jpg
Mien ga(鶏はるさめ)

市販のスープ春雨は1くち2くちすするとあっという間に食べ終わっちゃうけれど、今日は主食が春雨なのでてんこもり。食べても食べてもなくなりません。鶏ガラで丁寧にとったスープはやっぱり美味しい。途中でレモンを絞ったり、胡椒をかけたりして、味の変化も楽しめます。



12-11-21e.jpg
Banh it tran(緑豆の蒸しだんご)

蒸し揚げたお団子に、ベトナムの紅白なますをちょこんとのっけて。お正月なんかのハレの食卓にも似合いそうな感じです。


12-11-21c.jpg
Banh dua nuong(ココナッツクッキー)

最後はココナッツクッキー。今日はスープたっぷりの春雨と蒸し団子を食べた後だからおなかいっぱいになるかな?なんていらぬ心配をしてみましたが、やっぱり心配は無用でした。とにかくココナッツがたっぷりだからサクホロ加減がたまらなくいいんです。1人3つの試食ですが、1人10個でもぺろりと平らげていたかも。あぶないあぶない。ここはいつも食べ過ぎてしまうお教室です。

来月はお鍋。湯気立ち上るお教室、待ち遠しいなぁ。

オオタナナエ台所教室(H24.10.18)

12-10-18.jpg

ちょっとお久しぶりです。
秋も深まってきて、食欲、読書、芸術の秋…といきたいところですけれど、受験勉強のシーズンにいよいよ突入し、添削指導の慌ただしさが今年もやってきました。きっと自分が受験生の頃よりも今のほうが勉強しているなって毎年思います(笑)

さて、今日はお待ちかねの台所教室。大好きなバインミー(ベトナムサンドイッチ)の日だから、いつも以上に足取り軽く向かいました。台所教室で習うバインミー、私は3回目。今日は何のバインミーだったかと言いますと…



     12-10-18b.jpg
     Pa te(レバーのパテ)

レバーのパテを挟んだバインミー。レバーのパテも手作りしました。
レバーって苦手な人も多いのかな?焼き鳥、レバニラ炒め、レバ刺…。いろいろレバーのお料理はあるし、独特の風味が苦手という人もいるだろうけれど、このパテはそんな独特の風味が前面に出てこなくって、お肉の旨みだけが美味しく感じられる絶妙な感じに仕上がっています。作り方も予想以上に簡単。バインミーだけじゃなく、パテとチーズとパンとワインでパーティーできるくらいの美味しさ。自分で作って、手土産にするのも素敵。レバーに対する認識が、がらりと変わるレシピです。ナナエ先生、さすがです!



     12-10-18c.jpg

ソフトなフランスパンに切り込みを入れてオーブンで焼いて、いろいろ塗って、パテも塗って、ハム類やなますや香味野菜を挟んで。バインミーはとってもとっても具沢山。




12-10-18d.jpg
Banh mi Pa te(パテを挟んだバインミー)

こんなにボリューミーで食べきれるかな?って心配になるけれど、食べ始めるとそんな心配は全くいらなくなります。それどころか、もっと紅白なますを追加で挟みたくなるほど。パン+レバーのパテ+紅白なます。この図式に驚く人もいるかもしれないけれど、こんなに美味しいサンドイッチはほかにないんじゃないかってくらいに美味しいんです。バインミーって本当に美味しい。とってもとっても大好きです。



12-10-18a.jpg
Trung Xao ca chua(トマトと卵の炒め物)

バインミーを夢中になって食べた後は、トマトと卵の炒め物でちょっと小休止。とろとろ卵とトマトの柔らかさがうまく融合して、口当たりのいいお惣菜。手前のバラはトマトの皮で作った飾り。ディルもあしらって、アジアの雰囲気が高まります。


     12-10-18e.jpg
     Xoi vi(八角のおこわ)

デザートはお米を使った1品。ココナッツミルクで炊いたおこわに緑豆あんを挟んで、ベトナムの木型で抜いてケーキのような仕上がり。バナナの葉を敷いて、炊き上げて役目を終えた八角を飾ればできあがり。甘くて柔らかくて優しい味。なんだか和みます。

今日も美味しかった。パテは絶対に復習しようっと。そして自分のおもてなしメニューにぜひとも入れていきたいな。レバーのパテ、目から鱗の美味しさ。すっかり虜です。

オオタナナエ台所教室(H24.9.26)

     12-9-26i.jpg

今月の台所教室。最近は平日の夜に夜ご飯を食べに行く感覚で向かってます。今月のメイン食材は空芯菜。今年は出回るのが例年に比べて随分と早かったらしく、食材確保が確実にできるかどうかナナエ先生はちょっと心配していたみたい。空芯菜が手に入らなければつるむらさき等でも美味しくできるとのことだけれど、今日は無事に空芯菜がございましたよ。


     
     12-9-26j.jpg

1時間足らずで調理は終了し、食べる時間。まずはジャスミンライスに海老のつみれと瓜のスープをかけて。ジャスミンライスのぱらぱら感が汁かけご飯にこんなにもマッチするなんて。あっさり度が増して何杯でもおかわりできそうな予感。



     12-9-26k.jpg
     Goi rau muong thit bo(空芯菜と牛肉の和え物)

空芯菜の下処理の仕方をきちんとしただけで、均一の歯ごたえ。大葉やミントも入っているけれど、ハーブの爽快感は前面にでてはいなくて、非常になじみ深い味に仕上がっています。海老せんべいとの相性もばっちりでした。



12-9-26l.jpg

食べる時間は7時半を過ぎているので、みんな腹ペコ。空腹に任せて箸をのばし、食べるのとしゃべるのに夢中なひととき。


     12-9-26m.jpg
     Canh bau nau tom vien(海老のつみれと瓜のスープ)

予想どおり、この瓜のスープの汁かけご飯は4杯ほどおかわりしてしまいました。ほかのクラスだと、スープが若干余ったりした…らしいのだけれど、お米もスープも完食です。本当に美味しかったーー!


     12-9-26n.jpg
     Banh Dua Ca Men(ココナッツミルクプリン)

もちろんデザートは別腹。
ナナエ先生曰く、ベトナムにこういうとろりなココナッツプリンがあってほしい~という願望も加わってのレシピだとか。計量してちょっと火にかけて、氷水で冷やしながらかき混ぜて、そして冷蔵庫。ぎりぎりのゼラチンの量が絶妙なとろり感を演出しています。これはぜひとも家でも作ってみたいな。


12-9-26o.jpg

とろり感、伝わるでしょうか?

今日もおなか一杯食べて笑って笑顔で帰ってきた台所教室。少しずつ寒い時期に向かっているけれど、台所教室はいつも賑やかで心温まる場所。帰るときにはもう来月が楽しみでなりません。
今日もお世話になりました。

P.S 「オオタナナエ台所教室vol.3」ようやく編集を完了し発注しました。来月にはお見せできそうです。
counter*
calendar*
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
category*
archive*
comment*
search*
rink*