マフィン。

13-9-25.jpg
マフィン2種

昨日、Mさんから手作りのマフィンを頂きました。
早起きして家事をすっかりこなしてしまう彼女には、朝にマフィンを焼く時間があるのです。同じ人間なにのどうしてそんなことができるの??そういう人とは、産湯から違うんだよな…きっと、、と自分を納得させています。
さて、そんな朝から焼いたマフィンを職場で頂いて、さっそく食べてしまおうかとも思ったのだけれど、家に持ち帰ってきて、今朝写真を撮りました。とっても美味しそうで、撮影後にすぐさま食べたかったのだけれど、朝に余裕のない私はそれもできず、結局また職場に持ってきて朝ごはんと10時のおやつにいただきました。生地はほろほろしすぎずしっとりとしていて、とっても柔らかくって美味しかったです。
秋。Mさんが焼き菓子をやきたくってしかたがなくなるシーズンの到来!私には願ったりかなったりの秋です^^
ごちそうさま☆

ロールケーキ。

13-7-22m.jpg

ロールケーキ巻こうと思うんだけれど、来る?

もちろん、行くーー!

いつもどおり、美しく美味しいロールケーキ。
お菓子作り、「いつもどおり」がいかに難しいか、最近私もわかってきただけに、
ことさら美味しく感じるMさんのお菓子。
いつもご馳走さま。



chiffon cake lesson*

13-7-6a.jpg
スパイス シフォンケーキ

今日はMさんにシフォンケーキを習ってきました。
でも、シフォンケーキって焼きあがったら逆さにして生地が落ち着くのをまたなくちゃない。だからこちらの完成品は、前もってMさんが作っておいてくれた試食用。お子たちが型はずししたくて何度も手が伸ばしただろうに、私が来るまでちゃんと死守しておいてくれました。どうもありがとう^^



13-7-6d.jpg

試食用はスパイス味だけど、何味で作りたい?と聞いてくるMさん。ちなみに一緒に作る小2の長男くんは「ヨーグルト味」だそう。えーじゃ私は何味がいいかな?うーん、じゃ、抹茶で!というと、冷蔵庫から抹茶がすぐさま出てくるあたり、ウチの冷蔵庫と中身が違います。材料はすべて準備されていて、バターもこのように使いやすくカット済。ちなみにこのバターの写真は、3歳児の次男君が撮影です。



13-7-6e.jpg

卵白の中にちょっとでも黄身が入り込まないようにね~と言われている先から黄身をつぶしちゃって台無しにしてしまう私。~しながら型に生地流し込んでね~と言われて、え?今なんておっしゃいました?なんて聞き返しているうちに型から危うく生地がはみ出そうになる私。小2の長男君に「〇〇は〇〇するんだよ。」とさらりと言われながら、なんとか抹茶シフォンはオーブンの中へ。そして焼いている間に試食会です^^



13-7-6.jpg

シナモン、クローブ、カルダモン等々…いろんなスパイスが入っているシフォンケーキ。こういう大人味のふわふわシフォンもいいものですね。シフォンケーキはありふれているようで、なかなかどうして奥が深そう。




13-7-6c.jpg

ちゃっかり夜ご飯もいただいた後は、お口直しに手作りアイスクリーム。これ、お醤油味なんです!濃厚な生クリームとお醤油のコク、ベストマッチ!!ちょっとね、お酒が飲みたくなるアイスクリームでした。

そして今日の抹茶シフォンケーキはといいますと、型はずしとカットまでしてもらって、明日以降受けとることに。ほんとうに何から何まで至れり尽くせり。今度は何を教えてもらおうかなー。エクレアとかもいいなぁ~。ふふ。

チョコレートケーキ。

13-5-25.jpg
チョコレートケーキ

今週は寒暖の差が激しすぎて、私の周りでも体調を崩しがちな人がちらほら。タイツを履いて冬の格好をしたかと思えば、翌日は半袖ワンピース。身体もむくみがとれなくて、今一つすっきりしない。いつもにもましてバタバタしていたら、あっという間に週末が来てしまいました。そんなバタバタな一週間も、Mさんのお宅でのお茶のひとときで大変癒されます。夕食までご馳走になって、ケーキまでご馳走になって、珈琲も淹れてもらって。今日のケーキはチョコレート。簡単な子供のおやつ程度でごめんね~とおっしゃるけれど、生地もクリームも苺も丁寧に手がかけられていて、とっても美味しい。そして人に淹れてもらう珈琲の美味しいこと!そしていつものように台所収納を見せてもらったり、家計簿の話をしたりしていい刺激をいっぱいいただいて帰ってきました。そしてそして、Mさんちから帰ってくると、きまって掃除をしたくなる。美しい部屋は、そこに住まう人の心掛け次第。心掛けの素、どこかに売ってないかなぁ^^ゞ

夜のお茶飲み。

13-4-21n.jpg

なにもないけど、お茶にどうぞ。

土曜日。そうお声掛けいただいて、7時にMさんのところに車でびゅーんと。お子たちと戯れたあと、Mさんに珈琲淹れてもらってお茶飲み。美味しいガラシャの珈琲とともにいただいたのはリンデンバウムのクッキー。この、ブラウニーとクッキーの中間のような食感と濃厚な感じが実に美味しい。なにもない…いえいえ、十分なお茶請けですとも。でもね、そこはMさん。これだけではありませんでした。


バターも卵も使わないお菓子焼いたら食べる?


そういって、キッチンでさささのさーーっとなんだか計量し始めて、手を動かして、いつの間にやらオーブンからいい香りが。



13-4-21m.jpg

素朴な焼き菓子の出来上がり。ちょっと洋酒の入った生クリームを添えてどうぞ~って。


なにもないけど、お茶にどうぞ。


今日もそんなことちっともありませんでした(笑)いつも本当にご馳走さま^^

chou à la crème.

13-4-7a.jpg
chou à la crème

夕方、買い物から帰ってきたら電話が。「シュークリーム焼いたから食べにいらっしゃらない?」と。行きます行きます!とすぐ電話を切ってMさんちへ。行ったらすぐに珈琲とシュークリームが出てきました。cafe以上に素敵で気が利いていてすぐにでてくる手際のよさ。シュークリームの生地と、表面のかりかりの生地と、2種類のクリームと、手間がかかるだろうにーー!いつも美味しくてうっとりです。



13-4-7b.jpg

シュークリームの正しい食べ方って、いつも悩みます。添えられたフォークはどう使うの?そんな感じだから、いつも私は上蓋でクリームすくいながら食べて、そして下も手に取って食べる…という具合。フォークはすっかり添え物のなっています^^ゞ

シュークリームと珈琲を美味しくいただいて、そろそろ帰ろうと思うと、さささーーと「はいお土産分」とケーキの箱。シュークリーム2個、保冷剤も2個。ケーキ屋さん以上の気の利きようです。今日も大変ご馳走さまでした。夜と明日の朝に食べるのが楽しみです。

Scone lesson*

122-11-10m.jpg

さて、今日はMさんちでお菓子教室ごっこしようってことになって伺ったのですが、ごっこじゃなくて、本格的でした(笑)本格的その①は、人数分のお道具が準備されていたこと。うちなんてゴムべら1本すらないのに~!さすがです。


12-11-10p.jpg
本格的その②は、この鉛筆持っているMちゃん。エプロン持参!(笑)


12-11-10q.jpg

計量して、粉ふるって、フードプロセッサーで作る生地と、手でバターと粉をすり合わせる生地と作り分けて、あれよあれよという間にもう型抜き~。Mさんのものすごく手早い手順と、私たち3人の弟子の従順さがあいまって、本当にあっという間でした。半分は自宅で焼く用にラップして、あとの半分を焼いて試食。こういうところも本格的っぽかったね。


12-11-10r.jpg

Mさんとこのお子2人もいるし、土曜の夜ということもあって、食事は外から買ってきたものを。でも、この真ん中のお惣菜バスケットすごく華やかでしょ~。Mちゃんが、40計画さんのところに頼んで作ってもらってきてくれたもの。和風ミートローフ、野菜マリネ、きのこと蓮根がたっぷり入ったマッシュポテトが詰め合わせてありました。



12-11-10s_20121111223610.jpg

スコーンに合わせるクリームやジャム。贅沢にもデボンクリームを3種類準備しました。プレーンとレモンとブランデー。それにアンソレイユさんのイチゴジャムなど。幸せ♪



12-11-10t.jpg

焼き上がったスコーンは、サクほろっとしながらもしっとり感もあり。美味しいねを連発しながら食べたのでありました^^
そして食べながらおしゃべり。おしゃべりしながらお茶飲み。次またやろうね、やりたいね。とってもとっても楽しかったです。Mさん、いろいろご準備ありがとうございました。Mちゃん、Yちゃんもありがとー!

レシピカード。

12-11-10n.jpg

今日は夕方からMさんのお宅でスコーンの作り方を教わってきました。Mさんの広くて素敵なキッチン、いつかお仲間とお菓子教室やれたらいいねって話していて、今日はそれがカタチに。私はアシスタントとしてMさんのレシピをカードにしました。それだけでも楽しい作業だったけれど、今日はスコーンも実際に教わりました。和気藹々とMさんを先生に、弟子が3人。楽しい時間の詳細はまた明日にでも。持ち帰りの生地もあるので、明日ははりきって焼かねばなりません。明日は来客の予定もあるので、大きな顔でスコーンをお出ししようっと^^

Mさんのおもてなし。

     12-10-6m.jpg
     紫蘇ジュース

明日は遊牧カフェ。講師は圭子さん。友達の輪というのはおもしろいようにつながっていて、圭子さんはナナエ先生のお友達でもあるけれど、Mさんやycaちゃんともお友達。今回の私の最大の任務は「圭子さんをお泊めする」だったので、夕方圭子さんとycaちゃんと夜ご飯を食べて、食後のおもてなしはMさんのところへ。普通だったら私がおもてなしするのが筋なんだろうけれど、とびきりのお茶の時間を楽しむならMさんのところに勝るところはナシ!と思って(笑)そうしたら、やっぱり素晴らしデザートでもてなされました。昼間はお子の運動会だったのに、そんな慌ただしさは微塵もなく。ウェルカムドリンクは紫蘇ジュース。



     122-10-6n.jpg

おしぼりもね、さりげなくいちいち可愛い。




     12-10-6o.jpg
     タルトタタンのアイス添え

7時にお邪魔して、何からともなくおしゃべりして、紫蘇ジュースをいただいた後には珈琲とケーキが。パイ生地から手作りというタルトタタン。まだ紅玉が手に入らず云々…とおっしゃっていたけれど、素晴らしく美味しい。ほんのり温かなタルトタタンに冷たいアイス。たまりません。

Mさんのところは広いカウンターキッチンになっていて、私たちがダイニングテーブルでおしゃべりしている間に、さささーとごく自然に使い終わったものを片づけているMさん。まるでデモンストレーション用のキッチンみたい(いやそれ以上)に洗練されていて、いつも美しい状態がキープ。何かが使いっぱなし、出っ放しなんてことはない。今日も、次の紅茶やハーブティーの準備でもしてるのかな?と思ってふと見ると、なんとロールケーキを静かに巻いてました。


     12-10-6p.jpg
     美しいロールケーキ

お土産にする?食べていく?というから、もちろん食べていきます!と声をそろえる私たち。もうね、巻く手つきまで美しかったの。優雅な手からは優雅なものが当たり前に生み出されて、言葉もありません。



     12-10-6q.jpg
     断面までも美しいロールケーキ

断面まで美しいでしょ。毎回その仕上げの美しさに感動するんだけれど、今日もひとしきり感動してからいただきました。生地もクリームも上質でしっとりと美味しいロールケーキ。Mさんの作るデザートはどれも美味しくて大好きだけれど、ロールケーキは特に美味しいんです。4人でおしゃべりして、素晴らしいデザート食べて、とってもいい時間でした。
Mさん、本当にありがとうね。

夜のおしゃべり。

     12-9-29m.jpg

早い夕ご飯の後、あずきをトリミングに出して、Mさんちにお茶飲みにでかけました。お子2人と遊んではしゃいで、Mさんのお茶請けでお茶の時間。至れり尽くせりで、いつもありがとう。


     12-9-29n.jpg

お茶請けはキャラメルソテーした林檎とアイスクリーム。熱々の林檎にアイスって美味しいね。ロールケーキは昼間S-PALで買い物をしたレシートで交換したキハチのロールケーキを手土産に。最近にわかに健康が気になり始めたので、半分にカットしてがちょうどいいんです。



     12-9-29p.jpg

紅茶を飲み終えると、「梅ジュースと紫蘇ジュースどっちがいい?」って聞かれたから梅を注文。Mさんお手製の年代物の梅シロップ。紫蘇は今度また飲ませてね。


12-9-29o.jpg

最後は…小1のM君が私のためにわざわざ焼いててくれた目玉焼き。外側かりっ、黄身は半熟とろっ。オクラも添えてあります。これがまた美味しくって。嬉しくって。幾つまで私のことを大事にしてくれるかなー。大事に大事に目玉焼きを食べていると、Mさんがささっとおにぎり作ってくれて。このおにぎりもまた、優しく結んであって美味しく嬉しゅうございました。

そしてあっという間にあずきをお願いしているお店の閉店時間がやってきたので、おいとま。どれだけしゃべってもしゃべりたりない。いつも同じようなことしゃべっているんだけれど(笑)
counter*
calendar*
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
category*
archive*
comment*
search*
rink*